志七そば 吉田屋 閉店 @京都・北白川のラーメン店が2018年4月27日をもって閉店

京都大学農学部すぐ近くにあった完全無化調の濃厚ラーメンを提供していた「志七そば 吉田屋」さんが2018年4月27日をもって閉店されていました。閉店理由は「健康上の理由」で、京大周辺のラーメン店が多いエリアから撤退するお店(ラーメン・中華)も今年で6店舗目です。

新しいラーメン店もできており新旧の入れ替わりはある程度は仕方のないことですが、ラーメン店が閉店していくのは寂しいものです。

志七そば 吉田屋 が2018年4月27日をもって閉店


志七そば 吉田屋 2018年4月27日 閉店

志七そば 吉田屋 2018年4月27日 閉店

京都・北白川と百万遍交差点の中間ほどにある京大生御用達のラーメン店志七そば 吉田屋」さんが2018年4月27日をもって閉店されました。

ラーメン大好きなオーナー(吉田氏)が2007年にオープンさせたラーメン店で、完全無化調のラーメンを作り続けてきたお店です。

閉店は健康上の理由とのことですが、新手のラーメン店も多い京都大学周辺エリアでは、新店の影に隠れてしまっていた感はありました。

貼り紙などもなく静かに閉店となりました

貼り紙などもなく静かに閉店となりました

2018年4月28日午前中に見に行ったところ、特に貼り紙などもなく「閉店」であることは周知されずに「ひっそり」とした閉業になっていました。

スープは「豚骨鶏ガラ」の合わせスープに、旨味成分として「しいたけ昆布カツオ節」などを使った「どろっとした濃厚ラーメン」を提供していました。

この界隈では、同じくラーメン店「てっぺん」さんが2018年2月末で閉店し、中華家庭料理「李白」さんが2018年3月に閉店しています。

近くの「あかつき」さんもちょっと客足が少ない感じもしますし、田中里ノ前の「来々飯店」さんも2017年12月30日に閉業と閉店が続いています。

今回は「健康上の理由」ではありますが、京都の景気は一向によくならず、大都市・大企業への利益集中で地方経済は疲弊しつづけています。ここ20年以内に開業したお店などが先に潰れていく傾向があり、古いお店が多い京大周辺エリアでは特に閉店が目立つようです。

志七そば 吉田屋 への行き方


志七そば 吉田屋 閉業直後の様子

志七そば 吉田屋 閉業直後の様子

志七そば 吉田屋 さんがあったのは、京都大学農学部のすぐ近くで、吉田山の北側です。

この通り(今出川通)は飲食店が多く、京大周辺は特にラーメン店が集中しているエリアでもあります。

ラーメン店が減っていくのは寂しいものですが、新しいラーメン店もできており新旧の入れ替わりはある程度は仕方のないことです。

しかし、新店のみがクローズアップされるのでは不平等で、本ブログでは積極的に既存店も紹介して京都の活性化に微力ながら協力していけたらと思います。

広告


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。