食パン工房 ぱんにゃ @京都・中ノ島「あの高級生食パンを超えた本物の生食パン」レビュー

京都にはあの高級生食パンを超えた本物の生食パンがあります。その食パンは京都府向日市にある「食パン工房 ぱんにゃ」さんで売られている生食パンです。食材には「バター、ヨーグルト、卵黄」を大量に使っていて、そのまま食べると濃厚な素材の味が口いっぱいに広がる食パンです。

広告

京都にはあの高級生食パンを超えた本物の生食パンがある


有名な生食パンのお店より美味い食パンが京都にあった

有名な生食パンのお店より美味い食パンが京都にあった

皆さんは最近テレビなどで「高級生食パン」の紹介をよく見かけることだと思います。

今や空前の生食パンブームであり、京都にも大阪発祥の「高級生食パン」が京都へやってきたり、東京発祥の「高級生食パン」が京都へやってきたりしています。

確かにどこの生食パンも美味しく、トーストにしなくてもそのまま食べても美味しいものが多いのですが・・・・

あの高級生食パンを超えた本物の生食パン

が京都にあるのをご存知でしょうか?

それは「ぱんにゃ」にあります!

それは「ぱんにゃ」にあります!

店名でなにか脱力感はあるものの、この「食パン工房 ぱんにゃ」の食パンが・・・・

ものすごく美味しくて、生でパクパクと一瞬で一斤食べてしまうほどのレベルなのです。

場所は「中ノ島」というところで、京都府向日市の西国街道の「五辻」を西へ100メートルほどのところにあるパン屋さんです。

食パン工房 ぱんにゃ 実食レビュー


善峰道の「中ノ島」

善峰道の「中ノ島」

ということで、京都府向日市にある善峰道の「中ノ島」へとやってきました。

写真の向こう側が西国街道の「五辻」方面、手前はどこに行くのかも分からない・・・・・

とっても分かりづらい場所にあります。

善峰道の「中ノ島」から「五辻」へ向かう途中にあるのが「食パン工房 ぱんにゃ」

善峰道の「中ノ島」から「五辻」へ向かう途中にあるのが「食パン工房 ぱんにゃ」

目の前の細い道(善峰道)は一方通行なので「中ノ島」から「五辻」へ向かうとお店があります。

たぶん、この「食パン工房 ぱんにゃ」さんをご存知の方はほとんどいないかと思いますが、予約だけで完売してしまうほどの人気の食パンを販売しているのです。

食パン工房 ぱんにゃの生食パンた

食パン工房 ぱんにゃの生食パン

ちなみに、今回はたまたま予約無しでキャンセルの一斤を入手することができました。

この生食パン、他のどの生食パン専門店よりも食材を多く使って・・・・

濃厚な味わいを実現した生食パンなのです。

食感はデニッシュパンに近いです

食感はデニッシュパンに近いです

食感はデニッシュパンに近く、中はバターでシットリとした食パンになっているのが特徴です。

食材には「バターヨーグルト卵黄」を大量に使っていて、そのまま食べると濃厚な素材の味が口いっぱいに広がる食パンです。

ただ、1日に30斤ほどしか作れないそうで、その入手難易度は「乃が美」や「銀座に志かわ」の比ではないとも言われています。

食パン工房 ぱんにゃ はどこにある?


GPS(ナビ)必至の場所にあります

GPS(ナビ)必至の場所にあります

さて、この「食パン工房 ぱんにゃ」さんですが、GPS(ナビ)必至の場所にあり、なおかつ車は駐車できない場所にあります。

つまり、行くなら自転車・バイク・徒歩です。

場所は説明しづらいのですが、西国街道の「業務スーパー」と「激安新鮮市場」が隣合う「向日町ショッピングセンター」の北西隣にあります。

営業は月曜日~水曜日のみ、10時~16時の配達開始まで店頭販売が行われています。

かなり狭き門ですが、運が良ければ買うことができるかもしれません。

運が良ければ買うことができるかもしれませんよ

運が良ければ買うことができるかもしれませんよ

京都府向日市向日町南山38−番地
営業時間:10時~16時(月曜日~水曜日のみ営業)
定休日:木曜日~日曜日


京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。