烏羽玉CACAO @亀屋良長がNHK BS『美の壺』で紹介

1803年の創業からずっと210年余作り続けられている京都は亀屋良長さんの銘菓「烏羽玉(うばだま)」に「ダンデライオン・チョコレート」のカカオを混ぜ込んだ「烏羽玉CACAO」が2019年11月15日放送のNHK BSプレミアム『美の壺』で紹介されるそうです。

広告

烏羽玉CACAO @亀屋良長がNHK BS『美の壺』で紹介


亀屋良長の「烏羽玉CACAO」

亀屋良長の「烏羽玉CACAO」

2019年11月15日放送のNHK BSプレミアム『美の壺』で、京都の老舗和菓子店「亀屋 良長」さんで販売されている「烏羽玉 CACAO」が紹介されるそうです。

1803年の創業からずっと210年余作り続けられている銘菓「烏羽玉(うばだま)」をベースに「ダンデライオン・チョコレート」のカカオを混ぜ込んだ和洋折衷な和菓子です。

銘菓「烏羽玉(うばだま)」にチョコレートを練り込んだのが「烏羽玉CACAO」

銘菓「烏羽玉(うばだま)」にチョコレートを練り込んだのが「烏羽玉CACAO」

烏羽玉とは、日本最南端の有人島である波照間島(はてるまじま)の黒糖をつかったこし餡に、寒天とけしの実をかけた団子状のお菓子のことです。

漆黒のツヤが美しいお菓子で「亀屋 良長」さんの代表的な商品です。

こし餡からチョコが香る和菓子です

こし餡からチョコが香る和菓子です

実際に食べてみると、こし餡からチョコが香りなかなかの味わい。

値段は税込み1058円とちょっとしますが見た目もキレイな和菓子です。

こし餡は醒ヶ井(さめがい)の名水で作られている

こし餡は醒ヶ井(さめがい)の名水で作られている

こし餡は醒ヶ井(さめがい)の名水で作られているそうで、醒ヶ井は「亀屋 良長」さんの敷地から湧き出している地下水のことです。

チョコレートのダンデライオンさんはシングルオリジンのカカオ豆を使うチョコレート専門店で、京都には東山の一念坂にお店があります。

京都の和菓子の名店が創業以来作り続けている和菓子とサンフランシスコから日本へ上陸したダンデライオン・チョコレートさんのコラボ商品が「烏羽玉CACAO」なのです。

NHK BSプレミアム『美の壺』で紹介されたら、こちらも人気商品になるかもしれません。

なお「亀屋 良長」さんのの超ヒット商品「スライスようかん」も2019年11月12日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介されますよ。

烏羽玉CACAO を販売しているのは「亀屋良長 本店」


スライスようかん を販売しているのは「亀屋良長 本店」

スライスようかん を販売しているのは「亀屋良長 本店」

この「烏羽玉CACAO」を販売しているのは「亀屋良長 本店」ですが「ダンデライオン」でも販売されているそうです。

亀屋良長 本店は四条烏丸駅からなら歩いて10分ほど、四条通を西へ、堀川通に出る手前の北側にお店があります。

営業時間は「9時~18時」です。

京都府京都市下京区油小路西入柏屋町17-19
営業時間:9時~18時
定休日:なし
公式サイト:https://kameya-yoshinaga.com/


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。