四川ラーメン 頑張り屋 @京都・久御山 安い!辛い!挽き肉たっぷりラーメン 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都府久御山にある「四川ラーメン 頑張り屋」さんで、辛みのある挽き肉たっぷりラーメンを食べてきました。いわゆる四川ラーメンですが、豚骨ベースで普通の醤油ラーメンもあるお店です。2015年12月にオープンしたお店で、ラーメンが530円と比較的リーズナブルなラーメン店でもあります。

今回は実際に「四川ラーメン 頑張り屋」さんに行ってきましたので実食レビューします。

広告

四川ラーメン 頑張り屋 @京都・久御山へ行ってきました


四川ラーメン 頑張り屋@京都・久御山

四川ラーメン 頑張り屋@京都・久御山

今回の「京都ラーメンブログ」は、久御山にある四川ラーメンのお店「四川ラーメン 頑張り屋」さんに行ってきました。

久御山~城陽市エリアのラーメン激戦区に近い場所にあるため、よくラーメン店をチェックしているエリアなのですが、近くを通るまで気が付いていなかったお店でもあります。

2015年12月にオープンしたラーメン店で「鶏ガラコラーゲンスープ自家製麺辛味のある特製ミンチ」の四川ラーメンを食べられるお店です。

食券制で、なにげにお安い価格設定です

食券制で、なにげにお安い価格設定です

価格は安く、高校の前という立地のためか「四川ラーメン 530円」という価格設定になっていました。

辛いのが苦手でも、普通の醤油ラーメンもあります。

四川ラーメン 530円
shiroラーメン 5630円
咖喱ラーメン 640円(カレーラーメン)
醤油ラーメン 530円

奥にカウンター、手前に座敷があるお店です(掲載許可済)

奥にカウンター、手前に座敷があるお店です(掲載許可済)

四川ラーメン 実食レビュー


四川ラーメン 530円

四川ラーメン 530円

ということで、今回は「四川ラーメン 530円」を食べてみました。

スープは鶏ガラベースの清湯で、それに辛みのある特製ミート(ミンチ)とタレが浮かんでいるラーメンです。

トッピングは「青ネギ」だけに見えますが、ミンチが結構入っており、530円という価格設定にしてはこだわっているラーメンです。

スープはちょうど良い辛さで辛すぎず

スープはちょうど良い辛さで辛すぎず

辛みは結構汗が出るのですが、キツイ辛さではなく、ベースの鶏ガラのコクが分かるもので、なかなかの美味しさです。

私は辛い物が苦手(すぐ汗でます)ですが、辛すぎではないのでスープはほとんど飲むことができました。

麺は自家製の細麺ストレートを使っていました。

セットのチャーハンは甘いタイプです

セットのチャーハンは甘いタイプです

セットにしたので、チャーハンも食べました。

チャーハンは甘いタイプです。

ネギと玉子が入っており、こちらも挽肉がタップリなので、これにそのままカレールーで味を付けカレーチャーハンにしたらちょうど良いチャーハンだと思いました。

四川ラーメン 頑張り屋 基本情報


四川ラーメン 頑張り屋 外観

四川ラーメン 頑張り屋 外観

「四川ラーメン 頑張り屋」さんの場所ですが「久御山高校」前という立地で、メイン通りではなく住宅街の中のちょっとした通りにあるので、地元の方以外ではほとんど知られていないと思われます。

オープンは2015年12月で、まだオープンからさほど経過していないお店です。

営業時間などは直接オーナー様に確認したところ、ひとりで営業しているので少し誤差はありますが「11時~15時、17時~深夜1時(24:30LO)」とのことでした。

遅くまで営業しているのと、駐車場もあるので比較的行きやすいお店です。ロード店の多い久御山といえど、深夜営業のお店は少ないので重宝すると思います。

京都府久世郡久御山町林北畑92-1
営業時間:11時~15時、17時~深夜1時(24:30LO)
定休日:不定休


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。