MASHOLA カフェ新店@京都・三条「抹茶ティラミスラテ」実食レビュー

今回の「京都カフェブログ」は、京都で超話題のカフェ「MASHOLA」を紹介します。こちらは三条の新京極商店街にあるカフェで、2018年4月1日に新店オープンしたばかりです。ピンク色の店内には、日本ではあまり見ないかわいいディスプレイが施されており、ドリンクを持ちながら店内で撮影をするのを楽しむことができるという面白いコンセプトのカフェでもあります。

今回はこの「MASHOLA」さんで「抹茶ティラミスラテ」を飲みながら「キャッキャしながら撮影」してまいりました。

広告

京都で超話題のカフェ「MASHOLA」が2018年4月1日新店オープン


京都で超話題のカフェ「MASHOLA」

京都で超話題のカフェ「MASHOLA」

今回の「京都カフェブログ」は、三条の新京極商店街で2018年4月1日に新店オープンしたばかりのカフェ「MASHOLA」さんで飲んだ「抹茶ティラミスラテ」が美味しかったので実食レビューします。

実は、こちらのカフェですが、2018年4月4日にレビューした「パンの田島」さんに寄った際に見つけたお店で、あまりの奇抜な内装に「ぐぉぉぉぉ!!!」となったカフェです。

いったい何が話題なのかというと・・・・

カフェ「MASHOLA」のイメージ、だいたいこんな感じです

カフェ「MASHOLA」のイメージ、だいたいこんな感じです

カフェ「MASHOLA」さんなのですが、だいたい上の写真みたいな感じなんです。

どう見ても写真は「洗面台」なのですが、これがカフェ「MASHOLA」さんなのです。

今回は、このカフェ「MASHOLA」さんで修学旅行中の女子中学生さんに混じってカフェカフェしてきました。

カフェ新店「MASHOLA」リアル映えするビビッドな店内


本物のバスタブを装飾に使ったリアル映えする「MASHOLA」の店内

本物のバスタブを装飾に使ったリアル映えする「MASHOLA」の店内

さて、こちらのカフェ「MASHOLA」さんなのですが、彩り豊かでビビッドな装飾になっています。

たとえば、上の写真は「バスタブ」ですが、これ入口にいきなり置いてあります。

店頭は一見するとなんのお店なのか分からなくて「ネイルサロン」とか「ビューティーサロン」に思われるようで、気になっているお客さんが恐る恐る覗いていたりします。

カフェ「MASHOLA」の入口、一見すると何のお店か分かりません

カフェ「MASHOLA」の入口、一見すると何のお店か分かりません

店員さんに「ここって洗面所がモチーフなんですか?」と聞いたところ、そういうわけではなく「リアル映えするような奇抜なお店にしたかった」とのことでした。

オーナーさんが、韓国では内装に凝ったお店が多いのを見て、日本でもこういうお店があっても良いのではと考えて設計したんだそうです。

入っておくにカウンターがあり、左に少し座れる場所があります

入っておくにカウンターがあり、左に少し座れる場所があります

お店としてはカウンターだけがあって「テイクアウト」専門店に見えますが、座るスペースや写真を撮影するようなスポットが用意してあって、お客さんはドリンクを色々な場所で撮影できるようになっていました。

なんかものすごい店内装飾ですが、見た目だけではなく「ドリンクも美味しいお店」なのも特徴的です。

テイクアウトっぽいのですが中で飲んでいくこともできます

テイクアウトっぽいのですが中で飲んでいくこともできます

壁は全面ピンクでカワイイお店でした

壁は全面ピンクでカワイイお店でした

MASHOLA カフェの値段と種類


カフェ「MASHOLA」のメニュー

カフェ「MASHOLA」のメニュー

このカフェ「MASHOLA」さんでは、ドリンクのみを扱っていて、テイクアウトでも店内でも飲んでいくことができます。

コーヒーやラテがあり、エスプレッソが350円からありますが、こちらで飲んでおきたいのが・・・・

ラテ!

です。

・エスプレッソ 350円
・アメリカーノ 400円
・カフェラテ 500円
・チョコレートラテ 600円
・お抹茶ラテ 600円
・クリームチーズラテ 690円
・抹茶クリームチーズラテ 690円
・ティラミスラテ 790円
・抹茶ティラミスラテ 790円
・いちごみるく 500円
・オレンジジュース 500円
・マンゴージュース 500円
とにかくオススメは「抹茶」を使ったラテ

とにかくオススメは「抹茶」を使ったラテ

おすすめなのは「抹茶を使ったラテ」で、種類としては3種類「お抹茶ラテ抹茶クリームチーズラテ抹茶ティラミスラテ」があります。

今回は一番高い「抹茶ティラミスラテ 790円」を注文してみることにしました。

・お抹茶ラテ 600円
・抹茶クリームチーズラテ 690円
・抹茶ティラミスラテ 790円

抹茶ティラミスラテをいろんな場所で撮影してみよう


キャッキャ言いながら抹茶ティラミスラテを撮影

キャッキャ言いながら抹茶ティラミスラテを撮影

さて、このカフェ「MASHOLA」さんですが、そろそろお気づきかと思いますが・・・・

いろいろな場所でドリンクを撮影するというコンセプトな店内設計になっているのです。

上の写真は角にある椅子のところで撮影しました。

入口すぐ左のロゴを背景に抹茶ティラミスラテを撮影

入口すぐ左のロゴを背景に抹茶ティラミスラテを撮影

洗面台から店舗を背景に撮影した抹茶ティラミスラテ

洗面台から店舗を背景に撮影した抹茶ティラミスラテ

こうやって、いろいろな場所で撮影をしてカフェを楽しむというのが「MASHOLA」さんというお店なのです。

だから、入口からなにやら奇抜な感じの店内ディスプレイになっているんです。

では、肝心の味の方はどうなのでしょうか。

抹茶ティラミスラテを実食レビュー


実はかなりおいしい「抹茶ティラミスラテ」

実はかなりおいしい「抹茶ティラミスラテ」

実は、この「抹茶ティラミスラテ」なのですが、抹茶が結構お高いものを使っているのがわかります。

濃いめの抹茶パウダーからは、良い苦味が出ており、それが甘いクリームチーズと相重なって美味しい抹茶ティラミスラテになっていました。

抹茶パウダーも結構かかっているのですが、あの有名な河原町の大行列店「抹茶館」の抹茶ティラミスの下にラテが入っているというと分かりやすいでしょうか。

抹茶もおいしいですがクリームチーズがおいしかったです

抹茶もおいしいですがクリームチーズがおいしかったです

この「抹茶ティラミスラテ」ですが、クリームチーズがおいしくて「抹茶ティラミス、そりゃ流行るわな」と思いながら食べました。

でも、よくよく考えてみると「抹茶クリームチーズラテ」との違いってなんだろうという疑問がわき上がったのですが、あまりの美味しさに聞くのを忘れてパクついてしましました(笑)

さて、こちらのカフェ「MASHOLA」さんですが、韓国系のカフェとセンスが同じではあるものの「韓国を意識はしていません」とのことでした。

前述のように、韓国のカフェを見たオーナーさんがインスパイアされて考えた店内ディスプレイということで「韓国系カフェ」ということではありません

カワイイ店内でオシャレに撮影をするのを楽しむのがコンセプトです。

京都「MASHOLA」への行き方(アクセス方法)


「MASHOLA」さんがあるのは河原町の新京極商店街「MOVIX京都」前です

「MASHOLA」さんがあるのは河原町の新京極商店街「MOVIX京都」前です

さて、京都の「MASHOLA」さんがあるのは河原町の新京極商店街なのですが、地元の方向けに超わかりやすく一言でいうと・・・・

「MOVIX京都」前です。

地下鉄東西線「京都市役所前駅」や、京阪「三条駅」からが近いですが、阪急京都線「河原町」からぶらぶらと新京極商店街を見物しながら歩いていくのが良いでしょう。

京都府京都市中京区桜之町406
営業時間:12時~
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。