ラーメン太七 @京都・鞍馬口通「閉店直前!30年の歴史に幕」実食レビュー

1987年5月2日から京都・鞍馬口通で営業している京都ラーメンのお店「ラーメン太七」さんの実食レビューです。昔ながらの京都ラーメンらしい味わいのラーメンを出すお店でしたが、2017年10月29日で閉店となるのでひさしぶりに食べてきました。

前回の記事からの続きになります。

広告

ラーメン太七 閉店直前!30年の歴史に幕


ラーメン太七 店内の様子

ラーメン太七 店内の様子

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都市北区にあるラーメン店「ラーメン太七」さんで、京都ラーメンを実食レビューしたいと思います。

地元の「鞍馬口通」にある創業30年のお店で、すでにお伝えしてますように「2017年10月29日で閉店」ということになっています。

創業は1987年5月2日、ちょうど30年と半年ほど営業をしていたということになります。

閉店の理由は「高齢のため」とのことで、店主の中村明美さんから直接そのように聞きました。

昔ながらの「京都ラーメン」実食レビュー


昔ながらの「京都ラーメン」の特徴を持っています

昔ながらの「京都ラーメン」の特徴を持っています

ラーメン太七さんのラーメンは「昔ながらの京都ラーメン」です。

・鶏ガラベース
・中太麺
・麺はやわらかめ
・背脂が少し浮いている
・トッピングは「チャーシュー、メンマ、ネギ、細もやし」が王道
・チャーシューは薄切りで枚数が多め
・薄口醤油でアッサリ

写真を見ても分かるように「ラーメン太七」さんは、この特徴を全部持っています。

麺は柔らかめです

麺は柔らかめです

「ラーメン太七」さんのスープは「鶏ガラ」ベースですが、ほんの少しだけ「豚骨」が入っています。

これはコクを出すためですが、少しだけなのでほぼ「鶏ガラ」のスープです。(昆布などは使っていません)

見た目はコッテリっぽく思えるかもしれませんが、かなりアッサリしてて、カエシも薄味で出汁の風味を感じるラーメンです。

餃子は手作りです

餃子は手作りです

餃子も食べましたが、これは手作りで柔らかいタイプでした。

形は細身で、よく焼いてあります。

京都の餃子って「ミニサイズ」とか「細長い」というものが多く、ふっくらしたものは少ないのです。

具材はミンチと野菜で、そんなに味がしない「京都によくある餃子」という感じがしました。

ラーメン並 650円
ラーメン大 750円
チャーシュー並 750円
チャーシュー大 850円
餃子 300円

ラーメン太七 基本情報


ラーメン太七 外観

ラーメン太七 外観

ラーメン太七さんの場所は、鞍馬口通という所にあります。

千本通からしか入れない一方通行の通りで、通り沿いに看板が出ているので分かります。

ただし、細い道の先にあるため車で入ることはできません。

店舗の少し手前にコインパーキングがあります。(20分100円)

京都府京都市北区紫野南舟岡町88
営業時間:12時~24時
定休日:水曜、第四木曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。