2022年10月1日オープン 84 QUÂN ENMACHI-KYOTO(京都市中京区 ベトナム食材)

太子道で開業したベトナム食材専門店84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店(ベトナム食材)京都府京都市中京区(円町・太子道)営業時間:9時~21時|定休日:無休

太子道のベトナム食材専門店「84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店」


2022年10月1日オープン 84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店

2022年10月1日オープン 84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店

京都府京都市中京区にベトナム食材のお店「84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店」さんが新店オープンしました。

オープン日(開業日)は2022年10月1日で、訪問日は2022年10月22日。

場所は近くに円町駅がある太子道エリアです。

つい数か月前に鮮魚店が開業したテナントだったのですが、通りがかったところベトナム食材店になっていて超ビックリしました。

太子道で開業したベトナム食材専門店

太子道で開業したベトナム食材専門店

84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店 さんは太子道で開業したベトナム食材専門店

アジア食糧雑貨店と店名にありますが基本的には「ベトナム食材専門店」です。

京都には中華食材専門店は数多くありますが、ベトナム食材専門店は現時点で西院伏見区久御山町とこの太子道のお店くらいしか私は知りません。

実は私はベトナムという国の国民性が好きで若いころにベトナムを旅したことがあります。その時はベトナムが成長期へと入りかけていた頃で、その数年前にはストリートチルドレンがいた国が活気に満ちた雰囲気になりかけていました。

その時にベトナムコーヒーやベトナム料理の美味しさに触れて、今でもベトナム食材店でコーヒーやお菓子を買うようになったのです。

84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店(京都市中京区)

84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店(京都市中京区)

訪問したところ壁際食品棚が並び、中央に冷凍庫があるという外国食材店によくあるスタイルのお店でした。

円町駅から徒歩6分のところで、バス停だと太子道バス停から徒歩1分。

営業時間は「9時~21時」で、定休日は「無休」となっていました。

よく買うベトナムコーヒーをリピート買い

よく買うベトナムコーヒーをリピート買い

今回はよく買うベトナムコーヒーをリピート買い。

お湯を注ぐだけで簡単にベトナムの味が楽しめる「G7」という商品です。

これめちゃ美味しいのですが、日本では馴染みがないのであまり知られていません。

独特なコクのコーヒーに練乳たっぷり

独特なコクのコーヒーに練乳たっぷり

ベトナムコーヒーとてもコクがあるコーヒーに練乳をたっぷり加えて飲むのが特徴ですが、この商品のようにインスタントコーヒーにミルクと砂糖がワンパックになったものがベトナムでも人気があります。

今回は「G7」を購入しましたが、もうひとつの人気商品「Mac Coffee Café Pho」も置いてありました。

値段は21個入りで700円で販売していましたが、歴史的な円安傾向なので200円ほど値上げされていました。

ちなみに、1パックだと普通のコーヒーカップ(小さめ)分の量のお湯で飲むとちょうど良い感じになります。

ココナッツキャンディー「BENTRE」

ココナッツキャンディー「BENTRE」

この「BENTRE」というのは会社の名前です。

カタカナで書くと「ベンチェ」と読みますが、ベトナムの州名「Bến Tre」をそのまま会社名にしています。

ホーチミンの南側に広がる肥沃なデルタ地帯ですが、ベトナム有数のココナッツの生産地です。

正確には「パンダン」と「ココナッツ」味

正確には「パンダン」と「ココナッツ」味

ココナッツなのに緑色なのは「パンダン」というヤシの木に似た植物が使われているからです。

主にお菓子の色付けに使う食材です。

1個ずつ包装されていて、包装を解くと中でさらにプラカップの中にキャンディーが入っています。

すごく食べるのが面倒くさいのですが、さらにオブラートに包まれているので作るのも面倒くさそうです(笑)

オブラートの香りが最初にして、噛んでみるとココナッツの香りと甘さが感じられました。

こちらはお値段が1箱で550円でした。

お菓子も結構な種類が揃っていましたので、ベトナムのお菓子が気になる方はぜひ行ってみてください!

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

アクセス(場所)

 
84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「9時~21時」です。

定休日は「無休」となっていました。

場所京都府京都市中京区の円町で円町駅から徒歩6分のところです。

住所でいえば「〒604-8483 京都府京都市中京区西ノ京南上合町82−37」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※記事掲載時点で「食べログ」未掲載店です。
※この記事が(ブログでの)ネット最速レビュー記事になります。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 84 QUÂN ENMACHI-KYOTO アジア食料雑貨店
オープン日 2022年10月1日オープン
ジャンル ベトナム食材
営業時間 9時~21時
定休日 無休
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒604-8483 京都府京都市中京区西ノ京南上合町82−37
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 円町駅から徒歩6分(約450m・ルート
最寄りバス停 太子道バス停から徒歩1分(約30m・ルートバス停情報
コロナ対策 手指消毒・マスク
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。