テークアウトとテイクアウトの違い

皆さんは「テイクアウト」をしてますか? 私も「テークアウト」をよくしています。新型コロナウイルス対策で店内飲食をやめて、テイクアウト中心の飲食店が多いからです。最近はネットで「テークアウト」の記事が多いですよね。ん?テイクアウトとテークアウトって表記が2つありますね!これはなぜなんでしょうか?

新聞で「テークアウトとテイクアウト」の2つの表記がある件


テークアウト? テイクアウト? どっち?

テークアウト? テイクアウト? どっち?

新型コロナウイルスの影響で、飲食店は「テイクアウト」や「デリバリー」全盛期となっています。

店内飲食は今は控えたいという方が多いため「テイクアウト&デリバリー」を始めるお店が一気に増加したからです。

そのため、グルメブログはテイクアウトの話題ばかり。

テイクアウトできる飲食店を探すアプリが一斉に開発されたり、テイクアウトできるお店をまとめたサイトがわんさか誕生しました。

報道も然り、新聞やニュースにテレビ番組でも「テイクアウトお持ち帰りお取り寄せデリバリー宅配」といったキーワードだらけになりました。

テイクアウト
お持ち帰り
お取り寄せ
デリバリー
宅配

しかし、もうひとつ忘れていませんでしょうか?

そう!

テークアウト

です。

例えば「京都新聞」さん、表記はずっと「テークアウト」です。

テイクアウトだなんて言葉は出てきません。

京都では「テークアウト」が標準なのでしょうか?

京都最強テークアウト弁当「グリルはせがわ」

京都最強テークアウト弁当「グリルはせがわ」

例えば、京都市の北大路にある老舗レストラン「グリルはせがわ」さん。

お店に併設されている(昔からある)お弁当販売所の正式な店名は・・・・

グリルテークアウトはせがわ

です。

テークアウトって昔の言い方なのでしょうか?

テークアウトとテイクアウトの違い


テークアウト・テイクアウト 実はどっちも正しい

テークアウト・テイクアウト 実はどっちも正しい

実は「テークアウトとテイクアウトの違い」はありません。

どちらも使われている言葉で、同じ「TAKE OUT」の日本語表記として採用されている言葉です。

違いがあるとすれば、昔は「テークアウト」という表記が一般的だったのですが、最近は「テイクアウト」と言われるようになったという違いがあります。

例えば、テレビなどではほぼ「テイクアウト」に統一されています。

これは放送用語委員会というのがあって、2015年に「テイクアウト」で表現を統一したからですが、テークアウトという表記もごく稀に見かけます。

新聞の場合は様々です。

例えば、朝日新聞と読売新聞は「テイクアウト」表記です。

毎日新聞と京都新聞は「テークアウト」表記になっていましたが、地方新聞はほぼ「テークアウト」という表記です。

朝日新聞:テイクアウト
読売新聞:テイクアウト
毎日新聞:テークアウト
京都新聞:テークアウト

朝日新聞の場合「朝日新聞の用語の手引」という書籍があります。

これに記載されている「テイクアウト」という表記は2015年の改訂版から登場した表記です。

それ以前の版では「テークアウト」と表記されていました。

他にも似た例として「メーンメイン」になったという例もあり、以下に似た事例を紹介しておきます。

メーン → メイン
メード → メイド
メーク → メイク
ボーリング → ボウリング

テークアウトとテイクアウトはどちらも使われている


テークアウトとテイクアウトはどちらも使われている

テークアウトとテイクアウトはどちらも使われている

テークアウトとテイクアウトの違いは表記の違いだけで、伝えたいことは同じです。

だけど、本ブログや報道関係者や放送関係者のように言葉を使って表現する人たちにとっては・・・・

これどっちで統一するかは大事な話です。

私は印刷会社に長く勤めていましたが、文字稿でも表記の統一は必ず行われていました。

どちらを使うかはポリシーの違いではありますが、同じ文章の中で「テークアウトとテイクアウト」が混在していたら変な文章になってしまうからです。

本ブログは「テークアウト」で表記することになりましたが、今ほとんどのところでは「テイクアウト」で統一されています。


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。