極楽チーズケーキ 休業 @京都「金曜だけ開店 ガトー・ド・ミエル」実食レビュー

京都の有名スイーツ店「ガトー・ド・ミエル」さんが当面休業とのことです。地元のグルメさんならご存知だと思いますが、名物の「極楽チーズケーキ」で知られています。また「金曜だけしか営業していないお店」としても知られています。最終営業日は2018年3月9日まで、盆休み頃までの長期休業となります。

では、金曜日にしか営業しない名物チーズケーキがある「ガトー・ド・ミエル」さんとはどのようなスイーツ店なのでしょうか。

広告

京都の有名スイーツ店「ガトー・ド・ミエル」が当面休業へ


有名スイーツ店「ガトー・ド・ミエル」が当面休業

有名スイーツ店「ガトー・ド・ミエル」が当面休業

今回の「京都案内」は、京都市上京区にある「金曜日にしか営業しないスイーツ店」を紹介するのですが、こちら超有名店で今更紹介することなんてないお店です。

しかし、このお店・・・・

実は・・・・休業されるのです。

地元のグルメ家なら知っている「ガトー・ド・ミエル」

地元のグルメ家なら知っている「ガトー・ド・ミエル」

お店の名前は「ガトー・ド・ミエル」で、名物の「極楽チーズケーキ」がよく知られています。

でも、娘さんが出産で長期休業になるということで、今のところ最終営業日は2018年3月9日までとなっています。

復帰は「盆休み明けくらい」とされていました。

極楽チーズケーキ 実食レビュー


ケーキは「タルト)中心でシッカリした歯ごたえのもの

ケーキは「タルト)中心でシッカリした歯ごたえのもの

ガトー・ド・ミエル」さんで作られているケーキは「タルト」で、木の実や季節のフルーツを使ったものが370円程度から販売されています。

歯ごたえシッカリ系なものが多いですが、その中でも一番有名なのが「チーズケーキ」です。

チーズケーキもシッカリとした「NYチーズケーキ」になっており、ピースではなくブロックタイプで販売されていました。

チーズの風味を活かした名物の「極楽チーズケーキ」

チーズの風味を活かした名物の「極楽チーズケーキ」

名物の「極楽チーズケーキ」は1個280円と、結構なお値段なのですが(サイズ的に)チーズ本来の味わいを活かしたものになっていて、甘さや酸味は控えつつ、チーズのおいしい味わいだけが味わえる「なかなか美味なチーズケーキ」です。

食べている途中で嫌になることは「食べ続けてもありえない」くらい、チーズケーキのクドさは排除されていました。

タルトも香ばしい固いタイプで、チーズ部分もシッカリとした歯ごたえなのですが、ふんわりと口の中でとろけていきました。

このサイズで280円はと思いそうですが、食べたら「これでも買うよな」と絶対に思うはずです。

名物の「極楽チーズケーキ」激ウマでした

名物の「極楽チーズケーキ」激ウマでした

ガトー・ド・ミエル への行き方(アクセス方法)


ガトー・ド・ミエル ちょっと見つけづらい場所にあります

ガトー・ド・ミエル ちょっと見つけづらい場所にあります

ということで、極楽チーズケーキの「ガトー・ド・ミエル」さんですが、最終営業日は2018年3月9日までです。

再開は盆休み頃とのことですが、まだハッキリとは決まっていないようでした。

なお、時期をみて「上賀茂手づくり市」に出店していた屋台は再開するとのことで、もしかしたら「上賀茂手づくり市」では食べることができるかもしれません。

「ガトー・ド・ミエル」さんへの行き方ですが、堀川寺之内の交差点を東へ(一方通行)入るしかないのですが、車は道が狭いので駐車などは一切できません。

地下鉄「今出川駅」からなら「今出川通」を新町へ上がって「古木町」で公園を左折して行く方法も分かりやすいかと思います。

京都府京都市上京区妙顕寺前町499
営業時間:10:30~12時
定休日:金曜日のみ営業


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。