楽裕 @京都・一乗寺「激安!寿司ランチ680円」実食レビュー

京都の一乗寺、ラーメンストリートから少し離れた場所に「日替わりランチ680円(税込)」という超穴場食堂があります。お店の名前は「楽裕」さん、地元の方でもないと知らないと思いますが、今回はこの楽裕さんで税込み680円の「にぎり寿司ランチ」という激安ランチを食べてきたので紹介したいと思います。

広告

日替わり定食 680円、やっやっ安い!


これだけついて680円の衝撃的な店が一乗寺にはあります

これだけついて680円の衝撃的な店が一乗寺にはあります

一乗寺の裏道、ここに一軒の食堂があるのですが、その日替わりランチが衝撃的だったので紹介します。

上の写真がそのランチですが、内容は「にぎり寿司きつねうどんかき揚げてんぷら小鉢(漬物、千切り大根、鯛かんろ煮、大根うま煮)、黒胡麻ムース」と盛りだくさんの内容です。

日替わり定食680円、濃厚鶏ガララーメン680円

日替わり定食680円、濃厚鶏ガララーメン680円

これでお値段・・・・

680円ポッキリ!

ここ「濃厚鶏ガララーメン」もあって、それも680円という一乗寺の超穴場店です。

日替わり定食 実食レビュー


本当にこのボリュームででてきました

本当にこのボリュームででてきました

正直、疑心暗鬼で入店しました。

まさか、この値段でこんな料理が出てくるわけがないと思っていたからです。

でも、出てきたランチを見て「本当にこのボリュームで出てきた!」とビックリしました。

にぎり寿司4貫、巻きずし2個

にぎり寿司4貫、巻きずし2個

寿司は「にぎり寿司4貫巻きずし2個」、上の写真には写ってませんが「うどん」もセットです。

セットのミニきつねうどん

セットのミニきつねうどん

小さめのミニきつねうどん、味はなかなか良いと思います。

かき揚げに漬物の小皿

かき揚げに漬物の小皿

たくさんのお野菜でつくったかき揚げです。

こちらも小さめですが、コストはかかっています。

大根うま煮(手前左)、鯛かんろ煮(手前右)、千切り大根(奥右)、黒胡麻ムース(奥左)

大根うま煮(手前左)、鯛かんろ煮(手前右)、千切り大根(奥右)、黒胡麻ムース(奥左)

少しずつ多くの種類というお店ですが、コストは余計かかります。

それが680円(税込み)、それも裏道にあるので地元の方で知っている人だけがコッソリ食べに来ていました。

にぎり寿司も付いて680円は安い!

にぎり寿司も付いて680円は安い!

※日替わりなので「にぎり寿司ランチ」とは限りませんが、このボリュームなら何であれお得だと思います。

にぎり寿司
きつねうどん
かき揚げてんぷら
漬物
千切り大根
鯛かんろ煮
大根うま煮
黒胡麻ムース

楽裕 営業時間と定休日


一乗寺にある激安にぎり寿司ランチの店「楽裕」

一乗寺にある激安にぎり寿司ランチの店「楽裕」

では、この激安にぎり寿司ランチの店「楽裕」さんの営業情報についてです。

こちらのお店、奥に座敷もあるのですが、ちょと狭いお店です。

営業時間は「11時頃~18時」、今のところは昼だけですが、朝も営業することも検討中だそうです。

前述しましたが、ラーメンもあります。

それが「楽裕濃厚鶏ガララーメン」で値段は同じ680円なのですが、鶏唐揚げとライスが食べ放題で680円なのです。

お腹いっぱい食べられて安いお店が「楽裕」さんという食堂なのです。

京都府京都市左京区高野竹屋町33−22
営業時間:11時頃~18時
定休日:土曜日、日曜日

楽裕 への行き方(アクセス方法)

なお、この「楽裕」さんがあるのは一乗寺ラーメンストリートからも近い場所です。

北大路通の「イズミヤ高野店」の北側に交番とローソンがある細い通りがあるのですが、そこを北へ上がれば徒歩1分ほどでお店があります。

地元の方しか通らないような道ではありますが、だからこそ穴場と言えそうなお店でした。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。