京都は山椒文化!関西食材「さんしょ」を使った京都グルメ

今回の「京都案内」は、京都の「山椒文化」についてです。京都独特のグルメ文化といえば「山椒を使う料理」が多いという点なのですが、実はこれはまだあまり知られているとは言えません。そこで、京都で食べることができる山椒を使った食べ物やスイーツなどを紹介したいと思います。

紹介するのは、山椒がかかっている「鳥岩樓の親子丼」や、山椒のスイーツ「山椒もち」など京都の山椒グルメです。

京都は山椒文化


京都では山椒で食べるグルメが目立ちます

京都では山椒で食べるグルメが目立ちます

京都では、ひとつの特徴的な食材をよく見かけます。

その食材とは・・・・

山椒(さんしょ、さんしょう)

です。

山椒(左)と七味(右)は京都では卓上調味料でよく見かけます

山椒(左)と七味(右)は京都では卓上調味料でよく見かけます

関東でも「鰻重」には使いますが、京都では「親子丼カツ丼衣笠丼うどん天ぷら」などには必ずといっていいほど山椒がかかっています。

京都旅行に来て「親子丼を食べたら山椒がかかっていた」と不思議がる観光客の方もいらっしゃるくらい珍しいのが「京都の山椒文化」なのです。

関西食材「山椒」を使った京都グルメ


親子丼にかかった山椒(西陣・鳥岩樓)

親子丼にかかった山椒(西陣・鳥岩樓)

京都以外の地域ではあまり見ないのが「山椒文化」で、京都では食事をしていると「山椒」が普通にかかっている食べ物があったりします。

有名なのは「ちりめん山椒」なんかですが、京都では山椒自体がデフォルトで親子丼やラーメンにかかっていたりするほど「山椒愛」が強い地域なのです。

・親子丼(かつ丼、衣笠丼)
・山椒もち(さんしょ餅)
・鞍馬山らーめん
・ちりめん山椒

特に「親子丼」ではほぼ使われていると考えていただいて問題ありません。

東京では「親子丼に山椒をかける」ということは、まずなかったので当初は珍しく思ったものです。

鳥岩樓の親子丼(山椒がかかっている)


鳥岩樓の親子丼(山椒がかかっています)

鳥岩樓の親子丼(山椒がかかっています)

京都で一番よく見る「山椒グルメ」といえば「親子丼」です。

写真は京都・西陣にある超人気店「鳥岩樓(とりいわろう)」さんの名物・親子丼(900円)です。

平日でも12時オープンから外国人観光客が行列をつくるお店ですが、味は普通においしいかなという感じです。

京都では他のお店でも親子丼は見かけるのですが、ほぼ山椒がかかっていると思って間違いありません。

京都府京都市上京区五辻町75
営業時間:12時~14時(親子丼は昼のみ)
定休日:木曜

俵屋吉富の山椒もち(さんしょ餅)


爽やかな味わい「俵屋吉富の山椒もち(さんしょ餅)」

爽やかな味わい「俵屋吉富の山椒もち(さんしょ餅)」

こちらは珍しい「さんしょ餅 756円」という京都スイーツです。

京都・上立売「俵屋吉富」さんの名物で山椒を使ったお餅です。

ほんのりと山椒の香りがする爽やかな味わいの和菓子で、夏向けのお茶請けにピッタリだと思いました。

私はこれが大好きなのですが、まだそんなに知られていない京都スイーツでもあります。

京都府京都市上京区室町頭町
営業時間:8時~17時
定休日:日曜
URL:http://www.kyogashi.co.jp/

鞍馬山らーめん(山椒を使ったラーメン)


ラーメンマニアも知らない「鞍馬山らーめん」

ラーメンマニアも知らない「鞍馬山らーめん」

実は京都には「山椒をつかったラーメン」というのがあります。

これは京都のラーメンマニアでもあまり知らない「鞍馬山らーめん 650円」という京都ラーメンです。

特徴は「山椒がかかっている」ことで、ピリ辛なラーメンになっています。

これは京都の鞍馬でしか食べることができないラーメンなんです。

京都府京都市左京区鞍馬本町
営業時間:9:30~17時
定休日:不定休


鞍馬山ラーメンを食べてきました。鞍馬山(鞍馬寺)の岸本柳蔵老舗さんという食事処兼おみやげ屋さんにある個性的なラーメンで「鞍馬山らーめん」という名前で提供されているのです。実はこれ、とある個性的な味のするラーメンなのです!


京都の山椒 まとめ


ちりめん山椒など、京都では山椒グルメが豊富です

ちりめん山椒など、京都では山椒グルメが豊富です

この「山椒」ですが、最近ではフランスのパリなどで新しい食材としてフランス料理でも使われ始めています。

山椒は関西の食材と言われ、産地は「和歌山」などが有名です。

京都では「大原」などで生産されており、京都市内のスーパーでも普通に「山椒の実」や「山椒の葉(木の芽)」が売られています。

京都では普通にスーパーでも売られています(写真は、山椒の葉=木の芽)

京都では普通にスーパーでも売られています(写真は、山椒の葉=木の芽)

このスーパーで売っているというのは、かなり関西らしい風景だと言えます。(東京ではあまり見ないです)

旬は梅雨前からで、今の時期なら東京でも一部売っているかなと思います。


京都にある外国人がワザワザ購入するというご当地土産のひとつ「スピングルムーヴ」さんの革スニーカーが2019年11月23日放送『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』で紹介されるそうです。京都の八坂通りにオンリーワンショップがあり、そこで購入可能です。また、楽天通販でも購入可能です。



今回の「京都案内」は、西陣にある名物「親子丼」、鳥岩樓(とりいわろう)さんのランチ「親子丼」を食べに行って来ました。普段から行列のできるお店で、京都旅行の雑誌などでも紹介される老舗の料理店です。ランチ時のみ「親子丼」が900円で提供されています。


京都謎の山椒愛がよく分かる記事一覧


外国人がワザワザ買いに来る京都の七味唐辛子が2018年6月16日放送『スゴ~イデスネ!!視察団』で紹介してもらえるそうです。七味唐辛子は全国にありますが、京都の七味は歴史があり、素材や調合にこだわったお店がたくさんあります。京都の町中には自分の好みを伝えれば調合してくれる七味屋さんも多くあるのです。



今回の「京都スイーツ」は、京都の生キャラメルを紹介したいと思います。もうすぐホワイトデーなので、お返しにキャラメルを考えている紳士の皆さんも多いことかと思います。そこで、京都のオススメなキャラメルじゃこ山椒 生キャラメル」を紹介します。



今回の「京都案内」は、ニッチな飲み物「山椒酒」についてです。山椒酒はホワイトリカーに山椒を漬け込んだ薬用酒のことですが、京都には「山椒酒」が飲めるお店が2店舗ほどあります。山椒酒をご存じない方も多いと思いますが、唇がヒリヒリするほど辛いお酒です。



京都の道の駅などで売られている「イタドリの山椒煮」を買いに京都・広河原まで行ってきました。イタドリの山椒煮は、野山に自生する山菜「イタドリ」を塩漬けにしたものを山椒の実で煮たものです。



今回の「京都案内」は、京都の方だったら身近な「粉山椒」の話です。京都って山椒文化で、山椒を使った食べ物が結構あります。「親子丼」には必ず粉山椒かかっています。今回は2017年の初物「粉山椒」を入手したので、マイ山椒を持っていろいろと食べてみました。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。