【閉店】2019年6月9日新店オープン 麺処 丸昌 吉祥院店 (京都ラーメン新店)

2019年6月9日に「麺処 丸昌 吉祥院店」を新店オープンです。場所は国道171号と葛野大路通りが交差する「葛野大路九条」の交差点を北東へ行った「吉祥院」と呼ばれるエリア。「元・8番ラーメン 京都吉祥院店」があったテナントです。

※こちらの店舗は2019年10月27日で閉店となっています。

広告

麺処 丸昌 吉祥院店 2019年6月9日 新店オープン


京都のラーメン店「麺処 丸昌」さんが吉祥院でも新店オープン

京都のラーメン店「麺処 丸昌」さんが吉祥院でも新店オープン

京都のラーメン店「麺処 丸昌」さんが2019年6月9日に「麺処 丸昌 吉祥院店」を新店オープンします。

すでに「上鳥羽店伏見稲荷店」を出店しており、今回の開業で3店舗目となります。

上鳥羽店は老舗「第一旭」に似ている豚骨醤油ラーメンを提供しており、伏見稲荷店は「伏見」の名前を付けたご当地ブラックラーメンなどを提供しているお店です。

麺処 丸昌 の醤油ラーメン(750円)はアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油

麺処 丸昌 の醤油ラーメン(750円)はアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油

新しくオープンする「吉祥院店」では上鳥羽店と同じアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油がメニューにあり、麺も「近藤製麺」を使った京都ラーメンを提供しています。

前述のように第一旭のラーメンに似ていることからアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油です。

麺処 丸昌 吉祥院店(2019年3月新店オープン)
麺処 丸昌 伏見稲荷店(2018年5月新店オープン、2019年5月31日閉店)
麺処 丸昌 上鳥羽店(2018年2月5日新店オープン)

麺処 丸昌 吉祥院店のアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油 実食レビュー


麺処 丸昌 吉祥院店のアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油

麺処 丸昌 吉祥院店のアキラ系と呼ばれる京都豚骨醤油

ラーメンの種類は「醤油、塩、味噌」と最近よくある混在パターンのラーメン店ですが、ここの主力ラーメンはアキラ系の「京都豚骨醤油ラーメン」です。

その主力ラーメンに背脂をチャッチャした「背脂醤油 800円」というメニューもありました。

基本のラーメンの値段は並で750円、トッピングに「チャーシューもやし青ねぎメンマ」も多めに盛られたラーメンなので値段の割にはボリュームがあります。

なお、こちらのお店でも最近多い「らーめん」というカタカナを使わない表記になっていました(らぁめん という表記も多いね)。

醤油らーめん 750円
塩らーめん 850円
味噌らーめん 850円
背脂醤油 800円
スープは第一旭より辛めの醤油ダレ

スープは第一旭より辛めの醤油ダレ

スープは第一旭より辛めの醤油ダレで、メニューにも「キレのある醤油を使用」と書かれていました。

飲んでみると確かに醤油辛く、水を飲む回数が多かったと思います。

出汁は豚骨で、アキラ系の特徴とも言える豚骨臭がよくしますが、やや強めの醤油ダレなので出汁の風味を味わうまでにはいかないようです。

麺は近藤製麺の中太ストレート麺

麺は近藤製麺の中太ストレート麺

京都らしい薄切りチャーシューは5枚ほど

京都らしい薄切りチャーシューは5枚ほど

麺は京都の豚骨醤油ではド定番の「近藤製麺」を使っています。

京都ラーメンの特徴のひとつに、薄切りチャーシューが多めに入るというのがありますが、こちらでもチャーシューが5枚ほど入っていてボリュームがありました。

近藤製麺の麺といい、薄切りチャーシューといい、京都ラーメンと呼べる一杯になっていると思いました。

麺処 丸昌 吉祥院店 営業時間やアクセス方法


国道171号沿い(吉祥院)のテナント(麺処 丸昌 吉祥院店)

国道171号沿い(吉祥院)のテナント(麺処 丸昌 吉祥院店)

2019年6月9日に開業する「麺処 丸昌 吉祥院店」さんの場所ですが「元・8番ラーメン 京都吉祥院店」の跡地で、国道171号沿いのロードサイド店です。

電車だとJR東海道本線「西大路駅」から徒歩12分ほど、車の場合は国道171号と葛野大路通りが交差する「葛野大路九条」の交差点を北東へ行ったところです。

大阪方面へと向かう車線側にあり、反対車線から来た場合はどこかで折り返してくる必要があります。

営業時間は「11時~23時」で、定休日は既存店の動向から「日曜日」になる可能性が高そうです。

駐車場も1~2台あるはずですが、当然埋まっていました。自転車やバイクは店頭の敷地内に駐輪可能となっており便利です。

京都府京都市南区吉祥院池ノ内町4
営業時間:11時~23時(L.O.15分前)
定休日:日曜日(予測)


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。