ななや京都三条店 @京都「静岡抹茶ジェラートが京都へ初進出」実食レビュー

ななや京都三条店(京ななや)」が、2018年2月3日に京都・柳馬場三条で新店オープンしていました。静岡茶の抹茶ジェラートの超有名店が京都に進出してきたことになりますが、「ななや京都三条店」では、お茶は宇治抹茶も扱うなど「多種多様な商品を揃えていく」というコンセプトとのことです。

今回は「世界一濃厚な抹茶ジェラート No.7」を食べてきましたので実食レビューします。

ななや京都三条店 2018年2月3日に京都・柳馬場三条で新店オープン


ななや京都三条店 2018年2月3日に新店オープン

ななや京都三条店 2018年2月3日に新店オープン

京都の御池通から「柳馬場通」を下ったところに新しいスイーツ・ジェラート・日本茶のお店「ななや京都三条店」が新店オープンしていました。

オープン日は「2018年2月3日」で開店したばかりのお店です。

2月5日朝7時から放送の「おはよう朝日です」でも紹介されており、ビジネスホテルなどに宿泊していた方が「朝のテレビで見た」と言って来店されている姿もありました。

ななや」といえば、静岡茶の超有名な抹茶ジェラートを食べることができるお店で、過去何度もテレビで紹介されているのですが、京都では初出店ということになります。

静岡茶の有名店「ななや」が日本茶発祥の地である京都へ初進出


1907年創業「丸七製茶」のショップブランドが「ななや」です

1907年創業「丸七製茶」のショップブランドが「ななや」です

1907年創業「丸七製茶」のショップブランドが「ななや」です。

日本茶では静岡茶の方がシェアは高いのですが、京都は「日本茶発祥の地」でもあり、その京都に「静岡茶が進出」ということになります。

とはいえ、実際には「静岡茶と宇治茶」両方を扱っており、ほんのりと京都に馴染んだ感じのお店になっていました。

お店の方のお話だと「今は静岡茶と宇治茶を使ったジェラートですが、今後は宇治茶に統一していきます」とのことでした。

ななや京都三条店 店内の様子


ななや京都三条店 店内

ななや京都三条店 店内

さて、京都へ初進出となった「ななや京都三条店」の店内の様子です(撮影許可済)。

お店は細長いテナントで、一番手前に「ジェラート」が並んでおり、左側にはお茶や京野菜のスイーツ(ケーキやチョコレート)などが並んでいます。

奥にもジェラート(持ち帰り用)のアイスボックスやお菓子などが並んでおり、所々に簡易椅子があってイートインでも食べられるようになっていました。

季節的には真冬の新店オープンだったのでイートインは有難かったですが、夏なら食べ歩きもできますね。

奥には持ち帰り用のアイスも並んでいます

奥には持ち帰り用のアイスも並んでいます

玉露に抹茶の他にも、ほうじ茶や煎茶といったお手軽なお茶もあります

玉露に抹茶の他にも、ほうじ茶や煎茶といったお手軽なお茶もあります

ジェラートの種類と値段


カップとコーンで選べるようになっています

カップとコーンで選べるようになっています

ジェラートはメイン商品の「抹茶のジェラート」以外にも、季節のジェラートやほうじ茶などもあります。

抹茶のジェラートは濃度によって「No.1~7」までレベル分けがされており、一番濃い「No.7」だけが190円ほど高くなっていました。

2月5日の時点では「トリプル」が割安になっており、2月中は500円で食べることができます。

今回は、せっかくなので「世界一濃厚な抹茶ジェラート No.7」を注文してみることにしました。

テレビなどでも「世界一濃厚な抹茶ジェラート」として紹介されている商品が京都でも食べられるということで期待が高まります。

・カップ(シングル)370円
・カップ(シングル)560円(No.7)
・カップ(ダブル)470円
・カップ(ダブル)650円(No.7)
・コーン(シングル)390円
・コーン(シングル)580円(No.7)
・コーン(ダブル)490円
・コーン(ダブル)680円(No.7)
・カップ(トリプル)500円 ※オープン期間限定価格
・カップ(トリプル)700円(No.7) ※オープン期間限定価格

世界一濃厚な抹茶ジェラート No.7 実食レビュー


世界一濃厚な抹茶ジェラート No.7を食べてみました

世界一濃厚な抹茶ジェラート No.7を食べてみました

ということで、さっそく「世界一濃厚な抹茶ジェラート No.7」を食べてみたいと思います。

お店の方に確認したところ、現状では「静岡茶と宇治茶の混合」とのことですが、宇治茶のみの使用になる予定とのことでした。

濃厚な深緑(抹茶色)が鮮やかで、色自体は「No.1~No.7」でさほど違いはないのですが、「No.7」だけは他より190円高い価格設定で、これは抹茶の種類で味と値段が違います。

「No.6」は一般的な一般的な高級抹茶を使ったもので、「No.7」が濃茶で使われる極上抹茶を使っています。

かなり濃厚な抹茶ジェラートです

かなり濃厚な抹茶ジェラートです

味は甘さは控えめですが、抹茶の香りが存分に味わえるものになっています。

わかりやすく言えば「抹茶そのもの」の味で、苦みなどはなく美味しい抹茶ジェラートになっています。

色も抹茶そのものの深緑がキレイです。

今回はイートインでいただきましたが「お持ち帰り用カップ 370円(No.7は580円)」もあるのでお土産にも良さそうだなと思いました。

おはよう朝日で紹介された「京野菜のパウンドケーキ」


京野菜のパウンドケーキ 1500円

京野菜のパウンドケーキ 1500円

スイーツはジェラート以外にもあって、2月5日放送『おはよう朝日です』で紹介された「京野菜のパウンドケーキ」も販売されていました。

値段は1箱3個入りで1500円(税込み1620円)と少々お高いのですが、京野菜「加茂ナス(賀茂なす)、九条ねぎ丹波黒枝豆京山椒」などを使ったパウンドケーキになっていました。

ななや京都三条店だけのオリジナル商品」ということで、店舗限定のここでしか購入できないスイーツです。

お店は三条も近いので、京都旅行をする観光客向けに京都の素材を使った商品もいくつか開発されているようでした。

ななや京都三条店 への行き方(アクセス方法)


ななや京都三条店(京都市中京区油屋町)

ななや京都三条店(京都市中京区油屋町)

「ななや京都三条店」への行き方(アクセス方法)ですが、御池通を京都市役所の手前「柳馬場通」を南に下った所にお店があります。

河原町三条の商店街から三条通を西へ向かって「柳馬場通」を北に上がってもスグ近くです。

地下鉄だと「烏丸御池駅」で下車して、姉小路通を東へ行くと「柳馬場通」が南北に通っているので、それを南に下ってスグくらいと立地はかなり良いと思います。

営業時間が18時までなので、少し早く閉まります。

そのため、会社帰りに寄るのは厳しいかもしれません。

京都府京都市中京区油屋町92−1
営業時間:10時~18時
定休日:第1火曜日、祝日の翌日
URL:http://nanaya-matcha.com/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。