2020年1月15日オープン カフェキッチン スピカ (京都・園部)

2020年1月15日、京都府南丹市園部町に「カフェキッチン スピカ」さんが新店オープンしています。本格スパイスカレーが食べられるカフェで、コーヒーは徳島県で人気の焙煎所「アアルトコーヒー」さんの豆を使うなどこだわりを感じるお店です。

2020年1月15日オープン カフェキッチン スピカ


2020年1月15日オープン カフェキッチン スピカ

2020年1月15日オープン カフェキッチン スピカ

今回の「京都カフェブログ」は、京都府南丹市園部町で2020年1月15日に新店オープンしたカフェ「カフェキッチン スピカ」さんへ行って来ました。

昨年の11月末頃だったでしょうか、園部をぼんやり歩いていたところ工事中だったカフェさんです。

こちらでは、本格スパイスカレーが食べられるのと、徳島県で人気の焙煎所「アアルトコーヒー」さんの豆を使ったコーヒーを飲めるのが特徴的なカフェです。

お店は山小屋のようなウッドスタイルです

お店は山小屋のようなウッドスタイルです

店内も緑を多く飾ったナチュラル系デザイン

店内も緑を多く飾ったナチュラル系デザイン

建物は山小屋のような雰囲気で、店内も緑が多い自然派志向のカフェになっていました。

園部は自然も豊かで京都の米処、こういったお店が似合いますね。

コーヒーは400円からあります

コーヒーは400円からあります

コーヒーは400円から、カプチーノやカフェラテにエスプレッソがあり、コーヒー豆は徳島の人気の焙煎所「aalto coffee and the rooster (アアルトコーヒー)」のもの。

コーヒー豆は徳島の人気の焙煎所「aalto coffee and the rooster」

コーヒー豆は徳島の人気の焙煎所「aalto coffee and the rooster」

コーヒーが激ウマです

コーヒーが激ウマです

このアアルトコーヒーがものすごく美味しいコーヒーで、深めの焙煎からは蜜のような香りが漂い、口に含むと心地よい苦味を味わえるというコーヒーでした。

ランチは「カレー、パスタ、プレート」の3種類

ランチは「カレー、パスタ、プレート」の3種類

ランチは「カレーパスタプレート」の3種類があり、いずれも日によって内容が異なるようです。

ちなみに、訪問した日は「チキンカレー、トマトパスタ、唐揚げのランチ」になっていました。

れんこんとトマトのチキンカレー

れんこんとトマトのチキンカレー

今回はカレーをチョイス。

本日は「れんこんとトマトのチキンカレー」となっており、ほんのり酸味のあるカレーになっていました。

値段はサラダとポタージュ(冷製)がセットで1100円です。

スパイシーというよりも食べやすいカレーで美味でした

スパイシーというよりも食べやすいカレーで美味でした

カフェキッチン スピカ はどこにある?


カフェキッチン スピカ は園部駅から徒歩20分ほどのところにあります

カフェキッチン スピカ は園部駅から徒歩20分ほどのところにあります

では「カフェキッチン スピカ」さんはどこにあるカフェなのでしょうか?

JR園部駅から徒歩20分ほどのところで、車で行くほうが楽かなと思います。

車の場合は国道9号「小山東町」交差点から園部駅方面に入ってから、国道9号を下から抜けるように北上するルートがわかりやすいです。

駐車場は敷地に入って右側にあるので、そこが使えるようになっています。

京都府南丹市園部町木崎町東川端13−1
営業時間:11時~16時(ランチは14時まで)
定休日:木曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/spica0230/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。