2022年12月6日オープン おむすび Cafe れりまの(京都市北区・上賀茂 おにぎり)

高級米「美山米(美山)・ひかみ米(丹波)」を使ったおむすび専門店おむすび Cafe れりまの(おにぎり)京都府京都市北区(上賀茂)予算:500円~1000円|営業時間:8時~16時|定休日:不定休(臨時休業する場合があり、日曜は休みが多いです)

美山の高級米おむすび専門店「おむすび Cafe れりまの」


2022年12月6日オープン おむすび Cafe れりまの

2022年12月6日オープン おむすび Cafe れりまの

京都府京都市北区におにぎりのお店「おむすび Cafe れりまの」さんが新店オープンしました。

オープン日(開業日)は2022年12月6日で、訪問日は2023年1月22日。

場所は近くに京都産業大学がある上賀茂エリアで、通りがかりにお店を見つけて立ち寄りました。

高級米「ひかみ米」を使ったおむすび専門店

高級米「ひかみ米」を使ったおむすび専門店

おむすび Cafe れりまの さんは高級米「美山米(美山)・ひかみ米(丹波)」を使ったおむすび専門店

テイクアウト専門店で「おむすび・味噌汁・コーヒー・バナナジュース」などをお持ち帰りすることができます。

定番・創作おむすぎを日替わりで提供

定番・創作おむすぎを日替わりで提供

値段(予算)はおむすびメニューを見る限りでは130円~300円なのでリーズナブルなお店です。

定番・創作おむすぎから日替わりで提供されていて、美山の食材で作る郷土料理などを具材にするなどしているので普段見かけない珍しいおむすびが売られていました。

おむすび Cafe れりまの(京都市北区)

おむすび Cafe れりまの(京都市北区)

場所二軒茶屋駅から徒歩4分のところで、バス停だと洛北病院前バス停から徒歩1分。

営業時間は「8時~16時」で、定休日は「不定休(日曜休みが多いです)」となっていました。

※記事公開翌日(2023年1月23日~25日)は休業予定です。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

お米が美味しい「おむすび専門店」


お米が美味しい「おむすび専門店」

お米が美味しい「おむすび専門店」

れりまのさんはお米が美味しい「おむすび専門店」です。

ドリンクなどもあるのでカフェとなっていますが、テイクアウト専門で販売しています。

高級米で食べるおむすびが美味い!

高級米で食べるおむすびが美味い!

お米は美山産コシヒカリ「美山米」と丹波産ひかみ米コシヒカリ「ひかみ米」を使っていて、弾力があるモッチモチと噛み応えがあるおむすびなのが特徴的。

おむすび大好きなので食べたところ、とても美味しいスッキリとした青空のような味わいのお米で食べるおむすびになっていました。

※写真は「あさり」のおむすび。

へしこだけど食べやすかったです

へしこだけど食べやすかったです

具材は一般的なものもありますが、訪問当日は美山の「へしこ・鯖・ふきのとう」を使った具材があり、郷土料理で食べるおむすびという他ではあまりない珍しいおむすび屋さんです。

写真は「へしこ」で、京都北部で食べられている珍味でクセがあることで知られているのですが、こちらの「へしこ」はクセがそんなにないのでとても食べやすくて美味しかったです。

お米がほんとに美味しいのでお近くの方は一度食べてみてください!

店主さんイチ推しのバナナジュース

店主さんイチ推しのバナナジュース

おむすび以外にもお店のお薦めが「美山牛乳でつくるバナナジュース」だそうです。

特選バナナを丸ごと1本使ったバナナジュースでとのことでしたよ。

メニュー内容と値段


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「おむすび・味噌汁・コーヒー・バナナジュース」など。

値段はメニューを見ると「130円~300円」なので、予算は500円~1000円ほどあれば足りるかと思います。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【定番おむすび(日替わり)】メニュー
れりまの米 白米 130円
ゴマ塩 150円
おかか 180円
昆布 180円
ツナマヨ 180円
九州ゴマ高菜漬け 180円
梅たくあん 180円
梅(自家製美山の古木) 180円
鳥そぼろ 180円
焼おむすび 180円
オムライス 200円
ピリ辛ウインナー 200円
ちりめん山椒 200円
えび豆 230円
わかめ茎わかめ 230円
高菜の明太子和え 230円
紀州金山寺味噌 230円
たまご昆布チーズ 250円
柴漬けゆかり 250円
美山野ふき佃煮(美山) 250円
えびマヨ 250円
きんぴらベーコン 250円
あさり 250円
唐揚げ 250円
キャベツとベーコンニンニク 250円
鮭(紅鮭) 280円
明太子 280円
たらこ 280円
鯖(さば) 280円
銀鮭ニンニク醤油 280円
牛肉しぐれ煮 280円
うろり煮(琵琶湖の逸品) 300円
豚の角煮(自家製) 300円
へしこ(名田庄) 300円
【創作むすび(日替わり)】メニュー
豆ごはん 200円
さつまいもご飯 200円
栗ご飯 200円
たけのこご飯 200円
黒豆ちらし 250円
金時豆ちらし 250円
だし巻ききんぴらサンド 300円
プルコギサンド 300円
炭焼サンド 350円
【その他】メニュー
具だくさん日替わり味噌汁 300円
美山濃厚ミルクプリン 250円
美山牛乳・バナナジュース 500円
マチュピチュコーヒー(オーガニック) 400円
有機栽培アイスコーヒー 380円
アイスティー・アールグレイ 350円
紫蘇スカッシュ 350円
生姜チャイ 500円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

最寄り駅や行き方(アクセス方法)


場所は洛北病院すぐ近く

場所は洛北病院すぐ近く

おむすび Cafe れりまの さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「8時~16時」です。

定休日は「不定休(臨時休業する場合があり、日曜は休みが多いです)」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市北区の上賀茂で二軒茶屋駅から徒歩4分のところです。

住所でいえば「〒603-8002 京都府京都市北区上賀茂神山389 ライブコート神山」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。
※記事掲載時点で「食べログ」未掲載店です。
※この記事が(ブログでの)ネット最速レビュー記事になります。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 おむすび Cafe れりまの
オープン日 2022年12月6日オープン
ジャンル おにぎり・おむすび
食事予算 500円~1000円
営業時間 8時~16時(変更になる場合があります)
定休日 不定休(臨時休業する場合があり、日曜は休みが多いです)
駐車場・駐輪場 なし(店頭に駐輪可)
住所 〒603-8002 京都府京都市北区上賀茂神山389 ライブコート神山
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 二軒茶屋駅から徒歩4分(約270m・ルート
最寄りバス停 洛北病院前バス停から徒歩1分(約73m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 非対応
コロナ対策 手指消毒・マスク
公式SNS Instagram
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。
飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。