百珍工房 @京都・下鴨「豆腐屋さんで食べるカレーうどん」実食レビュー

今回は京都にある「豆腐屋さんで食べるカレーうどん」を紹介します。お店の名前は「百珍工房」さん、ネット地図には登録されていません。また、実食レビューもほぼありません。お店は豆腐店ですが、中に入るとカレーうどんがあるうどん屋さんでもあるという稀有なお店だからです。

広告

京都には豆腐屋さんで食べるカレーうどん屋さんがある


京都には豆腐屋さんで食べるカレーうどん屋さんがある

京都には豆腐屋さんで食べるカレーうどん屋さんがある

今回の「京都ランチ」は京都市左京区下鴨にあるお豆腐屋さんの「カレーうどん」です。

豆腐屋さんで食べるカレーうどん?

そうなんです。

お店はお豆腐屋さんで間違いないのですが、入店すると「うどん屋」さんになっているのです。

お店の名前は「京豆腐 百珍工房」さん。

お店の名前は「京豆腐 百珍工房」さん。

お店の名前は「京豆腐 百珍工房」さん。

もちろん、豆腐店も絶賛営業中!

さて、どんな豆腐屋・・・・いや「うどん屋」さんなのでしょうか!?

百珍工房 @京都・下鴨へ行って来た


見た感じは割烹っぽいのですが・・・・(百珍工房 )

見た感じは割烹っぽいのですが・・・・(百珍工房 )

百珍工房さんは北大路通の「いいちょ」さんの南側の細い道を南へ下がったところにある豆腐店です。

見た感じは割烹っぽいお店で、豆腐料理のお店にも見えます。

入店すると広さ三畳程度の豆腐屋さんにカウンター

入店すると広さ三畳程度の豆腐屋さんにカウンター

しかし、入店すると・・・・

広さは三畳程度、ほんと豆腐が売られているくらいのスペースしかなく、そこにカウンターが7席分詰め込んであるという店舗なのです。

この店頭と店内のギャップにまず驚きました。

名物は「カレーうどん」みたいです

名物は「カレーうどん」みたいです

店内では豆腐が売られているのですが、そこにカウンターが設置してあって、メニューを見るとカレーうどんがあることがわかります。

ここは明らかに豆腐店でありながら、うどんのお店でもあるのです。

メニューを見ると明らかに京うどんのお店です。

衣笠うどん 800円
きつねうどん 750円
カレーうどん 800円
冷やしつけうどん(きつね)800円
うどん(たぬき=刻みきつねのこと、あんかけ)

ちなみに「たぬき」は京都では刻みきつねの餡掛けうどんのことです。

豆腐屋さんで食べるカレーうどん 実食レビュー


これが「豆腐屋さんで食べるカレーうどん 」です

これが「豆腐屋さんで食べるカレーうどん 」です

今回は名物と思われるカレーうどんを食べてみることにしました。

店頭に書かれているのもカレーうどんだし、他の人が食べていたのもカレーうどんでした。

このカレーうどん、見た感じは濃い目で餡もトロッとした感じに見えるのですが、実際には結構サラッとした汁になっています。

出汁はほんのり甘みもあり、スパイシーではあるものの出汁の美味しさを楽しむ京うどんらしい味わいです。

天かすが入っているのもいいですね。

正直いって・・・・

出汁はかなり美味しいです。

麺は細めの平打ちというか乾麺でしょうか

麺は細めの平打ちというか乾麺でしょうか

ただ、麺が細めの平打ちというか乾麺かなという感じです。

これはかなり残念ではあるのですが、前述のように意外とサラッっとした汁なので、麺に汁がなじむように細めの麺にしたのかもしれません。

ご飯が付きます(これは豆腐ごはん)

ご飯が付きます(これは豆腐ごはん)

でも、出汁が美味しいのでかなりいけてるカレーうどんだと思います。

この出汁を使った「豆腐ごはん」も付いてくるのですが、良い出汁で美味しくいただくことができました。

おから・千切り大根

おから・千切り大根

おから・千切り大根もついてきます。

お店の雰囲気はかなり上級者向けで、お客さんも地元の常連さんという感じですが、出汁は味わってみていただきたいです。

なお、地図には未登録で実食レビュー記事もないお店です。

我こそはというツワモノは一度行ってみてください。

百珍工房 営業情報


百珍工房(外観写真)

百珍工房(外観写真)

では、この稀有な「うどん店」というか「豆腐店」である百珍工房さんはどこにあるのでしょうか。

賀茂川の東側、北大路大橋を東へ、ラーメン店「いいちょ」さんがあるところの信号を南へ下がって徒歩2~3分くらいのところです。

建物は下鴨葵館と書かれており、暖簾が出ているので分かると思います。

営業時間は「11時頃~14時頃」とややアバウトですが、ランチ時間帯であれば開いているようです。

京都府京都市左京区下鴨芝本町
営業時間:11時頃~14時頃
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。