京らーめん 麿坐 (まろざ) @京都・嵐山の京風ラーメン実食レビュー

今回の「京都ラーメン速報」は2年近く前に食べに行ってボツったラーメン記事の復刻編です。お店の名前は「京らーめん 麿坐(京らーめん まろざ)」さん。たぶん京都ラーメンマニアがほぼ知らないラーメン店ですが、嵐山のど真ん中にあるお店です。

広告

2016年にオープンした嵐山のラーメン店「京らーめん 麿坐」


2016年にオープンした嵐山のラーメン店「京らーめん 麿坐」

2016年にオープンした嵐山のラーメン店「京らーめん 麿坐」

2016年の後半くらいのことでしたが、京都の嵐山に珍しくラーメン新店が開業していました。

お店の名前は「京拉麺 麿坐」さん、これで「京らーめん まろざ」と読むそうです。

昔ながらの京ラーメンというメニューがあります

昔ながらの京ラーメンというメニューがあります

メニューには「昔ながらの京ラーメン」というメニューがあり、観光地の嵐山ではラーメン1杯650円とかなりリーズナブルなラーメン店と言えます。

値段的には京都市内の昔ながらのラーメン店と同じ価格帯で、一大観光地である嵐山ではとても安い部類です。

昔ながらの京ラーメン 650円
チャーシューメン 850円
昔ながらの京ラーメン+ゆばチーズ 950円
昔ながらの京ラーメン+麿坐特製唐揚げ 950円
昔ながらの京ラーメン+麿坐特製唐揚げセット 1080円(ライス付き)
昔ながらの京ラーメン+ゆばチーズセット 1080円(ライス付き)
食券制でカウンター席があります(テーブル席もあります)

食券制でカウンター席があります(テーブル席もあります)

店内は基本的にカウンター席で営業されているようで、観光客や嵐山で働いている人らしき姿が客席にありました。

右奥にはテーブル席も

右奥にはテーブル席も

右奥にはテーブル席もあるのですが、そちらにはお客さんはいませんでした。

今回は昔ながらの京ラーメンを食べてみましょう!

今回は昔ながらの京ラーメンを食べてみましょう!

ということで「昔ながらの京ラーメン(650円)」を食べてみることにしました。

はたして、どんな味なのでしょうか。

昔ながらの京ラーメン(650円)実食レビュー


昔ながらの京ラーメン(650円)

昔ながらの京ラーメン(650円)

こちらが「昔ながらの京ラーメン(650円)」です。

濃いめのスープですが、京都ラーメンらしく醤油辛さはさほど感じません。

トッピングは「メンマ、チャーシュー、ネギ、もやし」と一般的ですが、やはり嵐山なのでボリューム感には欠けますね。

麺は熟成麺みたいです

麺は熟成麺みたいです

麺も熟成麺っぽい見た目ですが、いわゆるよくある中華麺です。

普通の麺で京都らしさはありませんでした。

チャーシューもパサッとした感じで京都ではよくあるものです

チャーシューもパサッとした感じで京都ではよくあるものです

麺以外は昔ながらの京都ラーメン「新福菜館」に近いのですが、ラーメンとしては別物でした。

ちなみに、前述のように訪問したのは2018年3月29日と2年近く前なので値段とかは変わっている可能性があります。

なお、お店を見つけたのは2017年9月14日のことで、以下のTweetに記録が残っています。

京ら―めん 麿坐(京らーめん まろざ)はどこにある?


京ら―めん 麿坐(京らーめん まろざ)は渡月橋の北東にあります

京ら―めん 麿坐(京らーめん まろざ)は渡月橋の北東にあります

では「京らーめん 麿坐(京らー―めん まろざ)」はどこにあるのでしょうか?

京都のラーメンマニアもほとんど知らないと思いますが、嵐山の観光地ど真ん中にあるラーメン店です。

つまり、地元の方がラーメンを食べる場所ではないところにあります。

渡月橋の北側、地元では「嵯峨」と呼ばれるエリアで橋を渡ってすぐ右の三条通沿いです。

レストラン嵐山の少し東にもうひとつ商業施設があるのですが、そこに出店しています。

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町31
営業時間:11時~15時
定休日:不定休
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。