120gバインミー京都(聖護院エリア)実食レビュー

京都市左京区の聖護院で2021年2月11日に新店オープンしたベトナム風バインミー専門店「120gバインミー京都」実食レビューです。まず食べた感想からいえば「激ウマ」でとてもよく考えられた日本人向けのバインミーと言えるでしょう。

2021年2月11日オープン 120gバインミー京都


2021年2月11日オープン 120gバインミー京都

2021年2月11日オープン 120gバインミー京都

京都市左京区、聖護院の疎水流れる冷泉通りで「120gバインミー京都」が2021年2月11日に新店オープンしました。

めぼしい飲食店が少ない通りですが、京都市内では数少ないベトナムサンドイッチの「バインミー」専門店です。

バインミーといっても「120gバインミー京都」のバインミーはオリジナリティのあるもの。

京都大原産のオーガニック野菜を使い、また発酵食品で旨味を増すなどの創意工夫を感じられる「ベトナム風サンドイッチ(バインミー)」と言うほうが適切でしょう。

ベトナム風サンドイッチ(バインミー)

ベトナム風サンドイッチ(バインミー)

パンは表面がカリッとしたフィセルで、生地は柔らかく香ばしい風味がするもの。

具材には軽い味わいの「すぐき」が使われており、他にも「菜の花・にんじん・ポークハム・コリアンダー」と多彩な味わいが楽しめるバインミーになっています。

正直言って「かなり美味しいバインミー」であることは間違いなく、相当な試行錯誤を経て作られているというのが感じられる逸品です。

このお店のメニューは?


メニュー(120gバインミー京都)

メニュー(120gバインミー京都)

バインミーは11時の開店から品切れまで販売。

種類は3種類あって、単品価格は税込800円~850円となっていました。

スープとのセットもあり、そちらは税込1100円~1150円です。

定番は「クラシックバインミー(800円)」で有機野菜と手作りハムがサンドされたもので「レバーパテ」で味付けされていました。

他にもヘルシーな有機野菜のみのバインミー、乳酸発酵させた「すぐき」のバインミーがあります。

実食レビュー


クラシックバインミー(800円)

クラシックバインミー(800円)

今回食べたのは定番のクラシックです。

前述しましたが、とても考えられ洗練されたバインミーであり、野菜のシャキシャキ感とパテの旨味が口の中から鼻腔へと抜けていく様はまさに清涼感すら感じます。

厳密にいえば「バインミー風」というのが適切で、京都食材を使ったオリジナルの「京都バインミー」と言うべきでしょう。

ポークハムとレバーパテの風味が良い

ポークハムとレバーパテの風味が良い

食べていて「ポークハムとレバーパテの風味が良い」なと感じましたが、もっといえば「パンも適度にサクッとしつつ弾力と香ばしさ」を兼ね備えたものを使っていました。

ポークハムの香り、そしてパンの香ばしさのバランスがとてもよくできています。

とてもレベルが高いバインミーで、これはリピートありだなと思いました。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


東大路の川端署から交差点を西(川端通)へ向かって鴨川手前です

東大路の川端署から交差点を西(川端通)へ向かって鴨川手前です

場所は東大路の川端署から交差点を西(川端通)へ向かって鴨川手前です。

北側が疎水になっているところで散歩をしている方も多いところです。

住所でいえば「〒606-8394 京都府京都市左京区聖護院東寺領町6−2」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、隣がコインパーキング(30分200円)です。

営業時間は「11時~売り切れ」まで、定休日は「不定休」となっていました。

テイクアウトもイートインも可能で、注文から出来上がるまで10分ほど時間がかかるようでした。

ジャンル「ベトナム風バインミー専門店」
食事予算「800円~1150円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「不明」
営業時間「11時~売り切れ」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒606-8394 京都府京都市左京区聖護院東寺領町6−2」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応」
電子決済「あり(Paypay)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://www.instagram.com/120g_banhmi_kyoto/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。