きつね坂のたこ焼き屋 @京都・宝ヶ池が2019年1月で閉店

京都・宝ヶ池で48年間営業されてきた「きつね坂のたこ焼き屋」さんが2019年1月で中旬頃になると思われますが閉業(閉店)すると告知されています。他にお店がない場所で営業されており、そこで「ねぎ、キャベツ、紅生姜、天かす」が入った昔ながらの京風たこ焼きを販売しています。

2018年12月31日は休業ですが、2019年1月1は営業されるそうです。

※こちらのテナントには新しいたこ焼き屋さんが開業しています。

創業48年のたこ焼き店「きつね坂のたこ焼き屋」が閉店


京都の宝ヶ池にある孤高のたこ焼き店「きつね坂のたこ焼き屋(通称)」

京都の宝ヶ池にある孤高のたこ焼き店「きつね坂のたこ焼き屋(通称)」

京都の宝ヶ池にある孤高のたこ焼き店「きつね坂のたこ焼き屋(通称)」が2019年1月で閉店すると告知されています。

創業は1970年2月4日で、48年間もの長いあいだココでたこ焼きを販売してきました。

しかし、店主さんの高齢化もありますが、材料高騰などもあって材料がなくなり次第閉店するそうです。

きつね坂のたこ焼き とは


これが「きつね坂のたこ焼き」かなり美味しいです

これが「きつね坂のたこ焼き」かなり美味しいです

たこ焼きは「京風たこ焼き」で1皿12個入りで値段は400円

具材は「タコねぎキャベツ紅生姜天かす」で、青のりがかかっています。ソースはすっぱ辛いもので、ものすごく美味しいです。

たっぷりと具材をたこ焼き器で焼いてから生地を流し込むので「具材たっぷり」のたこ焼きです。

タコ
ネギ
キャベツ
紅生姜
天かす

きつね坂のたこ焼き屋 閉店は青のりの在庫がなくなり次第


営業時間は夕方からですが、原則として「年中無休」で営業

営業時間は夕方からですが、原則として「年中無休」で営業

営業時間は夕方からですが、原則として「年中無休」で営業されています。

2018年12月31日は休業、2019年1月1日は開店予定です。

閉店日(閉業日)については厳密ではないようですが「青のりがなくなり次第閉店」とおっしゃっていました(在庫状況で2019年1月中旬まで予定)。

使っている国産青のりがもう手に入らないそうで、中国産のものは使いたくないということもおっしゃっていました。

View this post on Instagram

【拡散希望】 宝ヶ池球技場の西側にある「きつね坂のタコ焼屋さん」が、来月47周年を迎えるということを店主のおばちゃんから聞き私は感動しています。1970年2月4日が創業記念日なのだそうです。 当時、私はこの屋台のすぐ近所に住んでおり、おばちゃんが赤ちゃんをおんぶしながら鉄板に向かわれていたことをよく覚えています。ひと回り離れた弟の生れた年で、私が下鴨中学でサッカーに熱中し始めたのもこの頃です。 赤ちゃんだったその娘さんには、もうおマゴさんもいらっしゃるそうで「ひ孫もできたので、そろそろやめるかもしれへん」とおばちゃんは最近よく口にされるそうです。創業47年もお祝いしたいし、一日でも長く営業を続けてほしいと願う私は、ファンのひとりとして何かできないかを考えているのですが、何の名案も浮かびません。 「以前ほどお客さんは来なくなった」と嘆かれているとも聞くので、どうかこの屋台を訪ねてタコ焼を買ってください。そして「おばちゃん、47周年おめでとう」や「身体に気をつけてこれからも営業を続けてね」など祝福や激励をお願いいたします。そして、SNSでの拡散と宣伝もよろしくお願いいたします。 ◆営業時間:15時から19時くらい。 ◆12個入り400円(安い!) ◆年中無休(すごい!) #きつね坂のたこ焼き#京都のたこやき

孫 恵文さん(@ichinan17)がシェアした投稿 –

きつね坂のたこ焼き屋 営業時間について


宝ヶ池のスポーツ公園すぐ隣りのたこ焼き店です

宝ヶ池のスポーツ公園すぐ隣りのたこ焼き店です

この「きつね坂のたこ焼き屋」さんの場所ですが、宝ヶ池のスポーツ公園の近くです。

北山通から宝ヶ池へ向かう「宝ヶ池通」の途中にあり、よく通る道ではあるものの車で峠を越える方がほとんどでしょう。

開店が遅いこともあって食べたのは2回だけですが、他にお店もない所でポツンと営業されている姿は記憶に残るお店でした。

京都府京都市左京区松ケ崎西山
営業時間:15時~19時
定休日:年中無休

きつね坂のたこ焼き屋 このお店の口コミは?


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。