和菓子店 青洋 @京都・紫野泉堂町 営業日が月に3日「幻の和菓子店」レビュー

月に3日しか営業しない京都にある「幻の和菓子店」の紹介です。お店の名前は「和菓子店 青洋(せいよう)」さんで、京都市北区の紫野泉堂町にあるお店です。店主は青山洋子さんという方で、京都の有名和菓子店「老松(おいまつ)」さんで修行を10年もされた女性です。

京都にはちょっとした住宅街の中にも和菓子店がある


鷹峯の近く、紫野泉堂町にある和菓子店 青洋

鷹峯の近く、紫野泉堂町にある和菓子店 青洋

京都というのは和菓子の町です。

なぜ、そのように言い切れるのかというと、ちょっとした住宅街の中に普通に和菓子のお店があったりするからです。

それは老舗和菓子店であったり、その暖簾分け店だったりと様々ですが、地元を歩いていると「なぜここに?」という場所に和菓子店があったりします。

そこにお店があるのは需要があるからで、それが「京都というのは和菓子の町」だと言える理由なのです。

今回は、そんな京都の住宅地にある和菓子店「青洋」さんへ行って来ました。

実はこちら、営業日が月に3日という「幻の和菓子店」なんです。

京都・幻の和菓子店「和菓子店 青洋」


京都の「紫野泉堂町」にある和菓子店 青洋

京都の「紫野泉堂町」にある和菓子店 青洋

こちらのお店、観光客は絶対に来ない京都の「紫野泉堂町」にある和菓子屋「和菓子店 青洋」さんです。

千本通をひたすら北へ、佛教大学を通り過ぎて北山通の紫野泉堂町交差点を北に入ったところにあります。

店頭には軽く暖簾がかかっているだけなので、地元の方でも気がついていないお店です。

紫野泉堂町にある和菓子店 青洋

紫野泉堂町にある和菓子店 青洋

あの超有名老舗和菓子店「老松」で10年修行した女性の和菓子職人さんの独立店です

あの超有名老舗和菓子店「老松」で10年修行した女性の和菓子職人さんの独立店です

Gooogleマップで見ても、写真登録数はわずか5枚(記事掲載時)。

口コミ数も11件なのですが、この場所で2012年3月から営業されています。

実は、こちらの「和菓子店 青洋」さんは、あの超有名老舗和菓子店「老松」で10年修行した女性の和菓子職人さんの独立店なのです。

でも、知られていないのは・・・・

前述のように・・・・営業日が月に3日という「幻の和菓子店」だからなんです。

和菓子店 青洋のお菓子とは?


1個で300円~400円の和菓子は季節をイメージできるオリジナのものです

1個で300円~400円の和菓子は季節をイメージできるオリジナのものです

では、こちらの「和菓子店 青洋」さんではどのような和菓子を扱っているのでしょうか。

青洋さんでは「国産小豆砂糖餅粉米粉」を使って、伝統の技法を活かして、伝統を残しつつも現代の生活スタイルに合う和菓子を提案されています。

ちなみに読みは「わがしみせ せいよう」です。

その時の季節や天候をイメージした和菓子を提案

その時の季節や天候をイメージした和菓子を提案

ぽつり(外郎、中には岡山産の白小豆と青しそ)

ぽつり(外郎、中には岡山産の白小豆と青しそ)

蛍さがし(葛の中には岡山産の白小豆を使った白餡、さくらんぼ)

蛍さがし(葛の中には岡山産の白小豆を使った白餡、さくらんぼ)

昔ながらの和菓子のようで、そうでない現代風のアレンジも感じさせる和菓子

昔ながらの和菓子のようで、そうでない現代風のアレンジも感じさせる和菓子

前述のように、昔ながらの和菓子のようで、そうでない現代風のアレンジも感じさせる和菓子が揃っているのが「和菓子店 青洋」さんというお店です。

今回は「ぽつり」と「蛍さがし」を食べたのですが、見た目は昔ながらの京和菓子のようですが、中には和菓子ではあまり見ないものが入っていたりして驚きのあるお店です。

ちなみに、地元の和菓子店ではあるものの、私もここ数年でオープンしているのを見たのは僅か2回ほどです。

ずばり・・・・

発見困難店

なのですが、特徴的な和菓子が美味しいお店でもあるのです。

和菓子店 青洋 営業情報とアクセス方法


和菓子店 青洋、紫野泉堂町の交差点を北へ1分の場所にあります

和菓子店 青洋、紫野泉堂町の交差点を北へ1分の場所にあります

さて、こちらの「和菓子店 青洋」さん、紫野泉堂町の交差点を北へ1分の場所にあるのですが、オープンは月に3日程度なので開業している日に偶然通るのかなり難しいお店です。

公式サイトの「お知らせ」のところに、オープン日が記載されているので、それで確認していくと良いでしょう。

その3日間なのですが、どうやら3日連続になるようで、今月は「2019年6月14日~16日」となっていました。

車で行くのが確実な場所ですが、京都市バスで行く場合は北大路駅から「北1、北8、1系統」でバス停「紫野泉堂町」下車となります。

近くには同じく和菓子店の「おかしAoi」さんもあるので、一度に訪問してみるのも良さそうですね。

京都府京都市北区紫竹西野山町54−1
営業時間:11時~17時
定休日:なし(営業日は月3日)
公式サイト:http://wagasiseiyou.com/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。