2020年2月26日オープン 花車(うどん、長岡京)

長岡天神駅すぐ近くに新しいウドン屋さんが新店オープンです。お店の名前は「花車」さん。元は長岡京駅の近くにあったのですが、立ち退きで移転となっています。新店舗はかなりカジュアルになっていて、以前の雰囲気とは一変していました。

2020年2月26日オープン 花車(うどん、長岡京)


2020年2月26日オープン 花車(うどん、長岡京)

2020年2月26日オープン 花車(うどん、長岡京)

2020年2月26日、京都の長岡京にあるセブン通りで「花車」さんが新店オープンしています。

正確には移転で、JR長岡京駅の近くにあった「花車」さんが、阪急京都線「長岡天神駅」の方へ引っ越したという流れです。

お店はアゼリア通りからセブン通りを北へすぐのところで、2020年3月6日オープンに新店オープンする「THE BAKING produced by Unir」さんと同じ建物の中にあります。

このお店の雰囲気は?


ひとり鍋「うどんすき」ができます

ひとり鍋「うどんすき」ができます

以前の店舗は老舗感もあったのですが、移転先ではもっとカジュアルな雰囲気になり、カウンターでひとり鍋ができるようになっています。

上の写真のカウンターにあるのが「うどんすき」用の鍋です。

白菜やしめじ、鶏肉やうどんを鍋で食べるのが「うどんすき」で、うどん好きにはたまらない一品ですね。

今回はこの名物「うどんすき」を食べてみたいと思います(うどん好きです)。

このお店のメニューは?


今回は「うどんすき」を食べてみました

今回は「うどんすき」を食べてみました

ということで、こちらが「うどんすき」です。

ライスに漬物、薬味、うどんのセットで値段は一人前1000円です。

白菜たっぷりの鍋です

白菜たっぷりの鍋です

白菜たっぷりの鍋で、他にも「にんじんしめじかまぼこねぎ鶏肉豆腐うどん」が具材になっています。

出汁はカツオと昆布、旨味が出ていてカツオの風味が良い出汁です。

味付けはアッサリ京風で、出汁を味わうタイプになっています。

ドサッと鍋に入れて煮て食べるだけ

ドサッと鍋に入れて煮て食べるだけ

うどんすきなので、具材を鍋にいれてひと煮たちさせていだたきます。

野菜・肉・豆腐の順に投入、うどんは後入れ、うどんは長いので箸で切れるくらいに煮てから食べるのも良いさそうです。

1000円でひとり鍋できるお店で重宝しますが、営業は昼だけみたいでした。

うどんすき 1000円
豚しゃぶしゃぶ 1650円~
すきやき 1700円
天ぷら定食 1400円
五目うどん 800円(春夏のみ)
京風あんけけ 1000円(秋冬のみ)

このお店への行き方や営業時間は?


場所は長岡天神駅が最寄でアゼリア通りからセブン通りを北へすぐのところ

場所は長岡天神駅が最寄でアゼリア通りからセブン通りを北へすぐのところ

では「花車」さんの新店舗はどこにあるのでしょうか?

前述のように、最寄り駅は「長岡天神駅」です。

駅前の通り(アゼリア通り)を西へ、セブン通りというのがあるので北へ歩いて徒歩1分くらいのところにお店があります。

営業時間はランチのみ「11時~15時」となっていました。

〒617-0823 京都府長岡京市長岡1丁目2−2
営業時間:11時~15時
定休日:
公式Instagram:https://www.instagram.com/baking_unir/
Twitter:https://twitter.com/Unir_coffee


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。