天使突抜 @京都市下京区「珍地名 てんしつきぬけ」を一丁目から四丁目まで全部紹介します!

京都市下京区にある珍地名「天使突抜(てんしつきぬけ)」が2019年9月5日放送『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介されるようです。名前からして「エンジェルが爆走」しているイメージがありますが、静かな京都の町中にある地名です。

広告

天使突抜(てんしつきぬけ)が『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介


京都市下京区天使突抜が『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介

京都市下京区天使突抜が『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介

2019年9月5日放送『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で、京都市下京区にある

天使突抜(てんしつきぬけ)

が紹介されるそうです。

この地名、京都でも屈指の珍地名と言われており、地名を聞くと「エンジェルが爆走」しているイメージしかないところですが、名前からはイメージできないほど静かな町です。

天使突抜は「1丁目~4丁目」まであります

天使突抜は「1丁目~4丁目」まであります

天使突抜は「1丁目~4丁目」まであり、一本の道で南北でつながっています。

今回は、この天使突抜を最初から最後まで全部紹介したいと思います。

広告

天使突抜一丁目の風景


これが「天使突抜一丁目」の風景です

これが「天使突抜一丁目」の風景です

ということで、これが「天使突抜一丁目」の風景です。

特に何があるというわけでもなく、京都でよく見る住宅が並ぶ道です。

あるのは住宅とコインパーキングくらいです(天使突抜一丁目)

あるのは住宅とコインパーキングくらいです(天使突抜一丁目)

あるのは住宅とコインパーキングくらい。

道は細いのですが、なぜかコインパーキングがかなりあります。

裁縫教授 新生裁縫塾 というのがあります

裁縫教授 新生裁縫塾 というのがあります

途中には「裁縫教授 新生裁縫塾」という看板が。

これは裁縫教室のようです。

マンションのゴミ捨て場にも地名が書かれていました

マンションのゴミ捨て場にも地名が書かれていました

マンションのゴミ捨て場にも地名が書かれていました。

地名なので当然なのですが、京都以外の方から見れば違和感たっぷりの風景だと思います。

天使突抜一丁目が終わり、二丁目へ向かいます

天使突抜一丁目が終わり、二丁目へ向かいます

天使突抜二丁目の風景


天使突抜二丁目の最初にあるのが「池内畳店」さん

天使突抜二丁目の最初にあるのが「池内畳店」さん

天使突抜二丁目に入ると最初にあるのが「池内畳店」さんです。

京都の古い商屋という佇まいで雰囲気があります。

山本酒店さんがあるくらいです(天使突抜二丁目)

山本酒店さんがあるくらいです(天使突抜二丁目)

途中には山本酒店さんがあるくらいです。

他は住宅、あってもゲストハウスが一軒あるくらいでした。

東中筋五条上る 天使突抜二丁目

東中筋五条上る 天使突抜二丁目

ここら辺りは「東中筋五条上る 天使突抜二丁目」と呼ばれているようです。

この通りは「東中筋」と呼ばれているみたいですね。

途中にはいくつもの「路地(ろおじ)」があります

途中にはいくつもの「路地(ろおじ)」があります

途中にはいくつもの「路地(ろおじ)」があります。

京都は四角く区画されたところに住宅が並ぶのですが、中央部分は道に面していないので、こういった「路地(行き止まりの道)」がたくさんあって、区画の中の家へ行けるようになっているのが特徴です。

京都は通りを挟んでお向かい同士が同じ町(丁)という作りなので、路地の奥は別の町だったりしますが、下の地図を見ると同じ区画でも町名が違うところだらけというのが分かるでしょう。

唐松 京都・天使突抜店というのがありました

唐松 京都・天使突抜店というのがありました

天使突抜二丁目の南側に「唐松 京都・天使突抜店」というの店がありました。

これ、実は超マニアックな鉄道専門店です。

月3日くらいしか営業されていないようですが、公式サイトもあります。

天使突抜三丁目の風景


五条通(国道1号)を渡って天使突抜三丁目へ入ります

五条通(国道1号)を渡って天使突抜三丁目へ入ります

さて、国道1号(五条通)を渡ると「天使突抜三丁目」になります。

ここから先は少しお店が増えてきます。

この界隈は「東中筋揚梅下ル天使突抜三丁目」と言うようです

この界隈は「東中筋揚梅下ル天使突抜三丁目」と言うようです

この界隈は「東中筋揚梅下ル天使突抜三丁目」と言うようです。

揚梅下ルの読みは「ようばいさがる」です。

漢字は「楊梅」だったり「揚梅」だったりしますが、ヤマモモのことです。

天使突抜三丁目の中を東西に通る「楊梅通」というのがあるからですが、この看板は実際には「楊梅通上ル」にあるので「下ル」になっているのが謎でした。

東中筋通五条下る天使突抜三丁目と書かれた看板

東中筋通五条下る天使突抜三丁目と書かれた看板

こちらの「東中筋通五条下る天使突抜三丁目」という方がわかりやすいですね。

飲み屋さんギャラリーにコインパーキングがあります(天使突抜三丁目)

飲み屋さんギャラリーにコインパーキングがあります(天使突抜三丁目)

天使突抜三丁目には飲み屋さん、ギャラリーにコインパーキングがありました。

やけにコインパーキングが目立つのは時代の流れでしょうか。

天使突抜四丁目の風景


天使突抜四丁目には洋菓子の店「ふたえ」さんがあります

天使突抜四丁目には洋菓子の店「ふたえ」さんがあります

さて、天使突抜の最後は四丁目です。

入口には洋菓子店の「とむて」さんがあります。

建築会社や食事処もありました(天使突抜四丁目)

建築会社や食事処もありました(天使突抜四丁目)

この「天使突抜四丁目」が、これまででは一番にぎやかだと思います。

途中には建築会社や食事処もありました。

途中には病院がありました(天使突抜四丁目)

途中には病院がありました(天使突抜四丁目)

途中には古い病院「白井産婦人科病院」がありました。

旧字体で書くと「白井産婦人科醫院」で、「科」も旧字体に見えますが、これは今でも同じ漢字です。

入口脇には石碑

入口脇には石碑

入口脇には石碑があります。

祝樹? 古くて読めません

祝樹? 古くて読めません

祝樹?」

古くて読めないのですが、植樹を記念したものでしょうか。

石碑の隣には確かに木がありました

石碑の隣には確かに木がありました

たしかに、石碑の隣には確かに木がありました。

パーキングの奥にカフェ「コーヒー&パーキング もも木」が見えます

パーキングの奥にカフェ「コーヒー&パーキング もも木」が見えます

天使突抜四丁目には一軒のカフェがあります。

コーヒー&パーキング もも木

コーヒー&パーキング もも木

それが「コーヒー&パーキング もも木」さんです。

正確には「京都府京都市下京区卜味金仏町」にあるのですが、東中筋通から路地を入って隣町にあります。

昔ながらの喫茶店「もも木」

昔ながらの喫茶店「もも木」

ここ、地図には掲載されていません。

営業時間は10時~16時で、昔ながらの喫茶店です。

この記事を書いている時点で検索しても、どこにも情報が掲載されていません。

メニューはコーヒー(ホット or アイス)のみです

メニューはコーヒー(ホット or アイス)のみです

メニューはコーヒー(ホット or アイス)のみ。

値段は430円、豆は小川珈琲です。

さて、これで天使突抜は全部紹介しました。

天使突抜の最南端は「六条通」のところになります。

なお、天使突抜の町名由来は東にある西洞院通から入れる「五條天神宮(天使の宮)」から来ています。

この神社、かつて「天使様」と呼ばれており、秀吉の時代はもっと広大な敷地だったそうです。

しかし、秀吉が天下を獲って、京都を御土居で囲ったり、都市大改造をした際に天使様の中に道を作ったのです。

その道が「東中筋通」のことなのですが、京都民は秀吉の所業を皮肉って「天使突抜」と呼んだのが町名の由来です。


滋賀県大津市途中町が2019年9月5日放送『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介されるようです。国道367号、京都と滋賀県の県境でもある「途中峠」の滋賀寄りにある町のことです。読みはもちろん「とちゅう」ですが、なんでここは「途中(とちゅう)」と名付けられたのでしょうか。


ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 2019年9月5日 予告


ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 2019年9月5日 予告は以下の通りです。

志布志市志布志町志布志・スケベーシンデン・女化…思わず「え?」と言っちゃう珍しい地名を特集!地名には思いが込められているはずなのに、どうしてこうなったの?
マジメに思いを込めた地名のはずなのに、なぜこうなった?実際にあるバス路線では、終点が「途中(とちゅう)」。これはもちろん「途中」という場所が終点になっているということ。しかしなぜ「途中」という地名に?他にも、慣れないと目が回りそうな「志布志市志布志町志布志志布志市役所志布志支所」や、かつて実在した「スケベーシンデン」と読む地名、怖がる人が多い「女化(おなばけ)」など、いろんな地名が登場。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。