飛行神社 ジェラルミン鳥居@京都府八幡市「飛行機のエンジン」が鎮座する神社

今回の「京都案内」は京都府八幡市にある飛行機の神社「飛行神社」に行ってきました。ここには「ジュラルミン鳥居」に自衛隊の主力戦闘機だった「F-104J(栄光)」のエンジンや、大阪湾から引き揚げられた「零式艦上戦闘機の機首部」(ゼロ戦)もある見ごたえのある神社です。

ちょっと遠いですが、天気の良い日に八幡市まで行って実際に「飛行神社」に参拝してきましたのでレビューします。

京都「飛行神社」に行ってきました


京都の八幡市にある「飛行神社」

京都の八幡市にある「飛行神社」

今回の「京都案内」は八幡市にある「飛行神社」を見に行ってきました。

実は京都でゼロ戦が見たいというのが理由なのですが、かつて嵐山に展示されていた「ゼロ戦」は今は和歌山にあります。

さすがに、そんな遠くには行けないので、京都でゼロ戦が見られるうちのひとつ「飛行神社」に行ってきたというわけです。

ジュラルミン鳥居のある「飛行神社」


飛行神社です!右にジュラルミン鳥居があります

飛行神社です!右にジュラルミン鳥居があります

ということで、京都市内から八幡市まで結構遠いのですが、石清水八幡宮のすぐ近くにある「飛行神社」までやってきました。

1915年(大正4年)に鎮座された神社で、『日本書紀』に出てくる「饒速日命(にぎはやひのみこと)」を古代の飛行神として祀っている神社です。

シンボルの「ジュラルミン鳥居」がものすごく目立つ神社です。

シンボルの「ジュラルミン鳥居」

シンボルの「ジュラルミン鳥居」

この「飛行神社」は、1891年(明治24年)に、世界初のゴム動力プロペラ式飛行機の飛翔実験に成功したという二宮忠八が建てた神社です。

ということもあって、いきなり「F-104J(栄光、航空自衛隊)のエンジン」が展示されています。

飛行神社には飛行機のエンジンが鎮座している


F-104J(栄光、航空自衛隊)のエンジン

F-104J(栄光、航空自衛隊)のエンジン

F-104J(栄光)は、航空自衛隊の主力戦闘機だったもので、そのエンジンが鳥居より先に神社の入口に鎮座しています。

平たく言えば「ジェットエンジン」です。

5メートルほどの大きさで、いきなり度肝をぬかれます。

長さは5283mmもあります

長さは5283mmもあります

飛行神社の手水舎も飛行機のシルエット


手水舎もいちいちカッコイイ

手水舎もいちいちカッコイイ

さて、神社に入ると「手水舎」があるのですが、それにも二宮忠八が開発したゴム動力プロペラ式飛行機のシルエットが彫られていました。

といっても模型の飛行機で「カラス型飛行器」と呼ばれるものです。

その後、二宮忠八は人が乗れる「玉虫型飛行器」を開発するために尽力するのですが、完成前の1903年(明治36年)にアメリカでライト兄弟が飛行に成功してしまうのです。

この無念の後、二宮忠八は自ら神職となって飛行機による犠牲者の霊を鎮めるための神社を作ることになります。

それが「飛行神社」です。

飛行神社にある零式艦上戦闘機の機首部


展示されている「零式艦上戦闘機の機首部」

展示されている「零式艦上戦闘機の機首部」

この飛行神社の境内は狭いのですが、零式艦上戦闘機の機首部もみられたり、中には資料館もあるなど設備は充実しています。

これは昭和58年に大阪湾で魚の網にひっかかって引き上げられたという「零式艦上戦闘機の機首部」です。

長い間海中にあったもので、プロペラも曲がってはいますが、実物のゼロ戦の機首部です。

実物のゼロ戦の機首部

実物のゼロ戦の機首部

側面から見たゼロ戦の機首部

側面から見たゼロ戦の機首部

なかなか実物を見る機会がないので貴重な体験です。

これは触りづらい位置にありますが、目の前で触れるプロペラもあったりします。

目の前で触れるプロペラ

目の前で触れるプロペラ

二宮忠八 ライト兄弟より先に飛行機を発明した日本人


本殿の隣には「二宮忠八資料館」もあります

本殿の隣には「二宮忠八資料館」もあります

本殿の隣には「二宮忠八資料館」もあって、入館料300円で二宮忠八の残した資料や最近の飛行機のプラモデル(大量)を見ることもできます。

中は撮影禁止なので写真はありませんが、設計図とか絵に大量のプラモデルなどが展示されていました。

飛行機のお守りとかグッズもありました

飛行機のお守りとかグッズもありました

二宮忠八は、ライト兄弟より先に飛行機を発明した日本人とされる日本人です。

旧陸軍時代に、ゴム動力の「飛行器」(模型飛行機)を軍用に使うことを提案したのですが実現せずに終わっています。

結局、人を飛ばす飛行機の開発までには至らずに、ライト兄弟に先を越されてしまった日本人です。

そのため、結構忘れられた人になっているのですが、実際にゴム動力の飛行器もフランスで発明されたのが先であり、飛行機の発明者としての地位の確立は難しいといえます。

飛行神社 への行き方


飛行神社にあるジュラルミン鳥居と零式艦上戦闘機の機首部

飛行神社にあるジュラルミン鳥居と零式艦上戦闘機の機首部

さて、この「飛行神社」ですが、京阪本線「八幡市駅」から徒歩5分くらいのところにある神社です。

「石清水八幡宮」へのケーブルカーがある駅ですが、外にでて大谷川を渡って少し歩くと神社があります。

駐車場もあるので車でも行くことは可能です。

飛行機好きなら一度は行ってみても良い神社でしょう。

京都府八幡市八幡土井44
資料館:9時~16時(300円)
URL:http://hikoujinjya.kyoto.jp/


2019年の元旦正月に行っておきたい京都の神社のまとめです。有名神社から空いている神社一風変わった神社まで「厳選した京都のお薦め神社」のみ紹介しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。