吉象カレー @京都アバンティ「上海から逆輸入のスパイシーカレー」実食レビュー

JR京都駅前に新しいカレーライスのお店「吉象カレー(ヨシゾウカレー)」さんが2018年9月3日新店オープンします。9月2日まではプレオープンでカレーライス100円でしたが、通常でも390円からカレーライスが食べられるお店です。

中国・上海で日系企業が開業していたカレー店のブランドなのですが、そちらが地下鉄工事で立ち退きとなり、日本へ凱旋帰国(逆上陸)してきたカレー屋さんです。

広告

京都駅前に「吉象カレー(ヨシゾウカレー)」が中国からやってきた


京都アバンティで新店オープン「吉象カレー(ヨシゾウカレー)」

京都アバンティで新店オープン「吉象カレー(ヨシゾウカレー)」

京都駅前の商業施設「京都アバンティ」の一階に、2018年9月3日新店オープンするカレー店があります。

お店の名前は「吉象カレー(ヨシゾウカレー)」。

カレーが390円とお安いお店で、中国の上海から逆輸入になるカレー屋さんなのです。

前日の9月2日まではプレオープン、カレーライスが100円で食べることができるということで、さっそく「吉象カレー」を食べてみることにしました。

吉象カレー(ヨシゾウカレー)とは


吉象カレー、とってもスパイシーで、他ではあまりない味わい

吉象カレー、とってもスパイシーで、他ではあまりない味わい

この「吉象カレー(ヨシゾウカレー)」さん、実は上海で「日式 吉象咖喱(エレファントカレー)」として営業していたのですが、地下鉄の工事のため立ち退きとなってしまって、それならということで祖国の日本へと帰ってきた(逆輸入)という珍しいカレー屋さんなんです。

味付けはかなりスパイシーですが、カラダがホットホットする感じではなく、口の中にスパイシーさを感じるカレーになっています。

ベースの味というよりもスパイス感が先に来るのと、なんとなくオリエンタル感も感じるのは上海風味なのかもしれません。

メニューにも中国語(簡体字)が見られます

メニューにも中国語(簡体字)が見られます

経営は日系企業で、スタッフも日本の方です。

メニューには英語と中国語(簡体字)が併記されており、このあたりは世界中から観光客が訪れる京都らしい配慮です。

値段はカレーライスが390円からと、リーズナブルな価格帯で提供されていました。

・吉象カレー 390円
・豚カツカレー 550円
・温泉卵カレー 490円
・チーズカレー 490円
・パクチーカレー 650円
・エビフライカレー 650円

吉象カレー(ヨシゾウカレー)アクセス方法


吉象カレーは京都駅南口の京都アバンティ一階にあります

吉象カレーは京都駅南口の京都アバンティ一階にあります

では、この上海から凱旋帰国した「吉象カレー」さんへの行き方です。

京都駅の八条口にある「アバンティ京都」の西側一階にあります。

場所は京都駅「八条口」、要するに「南口」のことです。

アバンティの有料駐輪場(自転車)があるので自転車でも行くことができますが、近くの「イオンモールKYOTO」に有料駐車場やバイク駐輪場もあります。

京都府京都市南区東九条西山王町31
営業時間:11時~
定休日:

※地図に登録しておきました。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。