Senbon Lab. @京都・千本今出川「3つのドリンクが楽しめるカフェ」2018年9月21日新店オープン

今回は京都・千本今出川2018年9月21日に新店オープンしたカフェ「Senbon Lab.」さんの紹介です。千本西陣商店街を盛り上げたいと、若い女性が経営者となって立ち上げたカフェです。コーヒー、日本茶、ハーブティーが飲めるようになっています。

地元の商品を紹介するアンテナショップ的な役割も合わせ持ったカフェです。

最新情報:こちらの店舗は長く休業していましたが、2020年8月10日に「cafe ioa – イオア」として再オープンしています。

京都・千本今出川にカフェ「Senbon Lab.」が新店オープン


Senbon Lab. 2018年9月21日に千本今出川でオープン(掲載許可済)Senbon Lab. 2018年9月21日に千本今出川でオープン(掲載許可済)

Senbon Lab. 2018年9月21日に千本今出川でオープン(掲載許可済)

今回の「京都カフェブログ」は、2018年9月21日に千本今出川で新店オープンしたばかりのカフェの紹介です。

お店の名前は「Senbon Lab.

1年ほど前からちょっと寂しくなっていた「千本西陣商店街」を明るく元気にしたいという若い女性店主が立ち上げたカフェです。

ここ数ヶ月で「千本西陣商店街」はまた少し活気が出ているように思えますが、こういったお店が徐々にでも増えていけば、もっと賑やかになるはずです。

カフェ「Senbon Lab.」ってどんなお店?


カフェ「Senbon Lab.」お花が飾られてソファ席もある落ち着いたカフェです

カフェ「Senbon Lab.」お花が飾られてソファ席もある落ち着いたカフェです

カフェ「Senbon Lab.」さんですが、とても明るい感じ(白基調)でお花で飾られた店内は若い女性向きのカフェになっています。

ソファ席(二名席)が5卓、カウンターが4席あり、作りとしてはコミュニティスペース的な感じもあります。

店内には若い作家さんの工芸品なども展示されるそうで、そういったアートの情報発信基地にもなっていくようでした。

ソファ席、手作り感があって良い感じです

ソファ席、手作り感があって良い感じです

今回はこちらの席で、ハーブティをいただくことにしました。

Senbon Lab.」さんでは「コーヒー日本茶ハーブティー」を飲むことができるようになっており、日本茶は宇治茶の産地「宇治田原」、ハーブティは西陣の「たま茶」さんのものを使っています。

どんな感じのドリンクなのかは、次で詳しく紹介します。

カフェ「Senbon Lab.」メニューと値段


コーヒー、日本茶、ハーブティーは香りで選ぶことができます

コーヒー、日本茶、ハーブティーは香りで選ぶことができます

さて、カフェ「Senbon Lab.」さんのメニューと値段です。

最初にカウンターで注文して、席で待つスタイル。会計は後払いになっていました。

注文時には「コーヒー、日本茶、ハーブティー」のサンプルで香りなどを確認できるようになっており、この中から気に入ったドリンクを選ぶようになっています。

コーヒーは数軒隣の「UP's coffee」さんの焙煎豆、日本茶は宇治田原産です

コーヒーは数軒隣の「UP’s coffee」さんの焙煎豆、日本茶は宇治田原産です

コーヒーは同じ並びにある数軒隣の「UP’s coffee」さんの焙煎豆です。

同じ商店街の豆専門店を使うことで、商店街を盛り上げて行こうという意図が読み取れます。

日本茶宇治田原産で、ご存知の通り「宇治茶の名産地」のものを使っていますが、お茶の葉は有名な「みなとや幽霊子育飴本舗(東山区)」さんで扱われているものです。コーヒーなどのお砂糖も「子育て飴」を使っており、地域密着型の姿勢を感じます。

ハーブティーは同じ西陣の「たま茶」さんの香り豊かなものを使用

ハーブティーは同じ西陣の「たま茶」さんの香り豊かなものを使用

ハーブティーは、同じ西陣にある「たま茶」さんというマニアックなハーブティの専門店のものを使用しています。

たま茶さんがSenbon Lab.さんで使うためにブレンドしたオリジナルティーが4種類ありました。

ドリンクはいずれも「本日の和菓子SET(1050円)」にすることができ、どのドリンクでセットにしても同じ値段です(LAB POTION SODA 以外から選べます)。

ハーブティー「LAB POTION」レビュー


ハーブティー「LAB POTION」は、パッションフルーツのような香り

ハーブティー「LAB POTION」は、パッションフルーツのような香り

今回飲んだのは・・・・

珍しくハーブティーです!

サンプルで香りを見て、その中から一番自分に合いそうだった「LAB POTION」を飲んで見ることにしました。

お値段は750円。

ちょっとしたお茶菓子も付いてきて、とても鮮やかな朱色のティーからは、離れていても香りが強く漂ってくるほどです。

甘酸っぱい香りと味が特徴のハーブティーです

甘酸っぱい香りと味が特徴のハーブティーです

飲んでみたところ、甘酸っぱい香りと味が特徴で、ローズヒップとかオレンジピールとかがブレンドされていそうでした。

ハーブティーについては、ほとんど知らないのですが、飲んでみると美味しいティーで満足できる味わいです。

地域のお店の商品が、アンテナショップ的なお店で飲めたりすると、その本店に行ってみたくなったりしますが、ハーブティーを飲んでみて「たま茶さんに一度入ってみようかな」と思うようになりました。

何度もお店も前は通るのですが、今まではなんとなく怖くて入れなかったお店なんです(笑)

ということで「Senbon Lab.」の狙いは的中ですね!

Senbon Lab. への行き方


Senbon Lab. への行き方は、千本今出川下るです

Senbon Lab. への行き方は、千本今出川下るです

さて「Senbon Lab.」さんへの行き方なのですが、平たくいうと「千本今出川下ル」です。

などと書いてもたどり着ける方は少ないので、分かりやすく言うと・・・・

北野天満宮から徒歩10分くらいにある「千本西陣商店街」にあるカフェで、今出川通を千本通で南へ150メートルくらいの場所にあります。

バス停で言えば「千本今出川バス停」が最寄りになります。

数ヶ月前から工事をしていて気になっていたテナントでしたが、2018年9月21日に新店オープンとなりましたので、お近くの方はぜひ行ってみてください。

ご留意事項:2018年10月1日~18日まで休み、10月19日の本オープンが本オープンとなります。

京都府京都市上京区泰童片原町一条上る泰童片原町663-10
営業時間:11時30分~18時
定休日:月曜日
Twitter:https://twitter.com/senbonlab


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。