BISTRO coin(ビストロ コアン、閉店)オマール海老のフレンチラーメン 実食レビュー

京都の河原町に美味い海老ラーメンのお店があります。お店の名前は「BISTRO coin(ビストロ コアン)」で、まだまだ知られていませんが、ランチ限定で1日20食なので知っている人がコッソリと食べに来て完売するというラーメンがあるのです。

そのラーメンとは・・・・「オマール海老のフレンチラーメン」です!

これネット記事で初登場のラーメンで、本ブログが見つけてきたラーメンです。

最新情報:2019年8月7日をもって閉店となります。

実は京都の河原町に美味い海老ラーメンの店がある


ここに京都最強の海老ラーメンがあるらしい・・・

ここに京都最強の海老ラーメンがあるらしい・・・

実は・・・・京都の河原町に美味い海老ラーメンのお店があります。

ほとんど知られておらず、グルメサイトでも紹介されていませんが、知る人ぞ知る隠れた名店です。

お店の名前は・・・・

BISTRO coin(ビストロ コアン)

その名を知ってしまったのも何かの縁です。誰にも教えずにコッソリと食べに行ってみてください。

このお店『今ちゃんの実は・・・』とかでも紹介されておかしくないレベルの海老ラーメンを食べることができるのです。

限定20食「オマール海老のフレンチラーメン (BISTRO coin)」


オマール海老のフレンチラーメン (BISTRO coin)

オマール海老のフレンチラーメン (BISTRO coin)

ということで、BISTRO coin(ビストロ コアン)で食べられる海老ラーメンを実食レビューしたいと思います。

メニュー名からそそられる海老ラーメンとは・・・・

限定20食「オマール海老のフレンチラーメン」です。

スープについて


何が美味しいのか?それはスープです。

何が美味しいのか?それはスープです。

この「オマール海老のフレンチラーメン」ですが、何か美味しいのかというとスープが美味しいのです。

名前のごとく「オマール海老から出汁をとったラーメン」で、海老の香りと旨味が絶妙なのです。

京都でも「海老とんこつらーめん 一義」とか「拉麺 海老将軍」といった海老出汁ラーメンのお店はありますが、どちらも海老が超濃厚で好き嫌いが分かれそうなお店です。

あまりにもウマすぎてよくわからんうちにスープまで飲み干しました

あまりにもウマすぎてよくわからんうちにスープまで飲み干しました

しかし、BISTRO coin(ビストロ コアン)では「絶妙な海老加減」になっているので誰が食べても美味しいと思えるスープなのです。

スープの底には甲殻が少し残っているのでフレンチの出汁「ビスク」のようにミキサーをかけて裏ごししたものになっていますが、よくある流行り物のドロッとしたスープではなく、フレンチの「ブイヤベース(煮込み)」に近い食感のスープです。

実は、あまりにも旨すぎて・・・・

気がついたら飲み干して空のドンブリが目の前にありました。

なので、トッピングとか細かいことはよく覚えておりません。

麺について


麺は太麺の縮れです

麺は太麺の縮れです

スープは海老の香りがする、ほんのり甘みも感じる味噌ラーメンです。

そのため、麺は太麺のちぢれ麺が使われています(製麺所は棣鄂)。

この麺がスープによく合っているのも良かったと思います。

麺よりもスープばかり飲んでしまうほど印象深いスープなので、むしろ主張が薄い棣鄂の麺だからこそ合っていたのだと思います。

オマール海老のフレンチラーメン 値段は?


並盛り800円、大盛り950円です

並盛り800円、大盛り950円です

この「オマール海老のフレンチラーメン」の値段ですが、並盛りは麺量が130gほどで800円となっていました。

大盛りは200gで950円もあるのですが、スープメインで食べたいラーメンなので麺は普通盛りで良いと思います。

オマール海老のフレンチラーメン 並盛 800円(麺量130g)
オマール海老のフレンチラーメン 大盛 950円(麺量200g)

BISTRO coin(ビストロ コアン)営業時間と定休日


BISTRO coin(ビストロ コアン)本来はフレンチの料理店です

BISTRO coin(ビストロ コアン)本来はフレンチの料理店です

さて、一番最初で「誰にも教えずにコッソリと食べに行ってみてください」と書きました。

実はこれ理由があります。

まず「ランチ限定1日20食」という狭き門というのもあるのですが、ランチ営業時間が「11時30分~13時30分」と短い上に完売が速いのです。

わたし、これを食べるために2019年2月~3月まで5回通いましたが、やっと食べることができました。

なので、やっぱりコッソリ食べに行ってください。

でも、本ブログのラーメン記事はラーメンブロガーやマニアの方が数多くご覧なので、コッソリ行くなら速いうちですよ!

京都府京都市下京区西前町377−5(MAP
営業時間:11時30分~13時30分
定休日:不定休
公式サイト:http://www.bistro-coin.com/(2月からサーバーダウン中)

BISTRO coin(ビストロ コアン)アクセス方法

では、この一度は食べたいオマール海老のフレンチラーメンがある「BISTRO coin(ビストロ コアン)」さんへの行き方です。

わかりやすくいえば、大丸京都店の東側「高倉通」を南へまっすぐです。

近くには「らくえん cafe」さんなどもあるところで、観光客よりも地元の方が多いところです。

そのため、まだまだ食べられる余地はあるので明日にでも行ってみると良いと思います。

自転車やバイクは大丸京都店の有料駐輪場に停めていくと楽だと思いますよ。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。