はらちゃんラーメン 閉店@京都・出町柳「毎日が定休日の猫ラーメン屋台」

京都には幻のラーメンがあると言います。その目で見た人は少なく、お店の痕跡もなく、突然夜になるとラーメンが食べられるようになると言います。場所は出町柳。蜃気楼のように現れては消えるラーメン店からは帰還できたものもいないと言います。

ここ、たぶんまだテレビで紹介していません。なぜならほぼやってないからです。

最新情報2018年8月22日の営業を最後に閉店となりました(9月24日に告知)。

広告

毎日が定休日 幻の京都ラーメン


出町柳の駐輪場、この脇に月数度だけラーメン屋台が出現します

出町柳の駐輪場、この脇に月数度だけラーメン屋台が出現します

我々は出町柳に行く時には、北大路から鴨川を南下して出町柳駅の反対にある自転車の地下駐輪場前を通ります。

その際にだいたい信号にひっかかるのですが、花屋があります。

そこに、ある日突然ラーメン店が出現すると京都では怪談のように語られているのです。

普段そこには何もありません。しかし、そこでラーメンを食べたとうわ言のように語る者たちがいるのも確かです。

ある口コミでは「そこは地獄のようだった」と語られるお店は「はらちゃんラーメン」と言うそうです。

はらちゃんラーメン 京都・出町柳


「はらちゃんラーメン」の屋台が出るのは青龍妙音弁財天の前

「はらちゃんラーメン」の屋台が出るのは青龍妙音弁財天の前

はらちゃんラーメンは出町柳駅の鴨川対岸にある地下駐輪場のエレベータ近くに現れる屋台のラーメン店です。

並 600円
大 700円

ラーメンは猫味とも言われますが、これは小説『四畳半神話大系』に出てくるラーメンのモデルになったのが由来です。

問題なのは営業日です。

この営業日は店主のブログというかほぼ日記に「営業日」がこっそりと書かれているのです。

それも17時過ぎに毎日毎日書かれるのですが毎日定休日なのです(笑)

2015年9月は結構頑張ってて「4日・5日・11日・12日・15日・18日」にオープンが確認できています。

さて、次のオープンはいつの日になるのでしょうか?

京都府京都市上京区青竜町266-3
営業時間:20時~朝4時
定休日:ほぼ毎日
URL:http://www5.hp-ez.com/hp/haratyan/blog

はらちゃんラーメン 2018年9月24日に閉店


はらちゃんラーメンが2018年9月24日に閉店と告知されました

はらちゃんラーメンが2018年9月24日に閉店と告知されました

2018年9月24日に公式ブログで、突然「閉店すると告知」が行われました。

2018年8月22日の営業を最後に営業することがなく、一ヶ月以上動きがなかったのですが、いきなりの閉店告知でファンからは驚きの声も上がっていました。

閉店理由については、詳細は公式ブログにも書かれておらず、月数度の営業で食べに行くことができた方も多くはありませんでしたが、いざ無くなると寂しいものです。

Twitterの口コミや感想


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。