2020年2月1日オープン 焼きそば専門天

2020年2月1日新店オープンした「焼きそば専門天」さんへ行って来ました。名前の通り「焼きそば専門店」で、店が「天」になったのが屋号になっています。ソース味と塩味の2種類の焼きそばがあり、お値段は750円からとなっていました。

2020年2月1日オープン 焼きそば専門天


2020年2月1日オープン 焼きそば専門天

2020年2月1日オープン 焼きそば専門天

京都の本能寺のすぐ近く、寺町通から裏通りを歩いていると「焼きそば専門店」が新店オープンしていました。

オープン日は2020年2月1日、お店の名前は「焼きそば専門天」さんとなっていました。

実はこちら、元々は「海老とんこつらーめん 一義」さんがあった場所です。

オーナーさんは同じ方で業態変更したとのことでした。

焼きそば専門店の「焼きそば専門天」

焼きそば専門店の「焼きそば専門天」

焼きそば専門店で、店名は「焼きそば専門天」と小粋な洒落になっています。

京都焼きそば というジャンルらしい

京都焼きそば というジャンルらしい

表には「京都焼きそば」と書かれており、京都の焼きそばであることがアピールされていました。

さらに「やみつきになる京都下町の味」とも書かれており、自らハードル高くしている感もあります。

ちなみに、東京では「下町」とはよく言いますが、丘陵や高台の少ない京都で「下町」とはあまり言わないですね。

焼きそばは「ソース、塩」の2種類

焼きそばは「ソース、塩」の2種類

焼きそばは「ソース、塩」の2種類で、トッピングによって値段が変動しますが、豚肉の焼きそばでどちらも750円です。

トッピングは「豚肉、いか、牛すじ、牛ホルモン」です

トッピングは「豚肉、いか、牛すじ、牛ホルモン」です

トッピングの種類「豚肉いか牛すじ牛ホルモン」で値段が変わります。

具材の中身を見るかぎりでは、京都というよりも大阪とか京都駅の南側という雰囲気です。

では、今回も「塩焼きそば」を食べてみたいと思います。

焼きそば専門天 塩焼きそば 実食レビュー


塩焼きそば 豚肉(750円)

塩焼きそば 豚肉(750円)

麺は細麺と太麺が選べるので、今回は細麺をチョイスです。

上の写真が「塩焼きそば 豚肉(750円)」、キャベツにネギ、もやしと紅生姜というシンプルな焼きそばです。

ちゃんと焼いてあります!

ちゃんと焼いてあります!

この前、烏丸御池でオープンした焼きそば専門店は全くといっていいほど焼いてない焼きそばだったので、ここも同じだったらどうしようかとヒヤヒヤものでしたが・・・・

ちゃんと焼いてありました。

ほんのり出汁、塩で味が調節してあります

ほんのり出汁、塩で味が調節してあります

塩焼きそばなので、もちろん塩味の焼きそばです。

出汁でほんのり味わいで、薄口の焼きそばという感じで普通に美味しいかと思います。

もうちょっと味があっても良いかなと思いますが、ソース焼きそばだったら問題はないかもしれませんね。

焼きそば専門天 はどこにある?


焼きそば専門天 は本能寺の南(姉小路通)にあります

焼きそば専門天 は本能寺の南(姉小路通)にあります

では「焼きそば専門天」はどこにあるお店なのでしょうか?

場所は本能寺の南(姉小路通)にあります。

河原町通からなら、河原町三条から一筋北側の通りで、セブンイレブンの角を西へ入ってスグのところです。

営業時間と定休日は記載がないので、以前と同じものを書いておきます。

京都府京都市中京区下本能寺前町
営業時間:11:30~22時(14:30~17時まで中休みの場合あり)
定休日:月曜


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。