ぱんだよりノドカ @京都・二条にある発見困難パン屋さん

京都の二条城すぐ北に一軒のパン屋さんがあります。観光地のすぐ近くで場所も良いのですが、とても分かりづらい発見困難店です。お店の名前は「ぱんだよりノドカ」さん、元は御所西(丸太町)にあったパン屋さんで、2017年に今の場所へ移転してきました。

広告

二条城近くにポツンとあった「ぱんだよりノドカ」


二条城近くにポツンとあった「ぱんだよりノドカ」の看板

二条城近くにポツンとあった「ぱんだよりノドカ」の看板

京都の二条城エリアのちょっと分かりづらい場所にお店が2軒あります。

ひとつはコーヒースタンド「二条小屋」さん、そしてもうひとつが「ぱんだよりノドカ」さんです。

京都はパンもコーヒーも消費の多いところで、昔ながらの碁盤の目構造の町並みには「路地、辻子」といった細い道がたくさんあります。

そういう立地だからこそ、分かりづらい場所にお店があったりするのです。

二条城近く、細い路地(ろおじ)の奥にパン屋さんがあります

二条城近く、細い路地(ろおじ)の奥にパン屋さんがあります

さて、今回紹介する「ぱんだよりノドカ」さん。

二条城の北側、待賢小学校の東側、細い路地(ろおじ)の奥にあるパン屋さんです。

道は行き止まり、これを京都では路地(ろおじ)と呼びます

道は行き止まり、これを京都では路地(ろおじ)と呼びます

とても細い路地で、入ってスグは店があるかもわかりません。

まだ新しい感じのパン屋さんです

まだ新しい感じのパン屋さんです

奥まで進むと、確かにまだ新しい感じのパン屋さんがありました。

聞いてみると、ここには2年ほど前に丸太町から移転してきたそうです。

お客さん、二名ほどで満員です

お客さん、二名ほどで満員です

言われてみれば、2年ほど前に見た記憶もあったのですが忘れていました。

お店はお客さん二名ほどで満員な感じのパン屋さんです。

でも、パンはたくさん並んでいました

でも、パンはたくさん並んでいました

お店は小さいけど、パンが所狭しと並んでいました。

シンプルだけど、どことなくかわいいパンが多めです

シンプルだけど、どことなくかわいいパンが多めです

パンはシンプルな感じですが、若い子が好きそうな甘いパンが多めの印象です。

国産小麦を使ったパンです

国産小麦を使ったパンです

パンは国産小麦を使ったもので、宇治の抹茶を使った「抹茶メロンパン」もあります。

パンは小さめのものが多いので女の子向き

パンは小さめのものが多いので女の子向き

いくつかパンを買って食べたところ、とてもやわらかいパンでした。

サイズも小さめ、パンダのイラストも可愛いので若い女の子向きなパン屋さんです。

ぱんだよりノドカ 営業時間とアクセス方法


ぱんだよりノドカ、待賢小学校のある猪熊通沿いにあります

ぱんだよりノドカ、待賢小学校のある猪熊通沿いにあります

こちらの「ぱんだよりノドカ」さん、待賢小学校のある猪熊通沿いにあるパン屋さんです。

二条城の入口を堀川通に沿って北へ、最初を左折(竹屋町通り)し、すぐ右折して北へ上がったところです。

看板は出てるし、二条城からもすぐ近いし、分かりやすい場所なのですが、ここあまり人が通らない道。

そのため、京都でもまだそんなに知られていないパン屋さんだったりします。

京都府京都市上京区中之町519−30
営業時間:10時~18時
定休日:日曜日~火曜日
公式サイト:http://pandayori.com/


京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。