幻のプリン「七彩の風プリン」@京都・静原を紹介

今回の「京都スイーツ」は京都の卵で作られている濃厚プリンの紹介です。通称「七彩の風プリン」、正式には「いい卵があったので ぷりん作りました。」という名前で、静原地区の卵「しずたま」で作られたプリンです。値段は241円、道の駅大原で販売されています。

この「七彩の風プリン」は、とても濃厚で食べやすいプリンなのでおすすめです。

スポンサーリンク

京都には幻のプリン「七彩の風プリン」がある


京都の静原の卵で作られている「七彩の風プリン」

京都の静原の卵で作られている「七彩の風プリン」

今回の「京都スイーツ」は、京都の静原で作られているプリンの紹介です。

このプリン、濃厚な卵の味わいがとても深いプリンで美味しいのですが、売っているところが少ないという幻のプリンなのです。

現在、確認できている販売箇所は2箇所のみです。

七彩の風で生産している卵「しずたま」

七彩の風で生産している卵「しずたま」

七彩の風とは静原にある社会福祉法人で「生活介護」や地元食材を使用した「食品加工」を行っている団体です。

静原の山奥にあり、養鶏場も持っていて「しずたま」というブランドの卵を出荷したりもしています。

その卵を使ったプリンが「七彩の風プリン」なのです。

スポンサーリンク

七彩の風プリンとは


静原は、大原へ行く途中にある静かな集落で、農産物を生産しています

静原は、大原へ行く途中にある静かな集落で、農産物を生産しています

静原は大原へ行く途中にある小さくて静かな集落なのですが、そこで生産されているのが「七彩の風プリン」です。

七彩の風プリン、読みは「なないろ」です。

正式な商品名は「いい卵があったので ぷりん作りました。」とちょっと長いので「七彩の風プリン」と呼ぶことにしました。

正式名称は「いい卵があったので ぷりん作りました。」という名前のプリンです

正式名称は「いい卵があったので ぷりん作りました。」という名前のプリンです

・正式名称は「いい卵があったので ぷりん作りました。」
・社会福祉法人「七彩の風(なないろのかぜ)」で製造
・販売は道の駅やカフェなど数店舗のみ
・七彩の風で生産している卵「しずたま」のプリンと思われる

七彩の風プリンの味


七彩の風プリンは高級プリンの味わいだけど、大人向けではなく子供でも食べられる味

七彩の風プリンは高級プリンの味わいだけど、大人向けではなく子供でも食べられる味

この「七彩の風プリン」の味わいなのですが、とても卵の風味がする高級なプリンという印象です。

それでいて、よくある「ほろ苦い」とかではなく、子供から大人まで誰が食べてもちょうど良いシロップのビター感があります。

甘みも適度で「甘さビター感卵の味わい」がバランスよく調和したプリンになっていました。

値段は241円、普通に手の届くプリンでオススメです。

七彩の風プリンが購入できる場所


道の駅 大原「旬菜市場」で購入可能です

道の駅 大原「旬菜市場」で購入可能です

さて、この七彩の風プリンが購入できる場所とはどこなのでしょうか。

本ブログの調べでは、現時点で確認できている販売場所は2箇所で「道の駅 大原」と「エバーコーヒー」です。

大原の道の駅にある「旬菜市場」は大原野菜を販売しているのですが、そこの冷蔵コーナーにあります。

もうひとつは仁和寺に近いカフェ「エバーコーヒー」さんで、火曜日にプリンが納品されています。火曜日以降だと売り切れている場合もあるのでご注意ください。

京都府京都市左京区大原野村町1012
営業時間:9時~17時
定休日:月曜日


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


#kyoto #kyotofood #kyototorip #kyototravel #japanfood #japantorip #japantravel
#京都 #京都観光 #京都旅行 #京都グルメ #京都ランチ #関西観光 #関西旅行 #日本観光 #日本旅行
#kyotosweet #sweet
#スイーツ #京都スイーツ #和菓子 #京菓子 #京都和菓子 #京都菓子 #実食レビュー

京都のお墨付き!をフォローする
スイーツ(洋菓子・和菓子)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュースに登録
京都のお墨付き!を Google ニュース フィードに追加してください。
スポンサーリンク