パン工房 えむえむ @京都・京北「小麦と米粉で作った秘境パン」実食レビュー

今回の「京都パン屋ブログ」は「お米つかいのパン 菓子工房 えむえむ」さんのパンを実食レビューします。道の駅「ウッディ京北」で販売されている京北のパンで、京北産の米粉を使っているため「もちもちシットリ」したパンになっています。

値段も良心的で、私は「パン工房えむえむ」さんのパンを食事がわりによく食べています。

小麦と米粉で作った京都の秘境パン


山間の住宅地にある京都のパン屋さん、ここはいったいどこ?

山間の住宅地にある京都のパン屋さん、ここはいったいどこ?

今回の「京都パン屋ブログ」は、京都の某所にある秘境パンの紹介です。

上の写真は、山間部の住宅地なのですが、そこに小屋が建っていて、中はパンを作るための道具が並んでいます。

実は、ここ「パン工房」なんです。

お店の名前は「お米つかいのパン 菓子工房 えむえむ」さんといって、こちらで作られたパンが近くの道の駅で売られています。

お米を使った個性あふれるパン(パン工房えむえむ)

お米を使った個性あふれるパン(パン工房えむえむ)

お店の屋号が長いので「パン工房えむえむ」と省略します。

こちらのパン屋さんでは「国産小麦地元の米粉」を使ったパンを作っていて、材料は「きび砂糖有機食材」などにもこだわったパンとなっています。

そのため「もちもち」とした食感の体に優しいパンになっているのが特徴です。

では、このパンはどこで買うことができるのでしょうか。

パン工房えむえむ は道の駅ウッディ京北で購入可能


ウッディ京北に並ぶ「パン工房えむえむ」さんのパン

ウッディ京北に並ぶ「パン工房えむえむ」さんのパン

さて、場所は変わって「ウッディ京北」へとやってきました。

ほんと、かなり頻繁にやってきていますが、正直「ウッディ京北」大好きです。

さて、こちらでは、先程の「パン工房えむえむ」さんのパンを扱っていて、米粉を使っていながら普通のパン屋さんと同じくらいの値段です。

これって結構珍しいと思いませんか?

実は米粉って高価なんです

実は米粉って高価なんです

実は、パン用米粉はコスト高になる要因だからなんです。

米粉は、粉にする粉砕工程が小麦よりコストがかかるためヴィーガンの専門店などで使われてはいるものの、値段は小麦パンの10倍くらいになる場合もあるんです。

ただ、この京北には粉を作る専門工場があって、京北での製粉はそこで一手に引き受けていたりします。また、京北では米も多く生産しています。これは推測なのですが、都市部のパン屋さんに比べて「米粉」は入手しやすいはずです。

ということもあって、米粉を使っているのに普通のパンと同じくらいの値段なんだろうなと推測しています。

ごぱんくん 食ぱん 300円

ごぱんくん 食ぱん 300円

りんごのクロワッサン 170円

りんごのクロワッサン 170円

行くたびにいろいろなパンを試しているのですが、シットリとしたパンが多いと思います。

使っている有機果実も過度に甘くしたり自然な甘さなので、テレビ見ながらとか、仕事しながらとか、なにかしながら食べるとパクパクと全部食べてしまっていたりするパンです。

以下、季節で変わると思いますが、買いやすい値段なのに素材にはこだわっているので、京北に行ったら一度買ってみてください。

ごぱんくん 食ぱん 300円
ごぱんくん ナガチーズ 290円
ごぱんくん おぐらあん 290円
ごぱんくん ベーコン 200円
ごぱんくん コーンマヨネーズ 200円
ベリーちゃん 170円
有機ブルーベリー 170円
りんごのクロワッサン 170円
レモンあん 130円
シナモンアップル 130円

ウッディ京北への行き方(アクセス方法)


「パン工房えむえむ」さんのパンが売られている京都市右京区「ウッディ京北」

「パン工房えむえむ」さんのパンが売られている京都市右京区「ウッディ京北」

さて「ウッディ京北」への行き方です。

前に紹介した「節恵庵」さんのパンも売られていたり、産直の野菜が他より安く品質が良いものを買うことができるので、よく行く道の駅です。

京都市内からだと、国道162号(周山街道)をひらすら北上すれば京北まで行くことができます。

JR京都駅(烏丸口)から西日本JRバス「高雄・京北線 周山方面行」でも行くことができますが、時間はかなり必要です。

今の時期なら天気も良いし、ドライブしたり川遊びしたりできるので、自家用車で行くのがオススメです。

京都府京都市右京区京北周山町上寺田1−1
営業時間:9時~18時
定休日:年末年始


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。