カフェ&ギャラリー・ランプ @京都・金閣寺が2018年1月新店オープン

京都の金閣寺エリアにかなり洒落たレストラン「カフェ&ギャラリー・ランプ(Cafe&gallery Lamp)」が新店オープンしています。京野菜料理のお店で、ベジタリアン、ロカボ(低炭水化物ダイエット)の方でも安心して食べられるのが特徴です。野菜も無農薬・低農薬で、砂糖不使用(希少糖は使用)などのこだわりもあるようです。

ランチ営業は「11:30~14:30」で「京のおばんざいプレート(ランチ)1200円」がありました。

広告

金閣寺前に「カフェ&ギャラリー・ランプ」が2018年1月新店オープン


金閣寺前におしゃれなレストラン「カフェ&ギャラリー・ランプ」が新店オープン

金閣寺前におしゃれなレストラン「カフェ&ギャラリー・ランプ」が新店オープン

京都の金閣寺前(西大路通、わら天神前)に新しいレストランが新店オープンしています。

この辺りは地元なので毎日10往復くらいは西大路通を通過するのですが、2018年1月初旬に気が付いたお店です。

お店は「カフェ&ギャラリー・ランプ(Cafe&gallery Lamp)」という店名で、ランプなのでお肉かなと思ったら「京野菜たっぷりのカラダにやさしいお料理」のお店となっていました。

ベジタリアンロカボ(低炭水化物ダイエット)の方でも安心して食べられるお店ということで、野菜も無農薬・低農薬にこだわった京野菜を使っているとのことです。

・無農薬、低農薬の京野菜や京おばんざいのお店
・油も植物性、希少糖を使って料理
・ベジタリアン、ロカボ(低炭水化物ダイエット)に対応

メニューと値段


ランチメニューと夕方まで提供しているメニューの2種類です

ランチメニューと夕方まで提供しているメニューの2種類です

メニューは「ランチ」と「ランチタイム以外」にもあるメニューの2種類ありました。

ランチと書いてあるメニューは「11:30~14:30」までの提供で、それ以外は「11:30~16:30」まで提供されており、夜営業はありません。

いずれもコーヒーもしくは紅茶のセットにもできるようになっています(+200円)。

料理は砂糖不使用などにもこだわっていました

料理は砂糖不使用などにもこだわっていました

・京のおばんざいプレート(ランチ)1200円
・チキンのチーズクリームリゾットセット(ランチ)980円
・とり粥とおばんざいセット(ランチ)980円
・お揚げのカレーセット(ランチ)980円
・無農薬サラダと京のお揚げそば(980円
・きのことお揚げのカレーセット 980円
・国産大豆のハンバーガーセット 980円
・ふわふわ卵のマフィンセット 980円

カフェ&ギャラリー・ランプ への行き方(アクセス方法)


カフェ&ギャラリー・ランプ は「わら天神前」にあります

カフェ&ギャラリー・ランプ は「わら天神前」にあります

この「カフェ&ギャラリー・ランプ」の場所ですが、分かりやすく言うと「わら天神」のお向かいにお店があります。

以前は、古民家に飲食店などが入っていた汚い家屋でしたが、外装も新しくするなどしてキレイになっていました。

この辺りは17時には閉店するお店ばかりで「カフェ&ギャラリー・ランプ」も営業時間は11時~17時までで夜は営業はありません。

駐車場は少し北の京都銀行のところにコインパーキング(金閣寺有料駐車場)がありますので、そこを利用するなどしてください。ただし、自転車やバイクは駐輪するところがありませんので、京都市バスで行くのがベストな方法です。

京都府京都市北区衣笠天神森町31
営業時間:11時~17時(ランチは11:30~14:30、その他フードは16:30まで)
定休日:火曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。