レ・フレール・ムトウ @京都・岩倉「安くて大きいパン屋」実食レビュー

今回の「京都パン屋ブログ」は、岩倉にある「レ・フレール・ムトウ」さんのパンを食べてみたいと思います。本来はケーキ屋さんでチーズケーキが有名なのですが、パンもたくさん並んでいるお店です。こちらのパンは安くて大きいのが特徴です。

さて、地元ではかなり人気のお店「レ・フレール・ムトウ」さんのパンはどんなパンなのでしょうか。

広告

地元で超人気の「レ・フレール・ムトウ」へ行って来ました


安くて大きいパン屋「レ・フレール・ムトウ」

安くて大きいパン屋「レ・フレール・ムトウ」

今回の「京都パン屋ブログ」は、京都市左京区にある超人気のパン屋さんのパンの紹介です。

岩倉に「いつもお客さんが入ってる」のがいつも気になっていたパン屋さんで、お店の名前は「レ・フレール・ムトウ」さんといいます。

カテゴリー的にはスイーツ店でケーキなどのスイーツがメインなのですが、店内にはパンもたくさん並んでいます。

そのパンが・・・・

安くて大きいパン

なんです。

すごく気になるパン屋「レ・フレール・ムトウ」さん、いったいどんなパン屋さんなのでしょうか。

さっそく入ってみましょう!

レ・フレール・ムトウの安くて大きいパン


値段は100円台のパンが多く、中には300円未満の大きなパンもあります(レ・フレール・ムトウ)

値段は100円台のパンが多く、中には300円未満の大きなパンもあります(レ・フレール・ムトウ)

さて「レ・フレール・ムトウ」さんの店内なのですが、前述のようにケーキ屋さんです。

店内は奥にケーキが並んでいます。

しかし、手前にはパンがたくさん並んでいて、パッと見はパン屋さんという不思議なケーキ屋さんなんです。

値段は100円台のパンが多くて、比較的シンプルなパンが並んでいます。個人的な好みですが、こういった基本形のようなパンが大好きなので、どれも食べたいな思うパンでした。

クロワッサンは190円、形の良いパリパリした食感です

クロワッサンは190円、形の良いパリパリした食感です

クロワッサンは190円、表面がとてもパリパリしていて、食べるととても歯ごたえのあるクロワッサンです。

中がふんわりしたクロワッサンが巷には多いのですが、こちらのパンは噛むのが少し大変なくらいの固さがあります。

バターの香りはさほど強調せず、表面の香ばしい香りが印象的なクロワッサンです。

めちゃくちゃ大きいパン「ファンデュ(260円)」

めちゃくちゃ大きいパン「ファンデュ(260円)」

レ・フレール・ムトウさんのパンは「安くて大きい」と書きましたが、その中でもとりわけ群を抜いて大きいパンが「ファンデュ(260円)」です。

長さ20cmくらい、横幅14cmくらいでしょうか。

パッと見、かなりの大きさで値段が安いので、思わず店員さんに確認したほどです。

いわゆるフランスパンで、中は少しふんわりとしたパンになっていました。

サンドイッチも大きめのものが並んでいます

サンドイッチも大きめのものが並んでいます

サンドイッチもあって、こちらも大きいサイズの山型食パンを使っていました。

「BLTサンド」は350円「ツナサンド」は260円で、ちょうど2枚の食パンで1パックになっています。

写真だと分かりづらいかもしれませんが、サイズが大きいので「この値段でいいの?(安い)」と思ったほどです。

ということで、「レ・フレール・ムトウ」さん、普段から前を通るたびに誰かお客さんが入って行くというのが気になっていましたが、入ってみると安くて大きいパンが売られているというお店でした。

レ・フレール・ムトウ への行き方(アクセス方法)


レ・フレール・ムトウ パッと見は普通の家にも見えます

レ・フレール・ムトウ パッと見は普通の家にも見えます

「レ・フレール・ムトウ」さんの場所ですが、よく通る道でありながら訪問は初めてでした。

お客さんが入っていくのを見るのだけど、パッと見は普通の家に見えるし、パンを売っているようにも見えなかったからです。

しかし、実際は美味しいパン屋さんで、地元の方に聞いてみると・・・・

実は有名な「チーズケーキ」の店なんだそうです。

場所は左京区岩倉なのですが、京都精華大学の近くになりますが、油小路にもカフェ併設店があります(地図)。

叡電「木野駅」を降りて徒歩1分くらいの大通りに面したお店ですが、車でも行くことができるので(駐車場あり)、チーズケーキとパンを買いに行ってみてはいかがでしょうか。

京都府京都市左京区岩倉南木野町813−3
営業時間:9時~19時
定休日:不定休
URL:http://www.moutaux.jp/index.php

SNSの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。