麺屋あかり @京都・今出川 2017年11月19日新店オープン

新しいラーメン店「麺屋あかり」さんが、京都・今出川駅のエリアで2017年11月19日に新店オープンしています。同志社大学から歩いて行ける場所で、客層は学生相手ということから深夜遅くまで営業するとのことでした。

学生はラーメン大盛か小ライスが無料だそうですよ。

広告

麺屋あかり @京都・今出川 2017年11月19日新店オープン


京都・今出川にラーメン新店「麺屋あかり」さんがオープンしています

京都・今出川にラーメン新店「麺屋あかり」さんがオープンしています

京都の今出川駅近くに新しいラーメン店「麺屋あかり」さんが、2017年11月19日に新店オープンしています。

鶏白湯がメインで、鶏をたくさん使ったドロドロスープがメインメニューのお店で、京鰹節を使ったラーメンもあります。

麺はテイガクさんの麺で、ラーメンごとに別の麺を使っているとのことでした。

麺屋あかり メニュー

麺屋あかり メニュー

特製鶏白湯ラーメン(塩、醤油)980円
鶏白湯ラーメン(塩、醤油)780円
特製鶏白湯x京鰹節ラーメン(塩、醤油)950円
鶏白湯x京鰹節ラーメン(塩、醤油)750円
特製鶏白湯つけ麺(塩、醤油)1100円
鶏白湯つけ麺(塩、醤油)900円

つけ麺は麺量を「200g250g300g」から選べると書かれていました。

また、学生はラーメン大盛か小ライスが無料になっています(学生証掲示)。これは同志社大学からも近いからでしょう。

麺屋あかり 2017年11月19日新店オープン

麺屋あかり 2017年11月19日新店オープン

お店は地下1階でカウンター7席ほどでした

お店は地下1階でカウンター7席ほどでした

鶏白湯x京鰹節ラーメン(醤油)実食レビュー


鶏白湯x京鰹節ラーメン(塩、醤油)750円

鶏白湯x京鰹節ラーメン(塩、醤油)750円

今回は、鶏白湯を京鰹節のスープで割ったラーメンの醤油味を食べてみました。

メインは鶏をたくさん使ったドロドロスープで「鶏と野菜」の出汁になっており、今回食べたのはメインスープを「京鰹節と昆布」で割ったスープのラーメンです。

トッピングは「チャーシューレア鶏肉玉ねぎみじん切り青ねぎメンマ」で、オーソドックスな見た目のラーメンです。

麺はラーメンによって異なり、こちらは小麦ふすま(表皮)入りの麺です

麺はラーメンによって異なり、こちらは小麦ふすま(表皮)入りの麺です

お店の方に聞いたところ、麺はラーメンによって変えてありますとのことです。

今回食べたラーメンは「小麦ふすま(表皮)」を混ぜた麺で、茹で加減は普通くらいのチュルチュルした麺になっています。

やや食感が舌にくっつく感じがする吸着力のあるタイプの麺でした。

麺屋あかり 基本情報


麺屋あかり 外観

麺屋あかり 外観

さて「麺屋あかり」さんの場所ですが、今出川駅から徒歩5分ほどの元「GAKUMEN」さんの跡地です。

GAKUMENさんは2017年1月31日で閉店していたのですが、その跡地になります。

立地的には少しひっそりとした場所で、今出川のメイン部分からは離れています。

しかし、深夜まで営業するとのことで、ここらあたりは遅くまでラーメンを食べられるお店も少ないので、なかなか重宝するお店かもしれません。

駐輪場や駐車場は店頭にあるのですが、狭いのですぐ北にある「きりん24 裏風呂町」を使うと良いと思います(200円/60分)

京都府京都市上京区上立売町1−7 瑞祥ビルB1
営業時間:11:30~24時頃(金曜と土曜は深夜2時頃まで)
定休日:未定だが設定の可能性あり


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。