和菓子処 秋山 – 深草/和菓子 実食レビュー

【深草】伏見区でわらび餅が美味しい発見困難店が誕生和菓子処 秋山(和菓子)京都府京都市伏見区(深草)予算:500円~1000円

スポンサーリンク

伏見区でわらび餅が美味しい発見困難店が誕生「和菓子処 秋山」


2023年7月26日オープン 和菓子処 秋山

2023年7月26日オープン 和菓子処 秋山

京都府京都市伏見区に和菓子のお店「和菓子処 秋山」さんが新店オープンしました。

2023年7月26日新店オープン

2023年7月26日新店オープン

オープン日(開業日)は2023年7月26日で、訪問日は2023年8月20日。

場所は近くに京都教育大学付属高校がある深草エリアです。

訪問時はちょうど同じ伏見区の藤森神社の境内で出張販売をされていたのでお店からその足で神社まで買いに行きました。

※2023年7月25日から事前調査でチェックしてきたお店です。

伏見区のわらび餅が美味しい発見困難店

伏見区のわらび餅が美味しい発見困難店

和菓子処 秋山 さんは伏見区でわらび餅が美味しい発見困難店です。

住宅街の中の一般的な住宅に暖簾がかかっていて、前の道も狭いので車などで行くのは少々困難です。

テイクアウト専門店で「飴わらび餅・わらび餅(黒糖入り)・あられ・おかき」などを購入することができます。

値段(予算)はメニューを見る限りでは162円~648円なのでリーズナブルなお店ですね。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

スポンサーリンク

わらび餅を食べてみた


わらび餅を食べてみた

わらび餅を食べてみた

今回はわらび餅を食べてみました。

あられやおかきも各種販売していますが、お店の定番商品は「わらび餅」のようでした。

わらび餅は黒糖入りでほんのり甘く、きな粉も美味しいわらび餅で200g入りを買ったのですが瞬く間に食べてしまいました。

かなり美味しかったので、お近くの方でわらび餅が好きな方がいらっしゃれば一度食べてみていただきたいです。

あんこわらび餅

あんこわらび餅

当日は「あんこわらび餅」も販売していました。

そちらは餡がたくさん入っているわらび餅でほぼ餡なのであんこが好きな方はこちらを選ぶと良いでしょう。

メニュー内容と値段


※メニューの価格と内容は原材料の価格や世界情勢により変更される場合があります。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「飴わらび餅・わらび餅(黒糖入り)・あられ・おかき」など。

値段はメニューを見ると「162円~648円」なので、予算は500円~1000円ほどあれば足りるかと思います。

最寄り駅や行き方(アクセス方法)

和菓子処 秋山 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

場所京都府京都市伏見区の深草で墨染駅から徒歩12分のところ。バス停だと七瀬川町バス停から徒歩8分です。

住所でいえば「〒612-8431 京都府京都市伏見区深草越後屋敷町62−33」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 和菓子処 秋山
オープン日 2023年7月26日オープン
ジャンル 和菓子
食事予算 500円~1000円
営業時間 15時~19時(土日は10時~19時)
定休日 なし
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒612-8431 京都府京都市伏見区深草越後屋敷町62−33
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 墨染駅から徒歩12分(約1.0km・ルート
最寄りバス停 七瀬川町バス停から徒歩8分(約650m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 非対応
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。