渡辺文樹監督 映画『安倍晋三』ポスターが京都市中で大量に発見される

2017年6月頃から京都市内で渡辺文樹監督 映画作品のポスターがゲリラ的に大量に貼られているのが目撃されています。これは檄文で知られる「渡辺文樹」監督の自主製作の映画を告知するポスターで、今は京都市内で重点的に貼られているようです。

では、このポスターの正体とはなんなのでしょうか。

広告

京都市中で大量に発見されているゲリラポスター


京都市中で大量に発見されているゲリラポスター

京都市中で大量に発見されているゲリラポスター

2017年7月5日頃から、京都市内で「安倍晋三」と書かれたポスターが大量に見つかっています。

もう解散総選挙かしら?

と思ったら「渡辺文樹監督作品」と書かれています。

これはまさかの「渡辺文樹 ゲリラポスター」という有名な現象なのです。

安倍晋三ポスターは絶賛系?


一見すると支持派のポスターに見えますが

一見すると支持派のポスターに見えますが

一見すると支持派のポスターに見え、有志が自主映画化したようなポスターにも見えます。

しかし、白い紙に貼り紙がされていたりもします。

その文言とは・・・・

こんなん書かれていました

こんなん書かれていました

白い紙にはなんとなくそれっぽいことが書かれており、支持派の映画に見えます。

ですが、これは全く逆のメッセージなのです。

これを「渡辺文樹の皮肉メッセージ」といいます。

京都では7月5日くらいから目撃されていますが、6月頃からも伏見などで目撃されているようで、同様のポスターは昨年6月~10月にかけても名古屋などで目撃されています。

渡辺文樹監督


金閣寺近く、きぬかけの路にある別のポスター

金閣寺近く、きぬかけの路にある別のポスター

先ほどのポスターは「仁和寺駐車場」の通りに貼られていたものです。(駐車場近辺に2箇所貼られていました)

他にも「きぬかけの路」にも貼られています。

そちらを見るとわかりやすいです。

北野天満宮の北くらいにも

北野天満宮の北くらいにも

渡辺文樹監督は多くの作品をこれまで作っていますが、体制に組しないものばかりです。

上映告知ではなく、スタッフ募集系みたいですが、以前は京都産業会館で上映していたのでいずれやるのでしょう。

なお、映画人というのは、かつて「活動(写真)家」とも呼ばれました。

戦後すぐくらいの大映時代の頃の話ですが。

Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。