さか栄 @京都・園部「山の中にポツンとある讃岐うどん店」実食レビュー

京都の山の中にポツンと讃岐うどん店があります。お店の名前は「さか栄(さかえ)」さんで、自家製の「純生 さぬき黄金うどん」が食べられるお店です。美味しい、昔ながらの讃岐うどんが食べられるということでお昼の営業時間は平日でも結構なお客さんが来訪していました。

広告

山の中にポツンとある讃岐うどん店「さか栄」


園部の山奥にある讃岐うどん店「さか栄」

園部の山奥にある讃岐うどん店「さか栄」

今回の京都グルメは「山の中にポツンとある讃岐うどん店」の紹介です。

場所は「園部」。

京都から兵庫県へと向かう国道372号沿いにあります。

そのウドン店とは「さか栄」さんで「さかえ」と読み、岩切幸一さんご夫婦が経営されている個人経営のお店です。

讃岐うどんは500円台~700円台程度とリーズナブルな値段です

讃岐うどんは500円台~700円台程度とリーズナブルな値段です

さか栄では自家製うどんにこだわっており、「純生 さぬき黄金うどん」という名前なのだそうです。

また、メニューも一風変わったものもあり、メニューも豊富なお店です。

今回は、そんな「さか栄」さんで讃岐うどんを食べてみました。

さか栄「純生 さぬき黄金うどん」とは


ちくわ天ぶっかけA 770円をチョイス

ちくわ天ぶっかけA 770円をチョイス

今回は「ちくわ天ぶっかけA」というのを食べてみました。

値段は税込み770円で、揚げたてのちくわ天が1本入っています。

ちなみに「A=ちくわ1本」で「B=ちくわ2本」です。

麺は程よいコシの讃岐うどんです

麺は程よいコシの讃岐うどんです

さか栄さんの讃岐うどんは「程よいコシ」がある美味しい麺だと思いました。

40年ほど前に高松にいた頃、近くのウドン屋さんでうどん10玉くらいをビニール袋にぶら下げてよく帰って家で食べたのですが、その時代の讃岐うどんは今のように「コシの強い(硬い)麺」ではありませんでした。

普通のうどんよりも確かにコシはありましたが、もっと柔らかくて食べやすいウドンだったのです。

そんな昔の讃岐うどんを食べたいなと思っていたので、さか栄さんの讃岐うどんはちょうど良いコシのように思えました。

ツユは濃い目のをぶっかけて食べます

ツユは濃い目のをぶっかけて食べます

讃岐うどん独特の香りがないなとは思いましたが、スッキリした味わいで良いかなと思います。

その証拠に、ぐいぐいと食べてしまいました。

ツユはなんか関東で食べてた味わいと一緒で関西風ではないようでしたが美味しいツユで出汁と醤油がよく効いていました。

揚げたて竹輪がめちゃ美味しいです

揚げたて竹輪がめちゃ美味しいです

トッピングの揚げたて竹輪がめちゃ美味しかったです。

竹輪は揚げたり焼いたりするのが一番美味しいので、うどん屋さんに行くとだいたい「ちくわ天」を頼んでしまいます。

今度は大盛りで竹輪2本で注文したいですね。

さか栄 営業時間と定休日


さか栄、営業時間は「11時~14時30分」です

さか栄、営業時間は「11時~14時30分」です

では、さか栄さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~14時30分」で昼のみの営業定休日は「火曜日、水曜日」の連休になっているのでご注意ください。

ただし、祝日は営業されているそうです。

京都府南丹市園部町埴生赤尾13−6(MAP
営業時間:11時~14時30分
定休日:火曜日、水曜日
公式サイト:https://www.sakae-junnama.com/

さか栄 アクセス方法

この「さか栄」さんがあるのは南丹市園部町です。

といっても、園部の南側で亀岡市から国道372号線をずっと走っているとお店があります

交通機関は自家用車のみ、駐車場は広いので問題ありません。

若干、営業時間が短いし昼のみなので行くのは土日の日中のみになりますね。

でも、美味しい讃岐うどんだと思いますので、前を通ったらぜひ立ち寄ってみてください。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。