嵐山テラスカフェ 閉店@京都「嵐山を一望できる超穴場カフェ」レビュー

嵐山のド真ん中に嵐山を360度一望できる絶景カフェがあるのをご存知でしょうか。ここほぼ知られていない超穴場カフェなのですが、これまでは一部の方しか利用できなかったカフェで、最近になって一般公開されたのです。

そのカフェとは360度パノラマ・スカイビューの「嵐山テラスカフェ」です。

最新情報:ホテル閉館でこの屋上は現在開放されていません。

嵐山を一望できる超穴場カフェ「嵐山テラスカフェ」へ行って来た


その階段は絶景のスカイテラスへと通じていた(嵐山テラスカフェ)

その階段は絶景のスカイテラスへと通じていた(嵐山テラスカフェ)

今回の「京都カフェブログ」は、京都の嵐山を一望できちゃうという絶景かつ超穴場のカフェを紹介します。

最近、一般公開されたばかりのカフェで、これまでは一部の方にしか利用できなかったカフェです。

セキュリティの関係上、入口で氏名と連絡先を提出しなければ入れないカフェではあるのですが・・・・

そこは「嵐山を一望できる超穴場カフェ」だったのです。

ファーストキャビン京都嵐山のスカイテラスで楽しむカフェ


嵐山と嵯峨野が一望できる屋上のカフェ(嵐山テラスカフェ)

嵐山と嵯峨野が一望できる屋上のカフェ(嵐山テラスカフェ)

嵐山を一望できる超穴場カフェ「嵐山テラスカフェ」さんですが、実は嵐電「嵐山駅」の上にあるホテル「ファーストキャビン京都嵐山」さんの宿泊客専用スカイテラスなのです。

それが、一般公開されるようになってカフェ利用ができるのです。

屋上にはソファーやカウンター、彩り豊かな植木などもあって、観光客で混雑した嵐山のメインストリート真横にあるとは思えない静かで景色の良いカフェになっているのです。

そして、もうひとつ特筆すべき点は・・・・

空いていること

です。

広い屋上テラスをひとりじめっ!(嵐山テラスカフェ)

広い屋上テラスをひとりじめっ!(嵐山テラスカフェ)

基本的には宿泊者が利用するスペースだったので、嵐山のカフェとしてはほぼ知られていないことから、今ならこの広いテラスを独り占めしてカフェすることができるのです。

南には「渡月橋」、西には「嵐山天龍寺」、北は「嵯峨野高雄の山並み」、東は「嵐電嵐山駅」を一望できます。

夜もライトアップされ、嵐山駅の灯籠が真下に見えるので、ものすごくキレイなのだそうです(宿泊者談)。

しかし、ここ空いている絶景カフェだけではないのです・・・・

濃厚わたあめスイーツを天空で楽しめる


濃厚わたあめスイーツがあります!(嵐山テラスカフェ)

濃厚わたあめスイーツがあります!(嵐山テラスカフェ)

この「嵐山テラスカフェ」さんですが、めっちゃカワイイ「濃厚わたあめスイーツ」を天空で楽しむことができるのです。

こちらのメニューは「さくらミルク京綿菓子とフロマージュブラン(700円)」です。

嵯峨嵐山の京綿菓子専門店「zarame -gourmet cotton candy-」さんとのコラボ商品で、濃厚な味わいが特徴的な綿菓子になっていました。

綿菓子の下にスイーツが隠れています(嵐山テラスカフェ)

綿菓子の下にスイーツが隠れています(嵐山テラスカフェ)

濃厚な味わいの綿菓子だけでも美味しいのですが、その下にはチーズ「フロマージュブラン」が桜のソースと一緒に隠れています。

それにジャムをかけていただくという絶品スイーツです。

もうひとつ「抹茶金時京綿菓子とカスタードプディング(700円)」というメニューもあって、そちらはプリンと抹茶ソースの綿菓子スイーツだそうです(宿泊者談)。

綿あめは京綿菓子専門店「zarame -gourmet cotton candy-」とのコラボです

綿あめは京綿菓子専門店「zarame -gourmet cotton candy-」とのコラボです

嵐山テラスカフェ メニューと値段


「さくらミルク京綿菓子とフロマージュブラン」はコーヒー付きで900円

「さくらミルク京綿菓子とフロマージュブラン」はコーヒー付きで900円

今回食べたメニュー「さくらミルク京綿菓子とフロマージュブラン」の値段はコーヒー付きで900円です。

コーヒーは300円なのですが、セットのドリンクが100円引きになるのでお得になっていました。

また、宿泊者は10%引きのサービスがあります。

さくらミルク京綿菓子とフロマージュブラン 700円
抹茶金時京綿菓子とカスタードプディング 700円
抹茶トースト 600円
竹炭ときなこトースト 600円
日替わりミニマフィン2個 350円
中村藤吉 中村茶 500円
一保堂 極上ほうじ茶 400円
コーヒー 300円
ホットラテ 400円

嵐山テラスカフェ 営業時間と定休日


嵐山テラスカフェは「12時~17時」まで利用可能です

嵐山テラスカフェは「12時~17時」まで利用可能です

ということで、ここぜひ行ってみたいですよね!

なので、営業時間と定休日も調べてきました。

嵐山テラスカフェの営業時間は「12時~17時」までです。

定休日は無いそうですが「雨の日、雪の日、湿気が多い日」は臨時休業になります。

理由は綿菓子が湿気に弱いからと、テラス席だから雨や雪では利用できないからです。

なお、この嵐山テラスカフェがある「ファーストキャビン京都嵐山(2018年3月開業)」さんは嵐山ではとても安くて予約も取りやすいホテルなので、混雑時の嵐山観光にはおすすめの宿泊施設なんですよ。

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20−2(MAP
営業時間:12時~17時
定休日:不定休(雨の日、雪の日、湿気が多い日)

嵐山テラスカフェ 行き方


嵐山テラスカフェは嵐山のど真ん中にありますが分かりづらいです

嵐山テラスカフェは嵐山のど真ん中にありますが分かりづらいです

さて、この嵐山テラスカフェは嵐山のど真ん中にあります。

嵐電「嵐山駅」真上という立地、つまり嵐山のド中心にあるのです。

周囲に高い建物がないので、嵐山を一望できるというわけですが、行き方が分かりづらいです。

嵐山駅の右側に「ファーストキャビン京都嵐山」エレベーターがあります

嵐山駅の右側に「ファーストキャビン京都嵐山」エレベーターがあります

嵐電「嵐山駅」の右側に「ファーストキャビン京都嵐山」エレベーターがあるので、それに乗って3階まで行ってください。

3階にホテルのフロントがあるので、そこでカフェ利用を告げると「入館申請書」を書いてから注文という流れになっています。

注文はフロントで行い、フロント左にある階段で屋上へと上がれば・・・・

そこが絶景のスカイテラスです!

ぜひ、楽しんでくださいね。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。