焼きカレーパン伸(木津川市城山台)2020年11月22日開業

京都府木津川市、城山台に焼きカレーパン専門店「焼きカレーパン伸(しん)」が2020年11月22日に新店オープンしています。油で揚げない珍しい白いカレーパンのお店です。

2020年11月22日オープン 焼きカレーパン伸


2020年11月22日オープン 焼きカレーパン伸

2020年11月22日オープン 焼きカレーパン伸

京都府木津川市、新興住宅街の城山台で「焼きカレーパン伸」が2020年11月22日に新店オープンしています。

油で揚げない白い焼きカレーパンの専門店で素材にもこだわった身体に優しいパンのお店です。

パン生地は「北海道産小麦」を使用、発酵には「白神こだま酵母」を用いています。

白いカレーパンのお店です

白いカレーパンのお店です

カレーパンの辛さは中辛・甘辛の2種類あり、チョコにカレーを混ぜた「チョコもっちー」という珍しいパンもありました。

今回はこの「焼きカレーパン伸」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

このお店のメニューは?


カレーパンは中辛・甘口でそれぞれ3種類

カレーパンは中辛・甘口でそれぞれ3種類

カレーパンは中辛・甘口でそれぞれ3種類のパンがありました。

中辛は「伸・焼カレーパン野沢菜入カレーおかきチーズキーマカレーパン」で、甘口は「甘口焼カレーパンチョコもっちーコーン入りカレーおかき」です。

メニュー表

メニュー表

いずれも「白いカレーパン」で挙げていない焼カレーパンです。

生地には「全粒粉入北海道産小麦、白神こだま酵母、てんさい糖、鳴門の海塩」を使っています。

伸・焼カレーパン(240円)
野沢菜入カレーおかき(220円)
チーズキーマカレーパン(220円)
甘口焼カレーパン(180円)
チョコもっちー(230円)
コーン入りカレーおかき(220円)

実食レビュー


伸・焼カレーパン(240円)

伸・焼カレーパン(240円)

こちらがメインの中辛「伸・焼カレーパン(240円)」です。

弾力のある生地にパン粉がついた状態で焼き上げており、表面は少しサクッと感があります。

カレーはスパイシーですが辛いよりも身体が温かくなる辛さです。

中のカレーはなかなかの美味しさです。

コーン入りカレーおかき(220円)

コーン入りカレーおかき(220円)

こちらは甘口の「コーン入りカレーおかき(220円)」です。

コーンの甘さにスパイスを抑えたカレー、お焼き風の薄いパンです。

生地はさきほどと同じもの、モッチリとはしていなくて、パッサリとしていました。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


焼きカレーパン伸(店舗外観写真)

焼きカレーパン伸(店舗外観写真)

場所は城山台の住宅街ですが東端の大仏鐡道公園の近くです。

PLANTの南側の道を東へ、大仏鐡道公園の手前で南(右折)したらお店がありますが反対車線になります。城山台に入るところにあるドラッグコスモスから道なりに城山台に入った方が楽だと思います。

住所でいえば「〒619-0218 京都府木津川市城山台6丁目5−3」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場はありませんが駐輪場はあります。

ジャンル「焼カレーパン」
食事予算「180円~」
営業時間「11時~16時」
定休日「火曜日・金曜日・土曜日・毎月3日」
駐車場・駐輪場「駐輪場あり」
住所「〒619-0218 京都府木津川市城山台6丁目5−3」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応」
コロナ対策「手指消毒・マスク」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!