梅鶯堂@京都・嵯峨野「日本唯一の和風ぱん専門店」実食レビュー

今回の「京都パン屋ブログ」は「和風ぱん 梅鶯堂嵯峨野店」さんのパンを食べて来ましたのでレビューしたいと思います。嵐山の奥、嵯峨鳥居本という古風な町並みのメインストリートにあるパン屋さんで、天然酵母で手作りした和風パンを販売されています。お店も和風のつくりで、嵯峨鳥居本らしい内装になっていました。観光地なので、地元の方はあまり行かないと思いますが、嵐山と違って観光客も少ない穴場の観光地にあるパン屋さんです。

では、この「和風ぱん 梅鶯堂嵯峨野店」さんとはどのようなパン屋さんなのでしょうか。

広告

嵯峨野にある「京都 梅鶯堂(うぐいすどう)」で和風パンを食べて来ました


嵐山の奥座敷「嵯峨鳥居本」にあるパン屋「梅鶯堂(うぐいすどう)」

嵐山の奥座敷「嵯峨鳥居本」にあるパン屋「梅鶯堂(うぐいすどう)」

今回の「京都パン屋ブログ」は、嵯峨野にある「日本唯一の和風ぱん専門店」へ行って来ました。

お店の名前は「梅鶯堂」と書いて「うぐいすどう」と読みます。

無添加の国産小麦を使った生地を天然酵母で発酵させたパンのお店で、メイン商品は「酒粕パン」という和風のパン専門店です。

京都の嵯峨鳥居本、嵐山の奥座敷とも言える場所です

京都の嵯峨鳥居本、嵐山の奥座敷とも言える場所です

場所は嵐山の「奥座敷」ともいえる「嵯峨鳥居本」です。

ここには「化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)」やミステリースポット「清滝トンネル」がある、もうひとつの嵐山の観光名所ですが、あまり観光客は来ません。

しかし、嵐山とはまた違った大人の雰囲気のあるお店が多いので、オススメしたい観光地のひとつです。

梅鶯堂(うぐいすどう)パンの種類と値段


梅鶯堂(うぐいすどう)さんのパンは「酒粕ぱん」をメインに食パンなどもあります

梅鶯堂(うぐいすどう)さんのパンは「酒粕ぱん」をメインに食パンなどもあります

さて、こちらの「梅鶯堂(うぐいすどう)」さん、和風の店内には所狭しとパンが並んでいる・・・・はずでしたが、到着が13時頃だったので、だいぶ売れておりました。

とはいえ、まだメイン商品の「酒粕パン」はいくつか残っており、他にも食パンや野菜を使ったロールパンが陳列されていました。

「酒粕ぱん」といってもノンアルコールなので子供でも食べることができます。

梅鶯堂の酒粕ぱんは子供でも食べることができます

梅鶯堂の酒粕ぱんは子供でも食べることができます

また、食材は京都産のものを使うようにしているようで「ほうれん草、よもぎ」といった和風食材のパンもありました。

値段は250円から、高いものだと600円くらいです。

商品の中には「日本一になった!ほうじ茶れーずんぱん」というパンもあります。

・酒粕ぱん(うぐいす豆)250円
・酒粕ぱん(玉露あん)250円
・酒粕ぱん(丹波黒豆)250円
・酒粕ぱん(粒あんぱん)250円
・酒粕ぱん(きな粉あん)250円
・酒粕ぱん(こしあん)250円
・酒粕ぱん(蔵出し味噌)250円
・酒粕ぱん(みるくあん)250円
・酒粕ぱん(桜あん)270円
・酒粕ぱん(紀州梅)270円
・無添加ハードトースト(食パン)360円
・有機ほうれん草ぱたーろーる(4個入)300円
・国産よもぎの小豆ぱん 420円
日本一になった!ほうじ茶れーずんぱん

日本一になった!ほうじ茶れーずんぱん

酒粕ぱんってどんなパン?


こちらが「酒粕ぱん」です

こちらが「酒粕ぱん」です

では「酒粕ぱん」とは、どんなパンなのでしょうか?

いわゆる「あんぱん」ですが、一口食べるだけで酒粕の香りと味わいがほんのりと漂ってくるパンです。

生地というか「餡」から味わいを感じます。

パン生地は国産小麦から手作りされたもので、天然酵母を使っているので優しい味わいになっていました。

今回は「玉露あん」のパンをいただいたのですが、餡の甘味も強めで美味しいパンでしたよ。

梅鶯堂(うぐいすどう)への行き方


嵯峨鳥居本にあるパン屋「梅鶯堂(うぐいすどう)」

嵯峨鳥居本にあるパン屋「梅鶯堂(うぐいすどう)」

では、嵯峨鳥居本にあるパン屋「梅鶯堂(うぐいすどう)」さんへはどのように行くのでしょうか。

場所的には「嵐山」から徒歩で行ける所です。

竹林の小径から「トロッコ嵐山」を通り北へ向かうと、田園風景を眺めながら嵯峨鳥居本まで行ける散策路があります。

道が細くて車では通らないような散策の小道で、ブラブラしながら「化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)」まで行くと、少し手前の左側にお店があります。

京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町14−1
営業時間:10時~17時
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。