バウムクーヘンが美味しくなる「神戸切り」とは?

神戸市民なら知っていて当然のバウムクーヘンの食べ方「神戸切り」が2021年4月14日放送の『水野真紀の魔法のレストラン』で紹介されます。神戸発祥のユーハイムで職人さんがバウムクーヘンを切る時に使っているバウムクーヘンが美味しくなる切り方です。

ユーハイムのバウムクーヘンが『水野真紀の魔法のレストラン』で紹介


神戸市民なら知っていて当然のバウムクーヘンの食べ方「神戸切り」とは?

神戸市民なら知っていて当然のバウムクーヘンの食べ方「神戸切り」とは?

2021年4月14日放送の『水野真紀の魔法のレストラン』で「食の都はどっちだ?(大阪vs兵庫)」が放送されます。

その中で、神戸発祥のバウムクーヘンの店「ユーハイム」のバウムクーヘンが紹介されるのですが、予告で気になることが告知されていました。

それが・・・・

神戸市民なら知っていて当然のバウムクーヘンの切り方「神戸切り」

というネタです。

神戸切り?

そう、バウムクーヘンには「神戸切り」というバウムクーヘンが美味しくなる切り方があり、ユーハイムでは職人さんがバウムクーヘンを「神戸切り」で切ってくれるのだそうです。

でも、その「神戸切り」ってどんな切り方なのでしょうか?

バウムクーヘンが美味しくなる「神戸切り」とは?


バウムクーヘンが美味しくなる切り方「神戸切り」

バウムクーヘンが美味しくなる切り方「神戸切り」

実は、上の写真のような切り方が「神戸切り」と呼ばれるバウムクーヘンの切り方です。

特徴的な切り方ですが、言葉でいえば包丁をスプーンのように使ってバウムクーヘンを扇状に切るというのが「神戸切り」です。

わかりづらいですよね。

一般的なバウムクーヘンの切り方

一般的なバウムクーヘンの切り方

ここで一般的なバウムクーヘンの切り方を見てください。

バウムクーヘンに対して縦に包丁を入れて切ってありますよね。

神戸切りでは縦に入れないで、バウムクーヘンをすくうような感じで切り面を丸く扇状にして切っているのです。

実際にこの「神戸切り」をしているところを「そごう広島店」が動画アップしているので見てください。

バウムクーヘンが美味しくなる「神戸切り」

バウムクーヘンが美味しくなる「神戸切り」

先ほどの動画でわかりましたでしょうか?

上の写真を見るとさらに「神戸切り」の特徴が分かりやすいかと思います。

バウムクーヘンの切った面が丸くなっていますが、これが「神戸切り」です。

バウムクーヘン「神戸切り」おわかりいただけましたでしょうか?

バウムクーヘン「神戸切り」おわかりいただけましたでしょうか?

ユーハイムで行われているバウムクーヘンの「神戸切り」とは、扇状にバウムクーヘンをすくうように切る方法のことでした。

神戸のユーハイム本店へ行くと、この切り方で食べさせてもらえるそうですよ。

水野真紀の魔法のレストラン 2021年4月14日 予告


水野真紀の魔法のレストラン 2021年4月14日 予告は以下の通りです。

▼永遠のライバル“大阪と兵庫”が「粉もん」&「スイーツ」の2部門で激突!
▼独自進化をとげた兵庫“ご当地グルメ”の謎にDJ KOOが迫る!

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。