廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店 閉店@京都『マツコの知らない世界』で紹介 実食レビュー

マツコの知らない世界』1月10日放送で本当に美味い回転寿司の世界が放送されるのですが、その中で「京都のご当地回転寿司」というのが紹介されます。たぶん「廻転寿司CHOJIRO」という「にぎり長次郎」の系列店舗のことだと思われますが、今回その「廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店」まで実際に食べに行ったので実食レビューします。

場所は京都・四条河原町の高瀬川のところにあるお店です。

追記:テレビで紹介された京野菜寿司はありませんでした。

最新情報:こちらの店舗は2020年9月4日で閉店しました。

廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店 @京都『マツコの知らない世界』で紹介


廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店

廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店

回転寿司チェーンの「にぎり長次郎」は関西圏(京都・大阪)をメインに都市圏で店舗展開していますが、英語名「CHOJIRO」として展開しているお店もあって、そのフラッグシップ店ともいえる「廻転寿司CHOJIRO」が、1月10日放送『マツコの知らない世界』で紹介されるようです。

漢字の店名「長次郎」を英語にした店舗「CHOJIRO」は全国に3店舗あり、京都の中心部で観光の拠点ともいえる四条にお店があります。

廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店(京都)
廻転寿司CHOJIRO 上本町YUFURA店(大阪)
廻転寿司CHOJIRO 二子玉川店(東京)

京都・木屋町の高瀬川

京都・木屋町の高瀬川

英語名であることから外国人観光客をターゲットにしていると思われますが、京都店も外国人観光客が多い木屋町の高瀬川沿いにお店があります。

今回はその京都にある「廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店」に食べに行ってきましたので実食レビューしたいと思います。

お店は四条通と高瀬川の角にあります

お店は四条通と高瀬川の角にあります

店舗は地下一階にあります

店舗は地下一階にあります

ということで、さっそく入ってみましょう!

廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店 実食レビュー


カウンターで食べました。注文はタブレットでも口頭でも目の前で廻っているお寿司を取るのでも大丈夫です

カウンターで食べました。注文はタブレットでも口頭でも目の前で廻っているお寿司を取るのでも大丈夫です

お昼の時間帯はランチセットがあってお気軽に食事をすることも可能ですが、今回は個別に注文する方法にしました。

店内は地下一階にあり、カウンター(10席)がメインでテーブル席(28席)もあるバーのような洒落たお店になっていました。

とはいえ、回転寿司なのでカウンター前では寿司が廻っているというお店です。

注文は多言語型で、日本語・ENGLISH・中文簡体字・ハングル・スペイン語です

注文は多言語型で、日本語・ENGLISH・中文簡体字・ハングル・スペイン語です

個別注文の場合は、タブレットをもってきてくれるので、それでネタと値段を参照することが可能です。

「くら寿司」だと首が痛くなる高い位置に発注用タブレットがありますが、「廻転寿司CHOJIRO」ではタブレットが添え置きなので見やすい位置に置いてもらえるのが良い点かなと思います。

メニューはかなり多く、お寿司以外の一品やサイドメニューも豊富にあります

メニューはかなり多く、お寿司以外の一品やサイドメニューも豊富にあります

メニュー数はお寿司だけでも一般の回転寿司の3倍はあるかというメニュー量でした。

とはいえ、珍しいネタではなく一般的に親しみのあるネタが多くあります。

本まぐろ赤身 360円

本まぐろ赤身 360円

本まぐろ赤身 360円」です。

見た目がもう「本まぐろ」で、こういった赤身の色合いに弾力のある身は「くら寿司」では見られないネタです。

価格は安いところの2倍~3倍以上ですが、ネタ自体は新鮮で良いものを使っているのが見てわかります。

また、きちんと握ったお寿司で機械式ではないというのも、長次郎系の特徴と言えます。

寒ぶり 360円

寒ぶり 360円

柚と大根おろしがのった「寒ブリ 360円」です。

先ほどのマグロ赤身もそうですが、新鮮で良いものなので歯ごたえもやわらかく食べやすいネタになっています。

ネタも大きめなのが良いですね。

めばちまぐろ 260円

めばちまぐろ 260円

関東で好まれる「めばちまぐろ 260円」です。

関西で好まれる「きはだまぐろ」はありませんでしたが「めばちまぐろ」はなんかひさしぶりに見た気がするので食べてみました。

赤身らしい舌の横からコクが感じられるネタでした。

オニオンサーモン 260円

オニオンサーモン 260円

大好物の「オニオンサーモン 260円」です。

玉ねぎにマヨネーズで食べるサーモンで、健康のことを考えてよく食べるネタです。

サーモンはさほど脂のりのあるものではありませんでしたが「とろサーモン 320円」もメニューにありましたので、そちらが濃厚なサーモンでしょう。

店長のおすすめというカテゴリー

店長のおすすめというカテゴリー

ちゃんとした割烹が出しそうな小皿も豊富です

ちゃんとした割烹が出しそうな小皿も豊富です

他の「くら寿司・スシロー」などとはコンセプトが異なっており、普通の寿司屋に近い回転寿司なのが「にぎり長次郎」というお店です。

そのため、小皿なども簡単なものではなくちゃんと調理して盛り付けたものばかり取り揃えているのが特徴的でした。

おまかせ握りもあります

おまかせ握りもあります

飲みながらお造りを食べるという普通のお寿司屋さん的なメニュー

飲みながらお造りを食べるという普通のお寿司屋さん的なメニュー

通常イメージする回転寿司ではなく、普通のお寿司屋さんが洒落た感じになったお店という方がわかりやすいかもしれません。

目の前で廻っているお寿司は常に新鮮なものばかりなので、注文しないで目の前から取っても握りたてというのも良いところでした。

その分、価格はお寿司屋さん並みではありましたが。

あなご 一本にぎり 480円

あなご 一本にぎり 480円

廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店 基本情報


廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店 基本情報

廻転寿司CHOJIRO 四条木屋町店 基本情報

価格はお寿司屋並みと書きましたが、ランチは800円~2180円と多彩なメニュー構成なので、1000円以内で食べることも可能です。

単品だと最低価格が一皿180円で、平均360円ほどしますので5皿食べると2000円近くになってきます。

セットメニューなら800円からあります

セットメニューなら800円からあります

おいしいお寿司を雰囲気の良い場所で食べたいという方に向いているお店ですが、ランチセットなんかなら気軽に雰囲気を味わえると思います。

ただ関西圏に多い「にぎり長次郎」と価格は一緒です。

四条木屋町までわざわざ行く必要はなく、関西の方なら近場の「にぎり長次郎」に行っても変わらないと思いました。

京都府京都市下京区橋本町103−2
営業時間:11:30~15時、17時~23:30(土日祝は通し営業)
定休日:無休
カード:可(JCB/AMEX/Diners/VISA/Master)
URL:http://www.chojiro-kyoto.com/shop/

マツコの知らない世界 1/10 予告


マツコの知らない世界 1/10 予告は以下の通りです。

他にも「回転寿司たいせい金沢まいもん寿司天下寿司」さんが紹介されるようです。(番組で紹介されるお店のまとめはこちらです

CD総売上1億7千万枚以上 小室哲哉×マツコが初共演!安室・華原・globe…小室ファミリーヒットの秘密初告白▼本当にうまい回転寿司の世界!マツコ爆爆食い!
CD総売上1億7千万枚以上 小室哲哉×マツコが初共演!安室・華原・globe・篠原涼子…小室ファミリーヒットの秘密初告白!安室が売れた理由??にこだわった!globeが売れた理由はKEIKOの○○!奥深すぎる音楽プロデュースの世界にマツコも興味津々▼全国300店舗を回った女性厳選!本当に美味い回転寿司の世界!大トロが125円、本当にお得な山盛り軍艦!京都のご当地回転寿司!マツコ爆爆食い、皿山積み!


マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。