らーめん剛力 @京都・葛野大路八条「和風濃口醤油ラーメン」2019年1月11日新店オープン

京都・葛野大路八条にラーメン新店がオープンです。お店の名前は「らーめん剛力」さんで、店頭の貼紙には「某関東ラーメン店より受け継いだ厳選食材の淡麗系ラーメン」とあります。

鶏ガラ魚介の和風出汁のラーメンで美味しい一杯でした。

広告

2019年1月11日に新店オープン「らーめん剛力」


2019年1月11日に新店オープン「らーめん剛力」(掲載許可済)

2019年1月11日に新店オープン「らーめん剛力」(掲載許可済)

2019年1月11日に新店オープンしたばかりのラーメン店「らーめん剛力」さんへ行って来ました。

場所は「葛野大路八条」の交差点南西で、飲食店がいくつか並んでいるマンションの一階です。

ラーメンは鶏ガラ魚介の和風出汁で食べるラーメンということで、なんとなくあの有名店のラーメンを彷彿させる味でした。

上の写真は店内の様子で、4~5名ほど座れるテーブルが4卓ほど、カウンターも7名ほど座れるようになっているなど広めのお店です。

では、この「らーめん剛力」さんのラーメンはどんなラーメンなのでしょうか。

らーめん剛力 実食レビュー


和風出汁のスッキリした味わいが特徴のラーメン(らーめん剛力)

和風出汁のスッキリした味わいが特徴のラーメン(らーめん剛力)

ということで、早速食べてみたいと思います。

注文の時に「なんのスープか」聞いたところでは鶏ガラということだったのですが、食べてみると魚介が強めの和風出汁のラーメンでした。

醤油はシャープな濃口、ほんの少しですがヒリッとするくらいの絶妙な味付けです。

トッピングのチャーシュー、ご飯に合いそうです

トッピングのチャーシュー、ご飯に合いそうです

トッピングは「チャーシューほうれん草メンマ青ねぎおかき」と遜色ありません。

チャーシューがほんのり甘めの味付けになっており、味があるのでご飯に合いそうだなと思いながら食べました。

チャーハンもあり、白ごはんもあるので一緒に注文すると良いかもしれません。

スープについて


関東と関西の味わいが合体した出汁もタレも濃い目のラーメンです

関東と関西の味わいが合体した出汁もタレも濃い目のラーメンです

京都ラーメンのように出汁も濃い目なのですが、醤油ダレも濃口で関東と関西の味わいが合体したようなラーメンに思えました。

円町の「山崎麺二郎」に似た味わいですが、そこよりも辛さが適度な感じがしました。

鶏に昆布、鰹節か煮干し、そんな味わいがします。

東京なら湾岸エリア、神奈川なら湘南とか川崎あたりにありそうなラーメンで、麦苗とかほん田とかの淡麗系ラーメンです。

個人的には好みの味、なかなか美味しい一杯でした。

麺について


麺は中細ストレート(テイガク)

麺は中細ストレート(テイガク)

麺は中細ストレートで、棣鄂(テイガク)の麺です。

それをやや固めに茹でてあり、濃いめのラーメンなので麺がスープをよく吸って味わいがよく分かる麺です。

麺とスープが合っているなと感じました。

らーめん剛力 メニューと値段


メニューと値段(らーめん剛力)

メニューと値段(らーめん剛力)

ラーメンの種類は2つ「醤油、塩」が選べます。

さらに、トッピングで「らーめん味玉らーめんメンマらーめんワンタンめんチャーシューめん」のレパートリーとなっていました。

後から思ったのですが、このスープなら「ワンタン」チョイスが良さそうです。

値段はラーメンが730円と標準的なお値段です。

大盛りは1.5玉で+100円、ハーフサイズというのもあって-100円で麺量が半分にできるそうです。

らーめん 730円
味玉らーめん 830円
メンマらーめん 880円
ワンタンらーめん 930円
ちゃーしゅーらーめん 980円
自家製ラー油 50円
チャーハン 590円
ハーフチャーハン 390円
ちゃーしゅー丼 390円
カラヒキ丼 390円
キム玉丼 390円
ライス 200円
ハーフライス 100円
お子様セット 490円
からあげ 250円(3個)~500円(6個)

らーめん剛力 営業時間と定休日


らーめん剛力、葛野大路八条にあります

らーめん剛力、葛野大路八条にあります

では、この「らーめん剛力」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~売り切れ」まで、定休日は「不定休」です。

あまり遅い時間に行くと麺売り切れの場合もありえますね。

京都府京都市南区吉祥院大河原町17-1(MAP
営業時間:11時~売り切れまで
定休日:不定休

らーめん剛力 アクセス方法

さて、場所は「葛野大路八条」と書きましたが、葛野大路通のカクッと曲がるところというと分かりやすいでしょうか。

ヤマダ電機テックランドの手前のマンション一階で、このあたりは京都府南部へ行く時の帰り道なので立ち寄る機会が多そうです。

駐車場や駐輪場はありませんので、近くのコインパーキングなどを利用してくださいね。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。