COCO KYOTO 西院店(京都市右京区)2021年3月5日開業

京都市右京区、西院の西大路通沿いで「COCO KYOTO 西院店」が2021年3月5日新店オープンします。本店が同じ西大路通沿いにある京都のローチョコレート専門店です。砂糖不使用・グルテンフリー・天然無添加のチョコレートを販売しています。

2021年3月5日オープン COCO KYOTO 西院店


2021年3月5日オープン COCO KYOTO 西院店

2021年3月5日オープン COCO KYOTO 西院店

京都市右京区の西院に砂糖不使用・グルテンフリー・天然無添加のチョコレートを販売するローチョコレート専門店「COCO KYOTO 西院店」が新店オープンです。

実は同じ西大路通沿いの南へ1.2kmほど行ったところに本店もあるので近い場所に支店が開業したなという印象です。

工事を確認したのが2021年2月23日のこと、店頭には開業日は2021年3月5日と告知されていました。

COCO KYOTO 西院店(2021年3月5日開業)の告知

COCO KYOTO 西院店(2021年3月5日開業)の告知

チョコレートは「ローチョコレート」と「ビーンツゥバー」の2種類があり、値段は一番安いもので一粒320円程度です。

国際大会で受賞した「ベトナム産カカオのタブレット」などもあり、店内でカフェも楽しめるようになっています。

このお店のメニューは?


ローチョコレートボンボン(税込380円)

ローチョコレートボンボン(税込380円)

ローチョコレートボンボンというのは「ローストしないで低温焙煎もしくは天日干しをしたオーガニックカカオ豆の生チョコレートです。

300種類以上の栄養素を含むスーパーフードと言われており、この「COCO KYOTO」の名物チョコレートです。

ビーントゥバー ショコラ(320円)

ビーントゥバー ショコラ(320円)

ビーントゥーバーショコラはカカオ豆を「ビーントゥーバー製法」で作ったというチョコレート。

ビーントゥーバー製法というのはカカオ豆からチョコレートにするまで一貫して製造することを言います。

要するにイチからお店で作られたチョコレートのお店ということになります。

・ローチョコレートボンボン 380円
・ビーントゥバー ショコラ 320円
・ブリス ボール 210円~250円
・ローチョコレート タブレット 1350円~1450円
・ビーントゥーバー タブレット 1180円~1250円
・フォンダンショコラ 1050円
・COCOのロールケーキ 1732円
・焼き菓子 730円~1800円
・テリーヌ 1280円
・オペラ 1940円
・プレミア ショコラ 2350円
・ガトーカステラ 3970円~5600円
・ダブルチョコレート 580円~1350円

※値段は本店(2019年時点のものです)

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


COCO KYOTO 西院店(店舗外観写真)

COCO KYOTO 西院店(店舗外観写真)

場所は西院駅から南へ国道9号方面に向かうと西側にお店があります。

西院駅からだと徒歩5分ほどです。

住所でいえば「〒615-0022 京都府京都市右京区西院平町2」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。

営業時間は「11時~19時」で、定休日は「火曜日」となっていました。

ただし、イートインは17時30分がラストオーダーになっています。

ジャンル「チョコレート専門店」
食事予算「800円~1500円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」
営業時間「11時~19時」
定休日「火曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒615-0022 京都府京都市右京区西院平町2」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応」
公式https://coco-cacao.jp/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!