茶寮 六ケ畔 @京都・京北「真夏の非進化系 ブルーベリーかき氷」実食レビュー

今回の「京都スイーツ」はブルーベリー専門店が作るシンプルなかき氷です。氷とブルーベリーのみで作られるものですが、余計なトッピングがないので「ブルーベリーの味だけで勝負」という、よほどブルーベリーに自信がなければできないかき氷です。メニューも「ブルーベリーかき氷 500円」が一品のみです。

お店は京都・京北にある「茶寮 六ケ畔」さんと言います。

京都「茶寮 六ケ畔」の真夏の非進化系かき氷を食べに行く


猛暑の京都でカラダを冷やすなら「かき氷」が一番です

猛暑の京都でカラダを冷やすなら「かき氷」が一番です

猛暑の続く京都、さすがに「氷菓子」や「かき氷」が恋しくなるほどの暑さです。

かき氷は体内から冷やしてくれるので、食べた後はヒンヤリして心地よい気分になれるスイーツだからです。

最近は「進化系かき氷」が流行っており、まるでスイーツのような商品が多々紹介されています。

しかし、かき氷は「ベースの美味しさで決まるスイーツ」なので、インスタ映を狙う以外では、あえて装飾する必要は特にはありません。

ということで、今回紹介するのは・・・・

進化系かき氷

です。

茶寮 六ケ畔「ブルーベリーかき氷」実食レビュー


真夏の短期間だけ営業する「茶寮 六ケ畔」さん

真夏の短期間だけ営業する「茶寮 六ケ畔」さん

今回は、自らの農園で育てたブルーベリーだけで作るかき氷を真夏の短期間だけ販売する「茶寮 六ケ畔」さんへ行って来ました。

最近、京北で名前を聞く「京北グリーン株式会社」様の飲食事業です。

その「京北グリーン株式会社」様が夏の期間にだけ営業しているのが「ブルーベリーかき氷専門店 茶寮 六ケ畔」さんです。

メニューは1種類・・・・

ブルーベリーかき氷」のみ!

中には甘いブルーベリーがたくさん入っています(茶寮 六ケ畔)

中には甘いブルーベリーがたくさん入っています(茶寮 六ケ畔)

値段は500円で、氷とブルーベリーのジャムだけの「非進化系かき氷」です。

余計なトッピング一切なしで、ド直球「ブルーベリーで勝負」というのは、さすが「ブルーベリー専門店」だけあります。

ブルーベリーはかなり甘く、酸っぱさはほぼありません。

かき氷の中にはブルーベリーの実がいくつもゴロゴロ入っており、果実を味わうタイプのかき氷で、ものすごく美味しいかき氷でした。

猛暑激しい京都、山間部といえども「気温35℃」、氷の冷たさとブルーベリーの甘さに癒やされるお店でした。

茶寮 六ケ畔 アクセス方法


古民家とお庭があるお店です(茶寮 六ケ畔)

古民家とお庭があるお店です(茶寮 六ケ畔)

では、この「茶寮 六ケ畔」さんは京北のどこにあるのでしょうか。

ということで「茶寮 六ケ畔」さんへのアクセス方法ですが、京都市内からだと国道162号を「ウッディ京北」まで行き、交差点を右折し国道477号を常照皇寺方面に向かうと左側にあります。

京北「茶寮 六ケ畔」2018年の営業期間は「2018年7月20日~9月2日」

京北「茶寮 六ケ畔」2018年の営業期間は「2018年7月20日~9月2日」

注意点は、2018年の営業期間は「2018年7月20日~9月2日」ということです。

営業時間は「11時~16時まで」となっており、駐車場は3台分ほどあります。

雰囲気の良いお店ですが、自家用車で行くのが前提なので混雑などはありませんでした。

京都府京都市右京区京北比賀江町口烏谷15
営業時間:11時~16時(2018年の営業期間は2018年7月20日~9月2日)
定休日:営業期間以外


スイーツ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のアイスクリーム&かき氷新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。