2019年6月オープン 本と縁起物 組や (ブックカフェ、京都・御所西)

京都・御所西エリア、京都府庁の西側に新しくブックカフェが新店オープンしています。お店の名前は「本と縁起物 組や」さん、京町家の店内に本棚が設置されており、そこにたくさんの本が並んでいます。ドリンクにカレーなどがありランチもできるブックカフェです。

広告

2019年6月オープン 本と縁起物 組や


2019年6月オープン 本と縁起物 組や

2019年6月オープン 本と縁起物 組や

今回の「京都カフェブログ」は、2019年6月から本格稼働している御所西のカフェ「本と縁起物 組や」さんの紹介です。

京都府庁の西側、油小路通にあるカフェで、京町家をリノベーションした店内には所狭しと趣味の本が置かれているカフェです。

2018年から少しずつ営業していましたが、2019年6月から本格営業しています。

本の種類は多岐にわたります

本の種類は多岐にわたります

店内には女性店主、京町家の店内に本棚が設置されており、そこにたくさんの本が並んでいました。

本の種類は多岐にわたりますが「知らない本」が結構ありました。

本のジャンルは思想と漫画が目立ちます

本のジャンルは思想と漫画が目立ちます

全部はっきりと見たわけではありませんが、本のジャンルは思想と漫画が目立つ感じもします。

漫画はマニアックなものが多め

漫画はマニアックなものが多め

これらの本はカフェを利用する際に自由に読んでもらっていいそうです。

では、「本と縁起物 組や」さんはどんなカフェなのでしょうか。

本と縁起物 組や ランチメニューについて


メニューと値段(本と縁起物 組や)

こちらの「本と縁起物 組や」さんにあるのは「ランチおにぎりドリンク」などです。

ランチセットは「カレーそぼろおにぎり」で各864円となっていました。

食事はオリエンタル系で、カレーはナンプラーとココナッツミルクそぼろもスパイシーなものでナンプラーで味付けしたものになっています。

組やカレー 864円
スパイシーそぼろ 864円
おにぎりセット 594円
おにぎり 172円(自家製梅干し、おかか)
ドリンク 324円
スパイシーそぼろ(864円)

スパイシーそぼろ(864円)

ナンプラー(タイの魚醤)を使った「スパイシーそぼろ」は目玉焼きののったそぼろご飯です。

そんなに辛くないので食べやすいです。

レモンやパクチーで爽やかさもプラス、そぼろを混ぜながらご飯と一緒にいただきました。

お昼はテイクアウトもあるそうです

お昼はテイクアウトもあるそうです

お昼はテイクアウトもあるそうです。

御所西でも油小路通は静かな通りで、お店はさほどないのですが、そこにポツンとマニアックなカフェがあるというのも京都らしいところです。

本と縁起物 組や 営業情報について


火曜日と水曜日は休み(本と縁起物 組や)

火曜日と水曜日は休み(本と縁起物 組や)

では「本と縁起物 組や」さんの営業情報についてです。

火曜日と水曜日は休みで、営業時間は「10時~19時」となっていました。

カフェ利用でも大丈夫で、気まぐれでサンドイッチなんかもあったりするそうです。

場所は「油小路通出水上る」で、京都府庁の西側です。

京都市バスだと「堀川下立売バス停」が近いと思いますが、地下鉄丸太町駅からでも歩いて行くことができます。

自転車は店頭に少しおけましたので自転車でぶらり行くのも良さそうです。

京都府京都市上京区大黒屋町48
営業時間:10時~19時
定休日:火曜日、水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/kumiya777/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。