三条更科 @京都「ノスタルジック大衆食堂」老舗の激安カレーうどん実食レビュー

今回の「京都ランチ」は繁華街の烏丸御池に近い立地なのに未だに昭和の値段で食事ができるノスタルジックな大衆食堂三条更科」さんの紹介です。いわゆる「麺類一式」のお店で、うどん・そば・丼ものを食べることができます。創業はなんと「大正9年(1920年)」で、建物も相当古いものです。それが今でも京都市の中心部に残っていて、激安で食べることができるというのであれば行かないわけにはいきません。

では、そんな「三条更科」さん、いったいどんなお店なのでしょうか。

広告

京都のノスタルジック大衆食堂「麺類一式」の店 三条更科


ノスタルジックな京都の大衆食堂、これはどこにあるのでしょうか?

ノスタルジックな京都の大衆食堂、これはどこにあるのでしょうか?

このなんとも「ノスタルジック」な写真。

哀愁漂う一枚ですが、昔からある京都の大衆食堂です。

創業は実に「大正9年(1920年)」と、もうすぐ100年になるという老舗の「麺処」です。

京都にはこういうお店、結構たくさんあります。

本ブログでは「麺類一式」と呼んでいる系統の食事処で「麺類丼もの定食」の3つを安く食べることができる大衆食堂のことです(麺類一式についてはこちらも参照ください)。

三条更科の外観、創業当時のままのようです

三条更科の外観、創業当時のままのようです

三条更科の外観ですが、これはもう創業当時からいじってないなという装いで、店内もなんとなく柱が傾いているような気がしないでもありません。

ド渋い外観

そんな表現が似合いますが、実はこちらお値段も相当出遅れております。

なんと「うどん 280円中華そば 430円カレーうどん 430円」という激安価格なんです。

の割には京都市の中心部にあるという大衆食堂だったりします。

三条更科 メニューと値段


だいたいなんでも400円台のうどんメニュー

だいたいなんでも400円台のうどんメニュー

京都の塩屋町という「烏丸御池」から徒歩で行ける場所にある麺処「三条更科」さんですが、うどんはだいたい400円台です。

・うどん、そば 280円
・きつね 380円
・あんかけ 380円
・きしめん 380円
・玉子とじ 410円
・月見 410円
・しっぽく 430円
・のっぺい 430円
・たぬき 430円
・カレー 430円
・鳥なんば 430円
・中華そば 430円

京都のこういったお店のメニューは普通とは違う特徴があります。

例えば「きつね」は甘くない刻みきつね、「しっぽく、のっぺい」といった聞き慣れないメニュー、「たぬき」なのに天かす入ってないなど、他府県とは全く異なります。

「鶏」とは書かず「」、これは昔は鶏肉ではなく鳥を使っていたから、その名残です。また「南蛮」ではなく「なんば」と書くのも京都の昔からあるお店だけです。

詳細は「京都 うどんの種類と特徴 違いがよくわかる写真まとめ」を見ていただくと分かりますので、こちらでは割愛しますが、上の写真にあるメニューを見ていただければその安さがお分かりいただけるかと思います。

定食はありませんが丼ものはあります

定食はありませんが丼ものはあります

こちらの「三条更科」さんでは、定食はありませんが「丼もの」はあります。

お米が食べたい場合は、こちらから選択すると良いと思いますが、お値段はおよそ500円台です。

これも他の所に比べたらずいぶんとお安い価格になっています。

三条更科 老舗の激安カレーうどん実食レビュー


カレーうどん(430円)かなりスパイシーです

カレーうどん(430円)かなりスパイシーです

さて、今回は「カレーうどん 430円」を食べてみることにしました。

トッピングは「刻みきつね九条ねぎ」とシンプルで、肉は入っていません。

出汁は京都の古いお店は「カツオ、昆布」がド定番で、それにずいぶんとスパイシーなカレー味が付いていました。

お出汁の味わいよりもカレーの辛さが際立っていたので、味はわかりづらいですが、トッピングされた「刻みきつね、九条ねぎ」の味わいを楽しみながら食べることができました。

うどんは京風のもの

うどんは京風のもの

麺は京うどんより少し太めですが、京都らしい柔らかいコシのないうどんです。

麺量もあって、430円でカレーうどんというのは駅の立ち食いうどん店レベルの価格ですよね。

これに別売りの「おにぎり 180円(二個)」、を付ければ610円でお腹いっぱいになりますのでランチにはちょうど良い価格帯だと思います。

三条更科 への行き方(アクセス方法)


三条更科 烏丸三条から西へ「塩屋町」で営業しています

三条更科 烏丸三条から西へ「塩屋町」で営業しています

さて、京都の老舗ではありますが、あまり紹介されることがないノスタルジックな大衆食堂麺処 三条更科」さんへの行き方(アクセス方法)です。

中京区塩屋町にあり「烏丸御池駅」から徒歩10分という立地にあります。

京都市の中心部ですが、それでもこの値段というのは恐れ入ります。

昔からある大衆食堂ですが、まだあまり雑誌やネットでは紹介されていませんので、ぜひ行ってみてください。

補足:屋号で検索しても新潟とか更科本店が検索結果に出るので知られていないだけかもしれません。

京都府京都市中京区三条通油小路東入塩屋町39
営業時間:10:30~17:30
定休日:日曜日


今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメンとうどんが安く食べられるお店を厳選して紹介します。値段は「かけうどん 200円」と「中華そば 300円」が最安値で、どのお店も500円より安い値段のお店ばかりです。実は京都にはこういう昭和の値段のままで販売している大衆食堂(麺類一式の店)が多く残っており、学生も多い町であることからお値段据え置きのお店も多いのです。では、その「激安大衆食堂」とは、どこにあるなんというお店なのでしょうか。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。