CURRY SHOP LEE(京都・山科椥辻)牛すじとキーマカレー レビュー

京都市山科区、椥辻のイオン近くにあるカレー専門店「CURRY SHOP LEE」実食レニューです。スパイスカレーのお店で牛・豚・鶏肉を使ったカレーでヒリッとした辛さの中に甘味を感じるカレーです。開業日は2021年5月13日でした。

2021年5月13日オープン CURRY SHOP LEE


2021年5月13日オープン CURRY SHOP LEE

2021年5月13日オープン CURRY SHOP LEE

京都市山科区、椥辻(なぎつじ)の交差点を歩いていたところカレー専門店が新店オープンしていました。

お店の名前は「CURRY SHOP LEE」さん、スパイスカレーが2種類ありました。

テイクアウトもあるのでお持ち帰りも可能。容器代別途50円必要ではありますが、容器持参でも大丈夫だそうです。

牛・豚・鶏肉を使ったカレーでヒリッとした辛さの中に甘味を感じる

牛・豚・鶏肉を使ったカレーでヒリッとした辛さの中に甘味を感じる

カレーは「牛・豚・鶏」肉を使ったものがあり、当日は牛すじカレーと豚・鶏のキーマカレーがありました。

どちらもヒリッとした辛さの中に甘味を感じる味わい、牛すじの方は「中辛・甘口」が選べるようになっています。

今回はこの「CURRY SHOP LEE」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


店内はウエスタンスタイルのような雰囲気(CURRY SHOP LEE)

店内はウエスタンスタイルのような雰囲気(CURRY SHOP LEE)

お店を見つけた日は定休日ということもあり入店できませんでしたが、外からお店の中をのぞいてみるとウエスタンスタイルのようなお店づくりになっていました。

気になる雰囲気でしたので、後日もう一度行って食べてみることにしたわけです。

さて、入店すると少し古めかしいカウンターがあり、なんとなくウエスタン風の装いになっていました。

確かに「LEE」という店名は、あのカンザス州サライナで創業した現在はジーンズを作っている会社と同じ名前なのでウエスタン風になるのはそういう流れなのかもしれません。

座席数はカウンター9席ほど、透明シールドなどはありませんが適度に間隔が開いています。

手指消毒液などはパッと見で見あたらなかったのですが、店員さんはマスク着用で作業をしていました。

このお店のメニューは?


CURRY SHOP LEE(京都・山科椥辻)メニュー

CURRY SHOP LEE(京都・山科椥辻)メニュー

このお店のメニューはカレーが2種類あり、ひとつは「牛すじカレー(中辛・甘口)」ですじ肉が入った欧風カレー。

もうひとつは豚肉と鶏肉を使った「ポークチキンキーマ」となっていました。

合いがけもでき、ごはんは大盛無料で、ルゥの大盛は+200円になっています。

テイクアウトメニュー(CURRY SHOP LEE)

テイクアウトメニュー(CURRY SHOP LEE)

テイクアウトにも対応しており、値段はメニューの価格に容器代+50円となっていますが容器持参(タッパーなど)で各メニューは50円引きとなります。

ルゥのみのテイクアウトも可能で、その場合はメニュー価格から150円引きとなっていました。

牛すじカレー(1000円)
ポークチキンキーマ(900円)
合いがけ(1200円)
ライス大盛(無料)
ルゥ大盛(+200円)
お子様カレー(600円)
とんかつトッピング(400円)
たまごトッピング(100円)
チーズトッピング(100円)
フライドガーリックトッピング(50円)

実食レビュー


合いがけ(1200円)

合いがけ(1200円)

今回は「合いがけ(1200円)」を注文。

右が「牛すじカレー」で、左が「ポークチキンキーマ」になっていて、ライス量は並盛りにしてあります。

辛さは牛すじの方が中辛で、一般的な辛さではあるもののほんのり汗かくほどの辛さはありました。

ポークチキンキーマは辛口のようで、中辛よりも少し辛さが強めです。

牛すじカレー(中辛)

牛すじカレー(中辛)

牛すじカレー(中辛)は欧風カレーのような味わい、すじ肉が結構入っていてお肉の感じはシッカリとあります。

辛さのあとに甘さがくるカレーで、にんじんなどの野菜は細かく溶け込んでいて、好みの味わいです。

ポークチキンキーマ(辛口)

ポークチキンキーマ(辛口)

ポークチキンキーマ(辛口)はすこし辛めではあるものの、ほんのりと甘味も感じる味わいです。

挽き肉が適度に入っており、野菜の風味も感じます。

香りがよく、よくあるキーマカレーのように辛さのみではないところが個人的には好みの味わいでした。

分かりやすく言うと親しみを持てる味わいというのが最適な表現かもしれません。食べやすく、誰もが食べやすいスパイスカレーというのが「CURRY SHOP LEE」さんのカレーだと言えそうです。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


CURRY SHOP LEE(店舗外観写真)

CURRY SHOP LEE(店舗外観写真)

では「CURRY SHOP LEE」への行き方や営業情報についてです。

場所は京都市山科区、椥辻駅のすこし北側で外環(そとかん)沿いにお店があります。イオンから徒歩1分、餃子の王将と同じ並びです。

住所でいえば「〒607-8162 京都府京都市山科区椥辻草海道町10」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。すぐ隣りのイオンに有料のものがありました。

営業時間は「11時30分~14時30分、17時~20時(ラストオーダー19時)」で、定休日は「日曜日」となっていました。

ジャンル「スパイスカレー」
食事予算「900円~1600円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は20時で閉店
営業時間「11時30分~14時30分、17時~20時(ラストオーダー19時)」時短要請期間中は20時閉店
定休日「日曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒607-8162 京都府京都市山科区椥辻草海道町10」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
コロナ対策「マスク」
公式https://www.instagram.com/curry_shop_lee/
オープン日「2021年5月13日」
広告


カレー

京都のカレーを紹介するニュースカテゴリーです。京都の知られざるカレー屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。