京都祇園あのん あんぽーね「マスカルポーネチーズのもなか」が美味しい!

京都祇園でマスカルポーネチーズの最中(もなか)「あんぽーね」を発売する「京都祇園あのん」さんが2015年6月22日新店オープンしました。新感覚のマスカルポーネチーズクリームと餡子で作る最中です。「京都祇園あのん」の店内でいただけるカフェも併設された古民家風の和カフェになっています。値段は5個で1620円、店内ではドリンクセットが1200円でした。

一番人気の「あんぽーね」が、とても美味しいのでオススメです。

スポンサーリンク

京都祇園あのんがマスカルポーネチーズのもなかを発売


2015年6月22日に新店オープンした「京都祇園あのん」

2015年6月22日に新店オープンした「京都祇園あのん」

京都に「京都祇園あのん」というスイーツの店が2015年6月22日に新店オープンしました。

場所は「祇園四条」で、古民家を店舗&カフェに改装して営業しています。

一番人気が「あんぽーね」という最中(もなか)で、中にはマスカルポーネチーズのクリームとあんこが入った新感覚モナカです。

京都祇園あのん「あんぽーね

京都祇園あのん「あんぽーね

・あんぽーね 5個入り 1620円(お持ち帰り)
・あんぽーね 10個入り 2970円(お持ち帰り)
・あんぽーね 2個+ドリンク 1200円
1日20箱限定「京おはぎ5色」など色々なお菓子が売られています

1日20箱限定「京おはぎ5色」など色々なお菓子が売られています

中でも食べられますし、持って帰ることもできます。他にも1日20箱限定「京おはぎ5色」など色々なお菓子が売られていました。

価格は1450円となっていましたが、値段変更の場合もありますので参考までに。

彩り豊かな「マカロン」もあります。

彩り豊かな「マカロン」もあります。

最近、流行になっている彩り豊かな「マカロン」も販売されていました。

色は5色あって、淡いパステルカラーのマカロンです。

価格は表記されていませんでした。

お持ち帰り用「あんぽーね」がありました

お持ち帰り用「あんぽーね」がありました

お持ち帰り用の「あんぽーね」の中身は5個セットになっています

お持ち帰り用の「あんぽーね」の中身は5個セットになっています

これが今回のお目当ての一番人気の「あんぽーね」です。

お持ち帰り用の「あんぽーね」の中身は5個セットになっており、価格は1620円(税込)です。

店内で食べる場合の値段は「ドリンクセット 1200円」なのでこれを食べてみることにします。

次で紹介をしますので、それをご覧ください。

スポンサーリンク

あんぽーね 紹介


京都祇園あのん 店内の様子

京都祇園あのん 店内の様子

最近、祇園四条の白川の近くにできた「京都祇園あのん(a-n)」さんに「あんぽーね」を食べに行ってきたので紹介します(訪問は、2015年6月22日です)。

店内は右に販売カウンターで、店の奥と二階にカフェがあります。

今回は、カフェでドリンクセット1200円でオーダー。祇園価格なのでお値段少ししますが、この「あんぽーね」それでも食べてみる価値はあると思います。

シュークリームやあんサンドもあります

シュークリームやあんサンドもあります

カウンターには「あんぽーね」以外にもシュークリームやあんサンドがありました

こちらも美味しそうですが「あんぽーね」が来るのを待ちます。

「あんぽーね」は600円で2個、ドリンクセットで1200円

「あんぽーね」は600円で2個、ドリンクセットで1200円

これが、お待ちかねの「あんぽーね」です。

値段はドリンク付けて1200円ですが、単品の2個セットなら600円になります。

白いのはマスカルポーネチーズをホイップクリームにしたふんわりしたクリームになっています。

練乳に近いのですがやわらかい味で、あんこととっても合います。

餡子とマスカルポーネチーズという和洋融合の京都スイーツ

餡子とマスカルポーネチーズという和洋融合の京都スイーツ

あんぽーね」は、餡子とマスカルポーネチーズという和洋融合の京都スイーツです。

最中にはさんで食べるようになっており、両方の味を同時に楽しむことができるという贅沢なスイーツになっていました。

食べ方は絵入りになっていました

食べ方は絵入りになっていました

食べ方は絵入りの解説が付いていました。

京都は外国人観光客が多いので、分かりやすく絵入りで食べ方を書いてあります。

あんぽーね 盛り付けの例

あんぽーね 盛り付けの例

このマスカルポーネチーズのクリームがものすごくおいしくて、想像以上においしくてビックリしました。

餡もマスカルポーネも甘いのですが、和の甘さと洋の甘さは質が違うので、それがちょうど良い具合に混ざり合って新しい味わいになっています。

コーヒーも香りと苦みがよく、ちゃんとおいしく淹れてあるなというのがわかります。

「あんぽーね」はたぶん今後有名になるので、今のうちに食べに行ったほうが良さそうですよ!

美味しかったのでお持ち帰り用「あんぽーね」も買いました

美味しかったのでお持ち帰り用「あんぽーね」も買いました

あまりの美味しさに「お持ち帰り用あんぽーね」を買ってしまいました。

人にオススメしたくなるほどの味なので、普段お世話になっている方にも配ろうと思ったからです。

自分で最中を作るという遊び心がある商品なので、贈答用にも使えます。

あんぽーね(お持ち帰り用)紹介


自分用もお持ち帰りしました

自分用もお持ち帰りしました

お店でも食べましたが、自分用に「お持ち帰り用」も購入してきました。

価格は1620円でしたが、美味しければ値段の問題ではないですよね。

では、開封してみましょう!

お持ち帰り用「あんぽーね」の中身

お持ち帰り用「あんぽーね」の中身

瓶入りのマスカルポーネチーズあんこ最中皮が入っています。

自分で作るようになっているので、作り立ての皮がサクッとした状態で食べることが出来るのが良いですね。

最中皮は10個入っており、2個使って作るので5食分です。

あんぽーね、贈答用にも最適でした

あんぽーね、贈答用にも最適でした

いくつか得意先に配ったところ、非常に評判が良くて、どこにお店があるのかを聞かれました。

反応を見ていると、人気がでそうな予感がします。

次に「京都祇園あのん 京都店舗へのアクセス方法」を書いておきますので、食べに行ってみてください。

京都祇園あのん 京都店舗へのアクセス方法


京都祇園あのん

京都祇園あのん

京都祇園あのん 京都店舗へのアクセス方法です。

お店は祇園白川の近くで、八坂神社へと向かう四条通から北へ入った所にあります。

京阪本線「祇園四条駅」で、7番出入口を出るとすぐに「時間貸しのバイク駐輪場」があるのですが、それを左に見ながら八坂神社(円山公園)方面に歩いて、3つ目の道を左(北)へ入ってください。

その先、一筋目を越えてすぐくらい右手に「京都祇園あのん」さんがあります。

祇園なので専用駐車場などはありませんので、祇園四条駅にあるコインパーキングを使うことになりますが、駅から近いので電車で行くのが一番オススメです。

経営は「株式会社サザエ食品」さん。「十勝おはぎ」や「うす皮たい焼き」がテレビで紹介されるなどしています。また、石原軍団御用達のお店としても知られています。

京都府京都市東山区清本町368−2
営業時間:12時~18時
定休日:火曜日
URL:http://www.a-n.kyoto.jp/
通販:http://a-n-kyoto.shop-pro.jp/

評判(口コミ)

#kyoto #kyotofood #kyototorip #kyototravel #japanfood #japantorip #japantravel
#京都 #京都観光 #京都旅行 #京都グルメ #京都ランチ #関西観光 #関西旅行 #日本観光 #日本旅行
#kyotosweet #sweet
#スイーツ #京都スイーツ #和菓子 #京菓子 #京都和菓子 #京都菓子 #実食レビュー

京都のお墨付き!をフォローする
スイーツ(洋菓子・和菓子)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュースに登録
京都のお墨付き!を Google ニュース フィードに追加してください。
スポンサーリンク