らぁ麺すぐる @京都・修学院「とうひち セカンドブランド」新店

京都のラーメンマニアに速報です。なんと、2018年4月24日(予定)にラーメン新店「らぁ麺すぐる」が開店することになっています。実はこの「らぁ麺すぐる」は、あの超人気行列店「らぁ麺とうひち」の2号店なのです。「とうひち セカンドブランド店」の話は、すでに少しずつリークしてきた話ですが、やっと開店場所も決まって情報公開ということになります。

では、期待の新店「らぁ麺すぐる」はどこにあるお店で、どんなラーメンを提供するのでしょうか。

広告

らぁ麺すぐる(とうひち2号店)が新店オープン


京都に新しいラーメン店「らぁ麺すぐる」が2018年4月24日に新店オープン

京都に新しいラーメン店「らぁ麺すぐる」が2018年4月24日に新店オープン

2018年4月24日(予定)、京都の修学院にラーメン新店「らぁ麺すぐる」が開店します。

店名の「すぐる」は漢字だと「」ですが、上の写真にある商標マークは、京都市北区にある「らぁ麺とうひち」さんと同じものです。

そう、実は「らぁ麺すぐる」は「とうひち2号店(セカンドブランド)」のラーメン店なのです。

らぁ麺すぐる」は「とうひち2号店(セカンドブランド)」のラーメン店(2018年4月10日撮影)

らぁ麺すぐる」は「とうひち2号店(セカンドブランド)」のラーメン店(2018年4月10日撮影)

この件は、2017年9月2日に「お墨付き!」のリサーチャーである「@nodelayworks」がシレッと情報リークをしていた中の1軒です。

このTweetの「2.ミシュラン掲載の行列人気ラーメン店が京大近くに進出?」というのが、今回の記事である「らぁ麺すぐる」のことになります。

らぁ麺とうひち」さんといえば、本ブログでネット最速レビューをした京都の超有名行列店で、テレビでも『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介されたり、ジャニーズWESTの番組『ナミノリジェニー』で神のラーメンに認定されたりしています。

その店のセカンドブランド店(2号店)ということで、これはかなりのビッグニュースになりますね。

らぁ麺すぐる ラーメンは「豚と小麦のラーメン」


らぁ麺すぐる「豚と小麦のラーメン」になるとのことです(写真は「とうひち」のラーメン

らぁ麺すぐる「豚と小麦のラーメン」になるとのことです(写真は「とうひち」のラーメン

では、この「らぁ麺すぐる」はどのようなラーメン店になるのでしょうか。

オーナーの袖岡さんの話では「鴨を使ったラーメン」になるという話は聞いていたのですが、確定情報では「豚と小麦のラーメン」になるとのことでした。

これまでの「らぁ麺とうひち」とは異なる「豚の出汁」にこだわった(とうひちは鶏にこだわっている)ラーメンになるということで楽しみです。

・京都丹波高原豚を出汁とチャーシューに使ったラーメン
・醤油、塩、味噌の無化調ラーメン
・麺はもちろん自家製麺

らぁ麺すぐる への行き方(アクセス方法)


2018年4月中旬に開店する「らぁ麺すぐる」

2018年4月中旬に開店する「らぁ麺すぐる」

さて、気になる「らぁ麺すぐる」の場所ですが、白川通北山にある「京福修学院マンション」という建物の1階にテナントとして入ることが決まっています。

オープン日は2018年4月24日(予定)となっており、細かい日時などは分かりしだい追記していきます。

この白川通北山という立地は、叡電「修学院駅」から徒歩2分くらいの立地で、京都大学や京都造形芸術大学の学生も多く住むエリアです。

出町柳駅から叡電で行くことができ、途中の「一乗寺駅」には「ラーメン二郎 京都店」などもあることから、一乗寺へラーメンを食べに来た客が流れる可能性もある立地といえそうです。

京都府京都市左京区山端壱町田町8−6
営業時間:11時~14:30、18時~21:30
定休日:木曜日
Twitter:https://twitter.com/ramen_suguru


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。